万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.0
世知辛い日本の世から、ようもまぁ~様々なモンをパクり生きとるわ。
ちょいと怖さを感じるけど、不思議な絆で繋がる家族。
訳あり家族って、こんなん、自分が子供の頃、その辺にいたなぁなんて思った。
京都にある地域に昔あったフラミンゴアパートにならこないな家族は、映画を地で行く人たちばっかやった。
七条、八条、九条にもこないな家族はホント沢山いたかな。
奪う事しか人生に関われへ人々。
樹木希林が鬼気迫る滅茶苦茶ええ演技で映画自体を繋ぎ止め、ストーリーに入り込ませられた。
母になりたい肝っ玉母ちゃん的女性に安藤サクラ。
ナイス
クソでも憎めない男(こないなオッサンは七条、八条、九条に沢山いたなぁ)にリリーフランキー
ナイス
それに、自我の芽生えに悩む男の子に、可愛いさかりの女の子。
ナイス
それぞれの心の奥にある不確かなものの変化もよく描写されてた。
不完全な家族やけど、
映画の出来は、自分的には高いとおもう。
不完全な家族ながら、互いの絆に愛を知り、そして、学ぶ。
ホンでもって、それぞれが何か答えを得て、何かを掴んむ。
不完全な家族は、それぞれ、何を掴んだんかなぁ。
愛とは。家族とは。
血の繋がりじゃなくて
心の繋がり

お金だけじゃないし
綺麗事だけじゃない
pochio

pochioの感想・評価

-
2018.11.9
繋がりってなんだろ。家族ってなんだろ。
繋がりあってもなくても あの瞬間あの子は救われたんだろうな。
リリーフランキーの演技が素晴らしい。

「子供が出来たからって自動的に親になるわけじゃない」というセリフが印象的だった。

世間の常識やルールから逸脱した家族は寄せ集めの偽物の家族かもしれないが、上のセリフと呼応するように、それとは意識せず自動的に家族になっている。

是枝監督の一貫したテーマと考えの強さを垣間見ることができた。
ひなた

ひなたの感想・評価

3.8
家族ってなんだ。
私は、素敵な家族の元に生まれたから、家族がとても好き。家族は家族だし、家族は家族以外他ならない。
けれど、そんな家族じゃない家族もいる。
その人たちにとって家族はいやーなしがらみでしかないのだろう。
そんな人にとってのこんな場所って、大事なんじゃない?素敵なんじゃない?そう思った。
花火のシーンが最高
花火を写さずにそれを表現している
狭い縁側から覗いてるのも良い
機内で鑑賞。実際の家族とより集めの家族、どっちが本当の絆か。
崩壊までが結構時間がかかった感じ。後半のとってつけ感、リアルがない感じ。
タイトルは家族自体も万引きしてきたという意味だったんだな。
m

mの感想・評価

2.8
得意な感じじゃなかった。でも考えさせられた。
主演の子がどんどん大きくなっている。その成長も盛り込んで作品となる。
血がつながってれば家族というわけではないし、正しければ正義という話でもないというのを映画で表現したような。傑作でした。
>|