万引き家族の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「万引き家族」に投稿された感想・評価

まじめ
安藤サクラの泣き。鳥肌。
樹木希林。エグい。
Asami

Asamiの感想・評価

4.1
演者が素晴らしい。よかった。
ゆー

ゆーの感想・評価

3.9
見終わった後の、社会的イシュー叩きつけられる感ヤバい。
たぶんこれは、映画の中だけじゃなくて、見えないけども、自分のすぐ近くにもある話。

安藤サクラ最高じゃん。
aki

akiの感想・評価

4.0
色々考えさせられる映画。

自分も先行上映されてたんで見てきました。
是枝作品って独特の雰囲気がどの作品にもあると思う。
今回は重くのしかかる感じの雰囲気がずっと続く。
そこを役者の方の演技で明るくしたり、暗くしたり、見てる側に捉え方を促す。
出てる役者さん全員が素晴らしい。
ちょっとしか出てない人でもそのインパクトがすごい。

何が正しくて、何が悪い。
悪いことかもしれないけど、それが正しいってことだってある。
そういう映画でした。
hanicoo

hanicooの感想・評価

4.0
間違ったことをしているけど、家族として繋がっている。ちぐはぐな感じだけど、大切な居場所になっている。
何が幸せなのか考えさせられた。
派手じゃないけど、心にひっかかる映画だった。

樹木希林さんが見たくて観に行った。
希林さんが役の通り、入れ歯入ってなくて普通のお婆ちゃんに見えた。本当にすごい。
脇役も含めて役者さんが良い。
しょめ

しょめの感想・評価

4.1
最後の30分のために生活に密に接している感じ。
誰が良いとか、悪いとかで言い切れなくて、心に残った。すべての役の俳優が、もうそういう人なんじゃないかっていうくらいに空気感というか、ピタッとはまってる感じがして、よかった。
neco

necoの感想・評価

4.0
儚さを感じる。
家族とか愛ってなんだろうと考えさせられる作品だった。
taleme

talemeの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

「家族の定義」を考え直さなければならないなと感じた。

細かい演出をあげればキリがないが、最後の安藤サクラのシーンに全てを持っていかれた。
このシーンを軸として作っていたんだ、と最後の最後に気付かされ、気持ちが上がった。
僕たちが生活している日常では、池脇千鶴と高良健吾の警察側の意見が当たり前だが、それまでの「万引き家族」の生活を見て、感情を考える過程を経ると、警察側の当たり前の意見が「正しい」ものではなく感じる。演出すごい、、

「捨ててあったものを拾っただけ」この言葉に全てが詰まってると感じた。

あと個人的には、柄本明がしょうたとりんの万引きを見逃すワンシーンで物語が大きな展開を迎えることになる演出に流石だなあと思った。