万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

『消費』だけして忘れてしまうようなものではなかった

そこにあったのは

相手の痛みにさわって
さすってやる感じ

根っこで繋がり受け入れる

心と心

身体と身体

寄りかかり、癒しあい、支えあう

理屈じゃないんだよね

だから…説明できないんだって

それは悪いことかも知れない

でもおばあちゃんは笑っていたよ

みんな幸せだった

抱き合って涙をながそう

そうできないなら、思い出して背伸びをしよう、ね
幸せとは?ってすごく考えさせられる映画
難しい。
悲しくなった
苦しくなった
なにより悔しくなった
華

華の感想・評価

3.7
良くわからんかった
gary

garyの感想・評価

3.9
是枝監督お得意の「家族とは」をテーマに血の繋がりのない人たちが暮らす話。
皆がそれぞれ暗い過去を持ち、それでもそれぞれの絆を深めながら生きていく。
その絆は打算なのか、血の繋がりよりも深いのか。
アキも含めた大人は生きていく術はあろうが、子供たちはそうはいかない。
家族になりたいと願い、葛藤を覚えつつも万引きに手を染める様子が、大人に対する優しさが切ない。
いつかは破綻することを知りながら家族になりたいとその日暮らしをしている大人も
これまた切ない。
誰も知らない、そして父になる、万引き家族…
重すぎます!笑
アビビ

アビビの感想・評価

4.0
愛ってなんだろう
でもなんかわかる気がして胸が痛い
里菜

里菜の感想・評価

4.3
初めて樹木希林さんの映画みた
そして杉原千畝以来の邦画

家族に大事なのは血の繋がりよりも愛。

日本社会の闇?というか、実際日本の色んなところで起きてる社会問題について考えさせられた。とても身近なはずなのに、なぜか遠く感じる。
旅行中の国々で貧富の格差を感じたけど、普段の自分の生活で見たり感じたりしないくらいだから、日本も相当ひどいな。ううう
日本社会はキレイだと思われがちな気がするけど、特に家族に関しては闇が深い。「型」にハマらない家族がたくさんいてももいいのに。
SALLY

SALLYの感想・評価

-
是枝監督らしい作品という印象
役者陣の演技が素晴らしすぎて、本当に家族の日常を見ているかのようだった
「家族」というものを改めて考えさせられる
役者さんがホンモノ。
安藤サクラさん、樹木希林さんは特に圧巻。
日本社会は綺麗、というイメージが世界的にはあるけれど、「家族」というカテゴリーにおいては本当の意味で闇が深いと思うので、上手く世界に表現できた作品だと感じました。
ででで

でででの感想・評価

4.6
映画館がいい雰囲気になってた。端役が豪華でびびる。ため口警察腹立つ。家族は家族。
>|