万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.0
世知辛い日本の世から、ようもまぁ~様々なモンをパクり生きとるわ。
ちょいと怖さを感じるけど、不思議な絆で繋がる家族。
訳あり家族って、こんなん、自分が子供の頃、その辺にいたなぁなんて思った。
京都にある地域に昔あったフラミンゴアパートにならこないな家族は、映画を地で行く人たちばっかやった。
七条、八条、九条にもこないな家族はホント沢山いたかな。
奪う事しか人生に関われへ人々。
樹木希林が鬼気迫る滅茶苦茶ええ演技で映画自体を繋ぎ止め、ストーリーに入り込ませられた。
母になりたい肝っ玉母ちゃん的女性に安藤サクラ。
ナイス
クソでも憎めない男(こないなオッサンは七条、八条、九条に沢山いたなぁ)にリリーフランキー
ナイス
それに、自我の芽生えに悩む男の子に、可愛いさかりの女の子。
ナイス
それぞれの心の奥にある不確かなものの変化もよく描写されてた。
不完全な家族やけど、
映画の出来は、自分的には高いとおもう。
不完全な家族ながら、互いの絆に愛を知り、そして、学ぶ。
ホンでもって、それぞれが何か答えを得て、何かを掴んむ。
不完全な家族は、それぞれ、何を掴んだんかなぁ。
KeiUmeda

KeiUmedaの感想・評価

3.7
面白いと思うものの、何となくの違和感と個人的なリリー嫌いが…。
りえ

りえの感想・評価

4.5
家族って何だろうと思った。愛情を持って寄り添いあう人たちの暮らしは、時に肉親同士よりも温もりがある。

映画の中の家や街並みの雑多さが心地よかったせいか、映画館を出たあとの街がいつもよりきれいに見えた。

樹木希林の食えないばあさん感、好きでした。
shot

shotの感想・評価

3.2
申し訳ないけど好きでは無いかな。
なんか浅いように思えてしまったしキャスティングもくどい。演出や編集も中途半端なように思えた。。

松岡茉優が男の人抱きしめるとこがピークかなぁ、、、

あと絵的にクリエイティブな撮影がない。。。

なんかこの監督は、"表現しなければならない何か"を使命的に持ってはいなくて、ただ映像を仕事にしたり映像で楽しいことしたいだけなのかなぁーと。

審査委員長含めみた、安藤サクラに拍手喝采だそうだけど今まで沢山の成長を繰り返して来た安藤さんに、今作での成長ってそんなには無かったように思える。ただいつも通りの凄さなのかなぁって。だから今まで安藤サクラを育てて来た監督のいいとこ取りを、横からしたようにしか見えないなぁ。

なんか良くないと思う映画はいつも主要人物が4人以上要る。2時間もので4人も5人も落としどころのある人物出てくるのは多過ぎると思うんだ。

あとは役者の力に頼るあまり、クリエイティブな演技づけや役作りが足りてないのも良くないと思ってしまったかな。

などなど色々ゆってしまったけど、万引きするときの儀式(指クルクルからの額こする)がナンセンス過ぎてもう言うこと無い。
カモメ

カモメの感想・評価

4.0
万引き家族。
「万引き」に意識がいきそうだけど、どっちかっつうと「家族」の話ですね、これ。
是枝監督がずっとテーマとしてとりあげてる「家族」は、今回もしっかりテーマですね。
この映画見た後は、子供の手を握りながら寝ました。

内容も面白かった。
いくつもの小さな謎がいい感じでミステリーになってるし、是枝作品にすると、割ときっちり結論を描いてるのも、よかった。『誰も知らない』くらいの社会性と『そして父になる』くらいのエンタメ性が程よく作品に反映されてます。
社会的な問題設定はもちろん、単純に脚本の構成がよく練られている。しかし、その事を意識させないくらい、画面の中で俳優たちが生きている。
ドキュメンタリー出身の監督が世界に認められた瞬間がここにある。
あきら

あきらの感想・評価

4.5
いやもう見事としか言いようがない。
このキャストを揃えただけでも素晴らしいのに、各々ポテンシャルを十二分に発揮しててさ。
それでいて荒れていない、なんて。

安藤サクラはもうなんかすごい。すごいとしか言えない。
松岡茉優さては天才だな?知ってた。
リリーさんも樹木希林も盤石すぎるし、よくこのバランスで成り立ってるな〜おそろしい。
あの男の子はデビューの時の柳楽くんを彷彿とさすね。りんちゃんの佇まいとかもね。あんなの狙ってできるもんなんだろか?

「こういうのは順番だから」「拾ったんです」
何気ない感じで配置されてる台詞のひとつひとつが刺さるな…

安藤サクラの白眉のロングカットにベルベットボイスで切りつける池脇さん、あのシーンの緊張感がすごい。
細野さんの音楽完璧だし。

外の世界のロジックに晒されてしまえば、たしかにいびつで悪ではある。けど、金だろうが情だろうが利害だろうが、そのどれも含めて当人たちにはたしかに絆だったのだろうし、外のものには絶対に理解できない。そういうわけのわからない業のようなものってあるよね。
終始、野良猫みたいに見えていたけど、あそこにいたのはみんな寄る辺ない人たちで、その集合体を言葉に落とし込むなら「家族」と呼ぶしかないのだろうな。

翔太でありサオリであり、自己投影を匂わせる名前の持つ意味をね、考えるとかなり切ないわ。

ここでは未来も解も救いも描かれていなくて、あるのはただ「場」だけだったように感じるんだけど、それが必要なこともあるよねにんげんだもの。
あき

あきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラが最高の女優さんだと再確認。
本当に素晴らしかった。
あと子役の二人の目がすごくいい。
「誰も知らない」でもそうだけど、是枝監督は目で表現する子役をよく見つけてくるなぁと思う。

血の繋がりがなくても、たしかにあの場所には愛があった。
ラストでりんが外に向かって手を伸ばしていたのは、またここから助けに来てくれるんじゃないか、というわずかな希望みたいな気持ちがあるような気がした。
なにが正解かわからないけど。
後半からの、深海に沈んだように心が重たくなる展開。さすがカンヌ賞とあって一筋縄ではない作品。

松岡茉優めちゃくちゃ良い。二階堂ふみに通ずるエロさというか暗さを感じた。完全にファンになりました。

そして…樹木希林さんご冥福をお祈りします。
>|