万引き家族の作品情報・感想・評価

「万引き家族」に投稿された感想・評価

taiju

taijuの感想・評価

4.0
2018/10/19
「映画は、役者によって作られる。」

安藤サクラを筆頭に、役者の皆様の演技がとてつもない。素晴らしいの一言。
そして彼らの台詞によって、自分が意識しないうちに物語がどんどん進んでいって、一気に映画の見せ場へと行く。そこでの安藤サクラの印象深さが、この作品の価値を全て決めている。

映画は役者によって作られると改めて感じた。
VOLTEXEZ

VOLTEXEZの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

さすがだなと。

法的な家族と
赤の他人の実質的な寄り合い集団
その中にいる実の祖母と孫。

やっていいことと
やってはいけないこと

看過されていることと
看過されず表面化するもの

守られるべきもの
守るもの、守らないもの

何が幸せか
何が人間的な生活で温かいか。

必ずしも法的な家族は
皆の幸せを実現してくれない。

保護とわがまま。

心を削って
生活をつなぐ。

非常にたくさんの
問題提起のある美しい作品。
12月

12月の感想・評価

3.5
やっと観ました。良くも悪くもいつもの是枝監督らしい映画。役者のポテンシャルを引き出すことにかけてこの人の右に出る演出家を見たことがない。今回もさすが。どこを評価されたのであれ、是枝監督のような人が脚光を浴びて、この先製作しやすくなるのは映画ファンにとってもありがたいことです。
oht

ohtの感想・評価

3.3
とにかく、タイトル通りの映画だった。タイトル通り、の、その奥深くをどれだけ繊細に豊かに感じられるかが、その人の深さなんだろうな。私の深さは、まだまだでした。

あと、子役がとても良かった。
shuntakato

shuntakatoの感想・評価

3.0
最後の数を数えるのシーンはなるほどなと思った。(友達から聞いて)それ以外は多分理解しきれてないのだと思う。
リリー・フランキーと安藤サクラが生々しい。
後にみたテレビ番組で、子役の二人は台本なしだったときいたときは流石に驚いた。
桑田

桑田の感想・評価

5.0
棚卸しで差異が出るから服屋で万引きするやつは二度と服着るな
タイトルからして、切ないけれど、観終わった後は心をぎゅ〜っと締めつけられるような気持ちでいっぱいになりました。
「家族とは...」
「血の繋がりって...」
今まで幾度となく疑問に思い、でも答えが出ないテーマだけに、今も心がモヤモヤしています。
何より子役の2人の演技が自然だったので余計に感情移入してしまい、最後の2人の視線の先や目に映っている現実を想像して、いたたまれない気持ちになりました。
安藤サクラちゃんがリンちゃんをぎゅ〜っとするシーンが好きです。
とにかくあの家族全員が本当に幸せになって欲しい..そう願ってやみません。。
>|