万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

ryopeee

ryopeeeの感想・評価

3.9
前半の貧しいながらも家族の絆を大切にしながら暮らす感がよかったです。邦画ならではの雰囲気や監督の細かいこだわりが見られました。樹木ばあちゃんのパチンコ玉くすねるシーンや釣竿パクる時の大胆さは好き、、
日本映画だからスッと入ってくる。
家族とは何なのか、繋がりとは何なのか、本当に血の繋がりだけが家族なのか。
greatman

greatmanの感想・評価

3.8
一言で言うと「嘘で満ちた本物の絆」
[あらすじ]
治と息子の祥太は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅりを見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀を含めた一家は、初枝の年金を頼りに生活していたが...。

遅ればせながら鑑賞してきました💦
う〜ん(*_*;...ちょっと難しかったです。
『そして父になる』ではまだわかり易い題材でしたけど、今作は事情を抱えた人達が多すぎて、是枝監督が本当に伝えたかったことが複雑過ぎて分からなかった(_ _;)...
これはDVDでもう一回観る必要がありますね😅
ただ、キャストの演技が凄すぎてビックリです!
特に安藤サクラの演技にはもう口があんぐり( ゚д゚)
どこにでもいる主婦っぽい口調に妖艶な色っぽさ、そして終盤の尋問シーンに魅せるあの涙。これほど”自然な演技”という旨みを凝縮して引き出せる女優はなかなかいない思います。
まぁ色っぽさ、というかエロさで言ったら松岡茉優のほうが上ですけど(o^皿^)ニヤッ
あんなことやられたらそれこそ自分のような思春期真っ盛りの男子は一撃でノックアウトですよ😜
正直あんな姉貴が欲しい(*´∀`)そしてあんなことやこんなk...バカ!!何想像してんだ!!このエロガッパ!!
(‾ρ‾)ゴホンゴホン と、とにかくリリー・フランキーもそうだし、あの二人の子役も凄く自然な演技で惹き込まれたし、樹木希林は8割何言ってるか分からんかったけどもなんかお茶目で可愛かったし、とにかく演技に物凄くグイグイ惹き込まれました!

とりあえず...家族って何でしょうね?血の繋がりって何でしょうね?🤔
子供は家族を選べないのは当たり前。
親子は血が繋がってて当たり前。
ただ、愛情が冷え切った状況にあっても家族だと言えるのか。
親に虐待されても家族と言えるのか。
温かい愛情があるからこそ家族と言えるんじゃないのか。
絆が深まるから家族なんじゃないのか。
確かに、あの家族は嘘だらけだった。
嘘の父に嘘の母...そんな嘘まみれの中でも確かな愛情があった。
それに比べてじゅりの本当の家族にはこれっぽっちも愛情ってもんが無かった。
そしてあんな仲を引き裂いてまでじゅりを本当の家族の元へ戻した警察達。
アンタらはある意味、犯罪者だ。
ヤコ

ヤコの感想・評価

5.0
終盤の安藤サクラさんの演技に引き込まれた。邦画久し振りに見たけどすごくよかったなあ
yukimi

yukimiの感想・評価

3.5
みんな演技がうまいし、いい話?だけど、悲しいね…最終ちっちゃいハッピーエンドが欲しいな~
気持ちとか、関係とか、色々想像しないと…わからないな~
eeeta

eeetaの感想・評価

4.5
まずはじめにこの作品を作った是枝監督、キャストの皆さん、スタッフの皆さん、そして少しでも携わったぞ!という全ての方々に賞賛と栄光を讃えたいです。
㊗️パルムドール受賞、心からおめでとうございます🎉🎈

いやぁ、まずね、ほんとにほんとに素晴らしい。映画の内容として深い。深すぎる。マリアナ海溝並みに深い。
そしてとにかく考えさせられる。
「家族というものはどんな形が家族なのか?」
「家族のあるべき形とは?」
「家族であるべき意味とは?」

この映画はみんな家族であって家族ではないんです。それだからこそなんとも言えない感情にとらわれる。家族じゃないのに家族に見えるから。
だからこそ家族?ってどんな形なんだろう。って。

はっきりと確実に全てを覚えてるわけではないですけど劇中のセリフにありました。
「産まないと家族じゃないの?」と。

そうなんです、少なくとも僕は当たり前と思っている母親から生まれてきて当たり前のうに父と母に育てられて当たり前のようにご飯も出てきて当たり前に生活をしている。家族の中で。家族の一員として。

でも世の中には確実にそーではない人たちが大勢いる。
幼いころに家族に捨てられた方もいるし親と死別した方だって現実的にいるわけです。
その人たちは実際的には血は繋がってないかも知れない。でも見えない何かで繋がっている私たちの形となんら変わりはない「家族」であるから。

だからたとえどんな形であろうと家族は家族。違うって否定すること自体が間違っていてそれを天秤にかけることすら間違っている。

それと最高の俳優陣技術者たちの全てをかけた情熱に改めて心から感謝したい。

素晴らしい邦画をありがとう。
たいち

たいちの感想・評価

5.0
ビー玉からの"腐った豆腐"で「あぁ、やったな」と。
松岡茉優と池松壮亮の痛みを分かち合うもの同士の掛け合いはぐっときた。
松岡茉優!可愛かったな〜_(:3」z)_
みそ

みその感想・評価

3.5
このサントラで細野晴臣に興味が湧いた人が聴くべきは、”Hosono House”でも”泰安洋行”でもなく”Coincidental Music”です。
Akari

Akariの感想・評価

3.7
お金が無くても幸があれば…

世の中綺麗事だらけじゃない
見えてないだけ
世界のみなさん。日本にはこんな現実もありますよ〜
>|