万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

『消費』だけして忘れてしまうようなものではなかった

そこにあったのは

相手の痛みにさわって
さすってやる感じ

根っこで繋がり受け入れる

心と心

身体と身体

寄りかかり、癒しあい、支えあう

理屈じゃないんだよね

だから…説明できないんだって

それは悪いことかも知れない

でもおばあちゃんは笑っていたよ

みんな幸せだった

抱き合って涙をながそう

そうできないなら、思い出して背伸びをしよう、ね
サカエ

サカエの感想・評価

3.6
同じ監督の同じ様な作品「誰も知らない」と比べるともう一つやったかな、、
その原因としては実話を元にしていないからと演じる俳優が有名すぎるからなのかなー。
それでも家のセットとかがすごくリアルなのはさすがやなと思いました。あんな貧乏くさい家をどうやって作るんやろかと思ってたら是枝監督は元々ドキュメンタリー畑の人だと知って少し納得。
TSUKI

TSUKIの感想・評価

4.0
社会的に正しい、って?
愛情とエゴは同時に存在してるのか...?
人と人を強く結ぶのは血だけなのか?

夏のベトベトした肌って綺麗やな。
血の繋がりのない人達が
家族として暮らしていて、血の繋がりだけじゃないけど、、、悲しいなぁ最後😢
riyoram03

riyoram03の感想・評価

4.3
思ってたよりよかった。
MiMiCo

MiMiCoの感想・評価

-
フレンチ受け〜

リリーフランキーはいつも走る、あの走り方で、走る

鎌倉幕府。。

ここのスクリーン良い!
misatoyose

misatoyoseの感想・評価

3.9
話題作、やっと鑑賞〜!大人たちはさすがの演技派大物たち、その中で子役の子の演技が超自然で、光ってましたね。カップラーメン食べたくなる〜。
ironHI

ironHIの感想・評価

3.2
とても暗い気持ちになったまま終わった。おもしろいかと言われると難しいけど、本はゲットした!
家族とは何か、人とのつながりとは何かを考えさせる映画でした。
血のつながりのない人たちが集まって身を寄せ合って、どこからが本物の家族かがわからなくなりました。

治の親になりきれない「おじさん」との関係と、母性あふれる信代との関係は本物といってもよい関係で、1つの家族としての集合体にいくつもの関係性が混在し、その生活の中で起こる祥太の気づき。
いわれるままに万引きで生計を立てていたが、ふと善悪の疑問に気づき、生活を終わらせる決意をする。
祥太の成長物語のように感じました。

複雑な共同生活、彼らの声として届けない最後の言葉。
届けることをやめ、自分の中にだけそっと落とした言葉、何と言おうとしたのかを考えるとまた切なくなりました
声にできなかった言葉が胸をチクチク刺すような映画でした。
>|