万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

ShoOgura

ShoOguraの感想・評価

3.9
問うてる映画、という印象。
Asahi

Asahiの感想・評価

3.0
最後にもっとはっきりした終わり方がよかったなー。家族のありかたを考える、というのはわかるし響いたんですが。また観たい感じではなかった。
Ar

Arの感想・評価

4.3
是枝監督による万引きをして生計を立て生きてきた家族の物語です。
どの方の演技も素晴らしいですが特にリーリーフランキーさん、安藤サクラさん、樹木希林さんの演技力が凄まじい。。
少しずつ家族の秘密が明らかになっていき、最後の安藤サクラさんの泣くシーンでは涙が止まりませんでした!
やっぱり名誉ある賞を受賞している作品は違うなと思わせられる作品です。
marica

maricaの感想・評価

4.0
@アップリンク渋谷

英語字幕版で観ました。
好きなテーマ、好きな終わり方だった。
「そして父になる」と、ほぼ同じ題材ではある。
でも、たまにちょっと苦しかった。

血のつながりがないのに敢えて家族として選んでいるのだから絆は強い、というのは本当にそうだと思っているし、夫婦とはまた違った絆だ(夫婦は元々他人だから)。
私は将来子供ができなかったら養子をとろうかと考えて結構経つが、今の時点では、きっと血のつながりがどうとか関係ないくらいにその子を愛す自信がある。だからこういった家族ものはとても好きだ。
この映画のもうひとつの大きな”貧困”というテーマも、日本社会の穴を見ることになる。とはいえ、物質的な面とは真逆の部分で彼ら(柴田家)は非常に満たされていて幸福に見える。
それから、育ち方がどうあれ人はまっとうに育つ余地がある、という希望も感じた。虐待されてても、道具理論で犯罪をさせられてても、人に優しくできるし良心はきちんと育まれる。

佐々木みゆちゃん、めちゃくちゃかわいかったな。母性が刺激されまくりでした。ボブにカットしてもらって、ワンピースで出かける後ろ姿なんて溜め息が出ちゃうくらいかわいかった。

あとは、樹木希林の凄味…
のり

のりの感想・評価

3.8
起承転結の、結に入りかけで終わる感じ。この家族がそれぞれ、これからどうやって生きていくんだろうとか考えてしまう。
chiakiii

chiakiiiの感想・評価

3.8
暗く重ためと思って構えて見てたら、案外すんなり受け入れられる。子供たちの純粋な言動や偽物でありながらも家族を思いやる気持ちに心打たれた。好きなシーンはしょうたとりんが押入でビー玉を覗き込むシーン。
Minori

Minoriの感想・評価

4.2
家族とは、生きるとは、ということについて考えさせられる作品。
昔遊びに行った友達の家が主人公たち家族が住む家の感じにそっくりでふとその友達を思い出しました。
hm

hmの感想・評価

4.4
渡航前に日本で鑑賞。
久しぶりに映画館でいいの見た。
リリーフランキーの脚本力にグゥの音も出ない、登場人物1人1人に味があって連続した構成なのにオムニバスっぽくもあった。
闇だらけの家族なのに、幸せそうに見えるのが不思議で仕方がなかった。もっと児童虐待とかネグレクトにフォーカスしてるのかと思ったけどそうでもなく、突っ込みどころ満載(いい意味で)。
>|