万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

この映画を見終わったあとに、笑顔で揃う6人の姿のポスターをみると鳥肌が…

家族って何だ?
この映画に登場する家族の面々は、ここに至るまでにそれぞれが暗い過去を背負わされている。柴田家はそんな社会の多数派からはじき出された彼らとって、安らぎの場であったように見えた。
それは血縁とかではなくて、彼らにしかわからない境遇を共有することでの縁。

そんな繋がりで暮らす中でも治は父であろうとし信代は母であろうとした。
子供達に何かしてやりたい、という気持ちは同じだということは自分にもわかる。
そのやり方が普通ではなかっただけ。

祥太の倫理観の成長と妹を守ろうとする行動も涙もの。
人間臭い映画
色々と考えさせられた
先行上映で。 いつもの是枝作品だなぁという感想しか出ませんでした。 メインは勿論、豪華な端役陣も含め役者陣の演技は良かったです。
この世には汚れてても、綺麗なものってある
是枝監督らしさが満載の映画。
安定のキャストと、子役の子の演技がすばらしい!
松岡茉優が完全に単なるエロ担当だった。
ありさ

ありさの感想・評価

4.0
家族って、愛情って、絆って。
色々と考えさせられる。
takafumi

takafumiの感想・評価

4.4
すぐにでももう一回見たい
もぐ

もぐの感想・評価

3.3
家族について
最後が是枝さんの狙いかと思うがなんとも私は不完全燃焼
話もそうだが、本当に絵になるカットが多かった。いわゆる[映え]るような場所でもキャストでも、音楽でもなく映像と演出と演技の力を観せてもらった。とても美しかった。
そして細野晴臣の音楽めっちゃよかった。
>|