万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

是枝監督の作品は『三度目の殺人』以来。
今作のほうが圧倒的に良かった。

逆に不自然なほど自然な演技。
それに加えて、撮影者の存在感も無いのはカメラマンの腕なのだろうか?
演技とカメラワークの両方がすごいからこそ成り立ってると感じた。

警察の人の人間像の薄っぺらさだけが気になった。


演出はすごいけど、テーマへの興味がわかなかった。
是枝監督はドキュメンタリー的視点で、弱い人たちや社会の問題を描く。
でも、その世界が、自分の世界とは切り離されているように見えてしまう演出になっている気がする。

作品内に自分に近い立場の人が出てこないからかな?


家族で、見えない花火を見上げるカットがとても良かったです。
やこ

やこの感想・評価

-
子役の子どっちも可愛すぎ🥺
Mai

Maiの感想・評価

4.5
はじめ、ほっこりした家族映画。なにか秘密があるんだろうな、くらい。すごく最後は胸が締め付けられた。愛の形とは。血の繋がってない方が幸せなこともあるのかなって。いろんな愛の形があってもいいじゃない。悲しかった。
ぴぴ

ぴぴの感想・評価

3.8
彼らが本当に盗んだのは「絆」でした。
っていう予告編が素晴らしい。
血が繋がっていなくたって家族になれる。
mayu

mayuの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラの涙の演技がリアルで本当に悲しくなった。
どうして虐待する側が罰を受けないで、優しくしてあげた側が罰を受けるのか意味がわからない。誰も助けてくれなくなる。
泣きそうになってもとどめてたけど、ラストのゆりのシーンでだめだった。
けん

けんの感想・評価

3.9
最後あんまりしっくりこないし内容は好みじゃないけど、演技が良かった。
安藤サクラがすごい。魅力的。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

4.5
安藤サクラが取調室で語るシーンは、演技なのかドキュメンタリーなのか疑う程、溢れ出た感情をありのまま映している。

貧困や犯罪が背景にありながらも、今作で描かれるのは「家族とは何か」という是枝作品で幾度も撮り続けられてきたテーマ。

利益と歪な優しさで繋がる家族のあり方など、到底理解出来ないはずが、樹木希林、安藤サクラ、松岡茉優という3人の女優のリアリティーをはらんだ表情によって、作品の世界へと見事に引きずり込まれた。

キャスト、脚本、カメラワーク全てがこれまでの作品を凌駕している。一つの到達点に達したのだなと思える作品。胸がえぐられる名作。
yukachi

yukachiの感想・評価

4.0
子供の頃よくこうしたなーという懐かしいシーンがいろいろ…

ラムネも飲んだし、駄菓子も食べたし、祖母との想い出もあった。
雪だるまも作ったし歯も投げたなぁ。

そうめんのシーンもいいけど、安藤サクラの涙がやっぱりいい。池脇千鶴からの質問に私も詰まった。

いろいろ考えさせられる。音楽がまたいいなーと思ったら、細野晴臣だった。池松壮亮ファンとしても嬉しかった。
以織

以織の感想・評価

-
家族とは?
出生?血の繋がり?法律?
それとも認知?

構造主義と家族論?みたいなやつ?
あと松岡茉優が可愛すぎ。
ビビる。
>|