万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.0
世知辛い日本の世から、ようもまぁ~様々なモンをパクり生きとるわ。
ちょいと怖さを感じるけど、不思議な絆で繋がる家族。
訳あり家族って、こんなん、自分が子供の頃、その辺にいたなぁなんて思った。
京都にある地域に昔あったフラミンゴアパートにならこないな家族は、映画を地で行く人たちばっかやった。
七条、八条、九条にもこないな家族はホント沢山いたかな。
奪う事しか人生に関われへ人々。
樹木希林が鬼気迫る滅茶苦茶ええ演技で映画自体を繋ぎ止め、ストーリーに入り込ませられた。
母になりたい肝っ玉母ちゃん的女性に安藤サクラ。
ナイス
クソでも憎めない男(こないなオッサンは七条、八条、九条に沢山いたなぁ)にリリーフランキー
ナイス
それに、自我の芽生えに悩む男の子に、可愛いさかりの女の子。
ナイス
それぞれの心の奥にある不確かなものの変化もよく描写されてた。
不完全な家族やけど、
映画の出来は、自分的には高いとおもう。
不完全な家族ながら、互いの絆に愛を知り、そして、学ぶ。
ホンでもって、それぞれが何か答えを得て、何かを掴んむ。
不完全な家族は、それぞれ、何を掴んだんかなぁ。
見終わったあと、早く家族の顔を見たくなり、駅から家まで駆け足で帰りました。せつなさ、優しさ、ダメさ、可笑しさ、いとおしさ。見ている最中、いろんな感情がただもれになってしまう、とても素晴らしい映画体験でした。
Maaya

Maayaの感想・評価

3.0
3.0と評価はしたが、実際は3.0以上のものであったと思う。全然乗る気じゃなかったが大学院の先輩たちと観に行って鑑賞した後の個々の分析が面白かった。色々と考えさせられる映画だったな~見終わって少し経つとじわーとなにかが押し寄せてくるかんじがたまらなくいい。とてつもなく久々に邦画を観た気がするが、そして映画館で。まー映画館行かなくても十分満足できると思うけれどまーよかった。いやー研究と繋がるで~見方は人それぞれでそこに論理が入ってくるのが研究でなんとなーく研究につながるような気がしてるからみにいってよかったなーと思っています。日本語だからまた味わえる。母語っていいな。
まお

まおの感想・評価

4.4
実力派女優俳優がこんなに揃ってて面白くないわけがなかった
たんぐ

たんぐの感想・評価

4.8
そうめんとねぎがえっち
itakura

itakuraの感想・評価

5.0
コスっちゃお!
白でもなく黒でもない、“グレー”な行為や存在を許容できるかどうか。
実はこれ、いまの時代とても重要なトピックだと思った。

今作で描かれている万引き行為や家族のあり方が、社会や世間にとって、正しいことと考えるか、悪いことと考えるか。
はたまた、どっちの側面もあるから、絶対どちらかには決められないよね、と“グレー”な見解の余地を持たせるか。

「物事を白黒ハッキリさせること」に躍起になりすぎて、自分たちと違う意見の、違う行動の、違う存在を排除するような態度に比べて、作中の駄菓子屋のおじさんの行為は、なんて柔軟なんだろうと思ったのは僕だけだろうか。

多様な時代だからこそ、一つの側面だけではない「寛容さ」であったり「柔軟さ」を常に抱いていたいと思う。
すごい演技力、悲しくなりました。
カップラーメンにコロッケつけて食べたくなるなあ。
Shuhei

Shuheiの感想・評価

4.3
余韻と遣る瀬無い気持ちで心が押し潰されそうになる、描かれてない部分があるからこその魅力。
satan

satanの感想・評価

4.3
すごくあったかい気持ちで見てたはずなのに
だんだんやりきれない気持ちになってて
エンドロールが流れ始めてから泣いてしまった。
感動ってわけじゃなくて
なんかもう行き場がなくて
押し出されて出ました、
みたいな涙。
スイミーのシーン、すき。

金曜の映画館っていいね。
>|