万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

嵐子

嵐子の感想・評価

3.9
サクラさん、最高!
これぞ日本の女優だねって感じ。
血がつながってれば家族というわけではないし、正しければ正義という話でもないというのを映画で表現したような。傑作でした。
umi

umiの感想・評価

4.2
是枝監督は「家族の形」を問いかける作品をよく作るけれど、本作も「家族とは何か」を問われている感覚を抱いた。血の繋がりだけが家族の形の全てなのだろうか。そもそも本当の家族の形とは何なんだろうか。
安藤サクラが取り調べを受けるシーンは衝撃だった。あんなに心に突き刺さるワンカットはなかなかないだろう
kunico

kunicoの感想・評価

3.8
家族は、選べる。

血の繋がり以上に結ぶことのできる絆の強さを、安藤サクラがその演技力をもってして観るものに訴えかける。

希林さんがすてき。
Arbuthnot

Arbuthnotの感想・評価

4.8
是枝監督の映画は無条件で好きなレベル。細かい所作にリアルさが滲み出ていていつも感動する。
カンヌ最高賞を取ってるくらいだから良かったポイントを挙げたらキリがないんだけど、安藤サクラの終盤の泣きの演技がとにかく圧巻。ここに一番やられた。すごい女優さんだなぁ。
劇中でリリーフランキーがやたらと裸なのには理由があると思う。あれは現代人というよりもむしろ太古の人間だろう。
狭い洞窟で肩を寄せ合ってささやかにしたたかに生きていく、我々の最もプリミティブな部分が描かれている。協力して生き延びるという我々の習性、恐らく人間の持つ最も美しい習性のひとつと、近代社会が要請する「正しさ」が食い違う時に起こる悲劇。仲間と炎を囲んで語り、死んだ者を埋葬して葬い、共に狩をする。数万年の昔から行われていた営みが、全て反社会的な物である悲劇!
是枝作品において、父子は並走する存在であるらしい。しかし福山雅治と違い、リリーフランキーはフレーム外へと力なく追いやられる…
内容理解に苦しんだところもあるので、もう一度見たい作品です。
安藤さくらさんは今のまんぷくと全然違って、本当にやさぐれ界の女王という貫禄です。
もっともっと!って思っちゃったのですが、それだけ豪華なメンツが出てたっていう。すごい映画。
面白く観たのだけれど、誰も彼もが優しすぎて違和感があり、どうしてもどこか納得がいかない。貧困を抜け出そうという意欲が薄い家庭の、他人同士だから余計にかばい合う、緩くて甘い優しさ。それでも未来がある子供達への希望を少し、残酷さを少しで落とし込んでいるのが、さすがとも思う。でもでも、是枝監督の映画では、いままでで2番目に苦手かも。(1番はこれの前ry)
oror

ororの感想・評価

3.7
テーマが何層にも複雑に絡み合ってる感じがして、何が善で何が悪かということを、常に問われている感じ。
死者ですら美化しない生々しさがあった。
>|