万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

役者の演技力が圧倒的。樹木希林、安藤サクラ、リリーフランキー、柄本明、池松壮亮の演技が好きだった。
鑑賞後は演技、衣装、音楽の話など盛り上がりどころ満載なんだけど、脚本がイマイチ好みじゃない。
本当に良かったのは池松壮亮と柄本明と安藤サクラのシーン。あんな良いシーン撮れるのになんで海街みたいなの撮り続けるんだろう?
なにはともあれパルムドールおめでとうだね。
hm

hmの感想・評価

4.4
渡航前に日本で鑑賞。
久しぶりに映画館でいいの見た。
リリーフランキーの脚本力にグゥの音も出ない、登場人物1人1人に味があって連続した構成なのにオムニバスっぽくもあった。
闇だらけの家族なのに、幸せそうに見えるのが不思議で仕方がなかった。もっと児童虐待とかネグレクトにフォーカスしてるのかと思ったけどそうでもなく、突っ込みどころ満載(いい意味で)。
TomNord

TomNordの感想・評価

4.5
機内鑑賞。
是枝作品はその出自から、ドキュメンタリー性の強い作家という認識をされる事が多いが、個人的には彼の作品を観るたびに、それが"作られた"作品であることを強く感じる。そこにある事実や素材を使いながらも、描きたい物語を描いているのだ。
その為か時折、彼の作品に奇妙なバランスを感じることがある。あまりに出来過ぎた台詞回しと、描いている事実がシンクロしないのだ。

今作は、あまりに魅力的な役者を揃えたことによっておとぎ話のような風にも観えてしまう。でも監督は、このジャッジの難しい厳しい内容を含む素材を使いながら、普遍的な"優しさ"を描こうとしたのではないか、もっと言ってしまえば敢えて非現実的な家族に優しさを語らせることによって、ある種の理想、希望を描こうとしたのではないかと感じた。だとしてもやや作り込みが強い気はしたが、とにかく役者陣があまりに魅力的で、それだけで心に残る一作となっている気がする。
わら

わらの感想・評価

-
さくらさん、さすが
舞台挨拶行ってきました。
ネタバレ無しで見に行って予想通りの展開だったけど多分これがこの家族の最善策だったんじゃないかな。
安藤サクラさんの女優の意地を見て、松岡茉優ちゃんを更に好きなり、希林さんは流石でした。
綺麗じゃないけど純粋、説明が難しいけどリアルな話でした。
超ヒューマンドラマ。生々しめだが、すごく感情移入できる。リリー・フランキーと安藤さくらの演技が良い。松岡茉優可愛い。ラストシーンの意味がいまいち掴みきれなかったのでもう一度見る予定。
これもハワイの帰りの飛行機で鑑賞。ついつい見逃していた作品を観れるのはありがたい。
なんか切ないストーリー。
ころぴ

ころぴの感想・評価

4.0
ふう( ´Д`)
…重いというのか…

治と祥太のNiceな連携万引き
からぐんぐん引き込まれて
この家族を見入ってしまった

とても狭くて雑然とした平屋に
家族は住んでいて
皆、他人なのに凄く仲良しで
それぞれが心に傷を持ち
でも
明るく優しくて

心の辛さがわかるから
優しくできるのか

海辺でハシャいだ
6人で本当の家族のような姿は
とっても楽しそう
でも
ツンと突つくと
崩れ落ちそうな
薄い硝子のような儚さが
切なく伝わってくる

初枝は「ありがとう」って
言ったんだよね

「お父さん」
「お母さん」って
呼んで欲しかったなぁ

呼ばないところが
現実なんだね

最後も

実の親元に帰れたリンが
一番不幸せなのかもしれない
これも現実

施設に入った祥太が文字を覚え
知識が増えていく姿も現実

治は笑って

信代の涙が忘れられない…

何が正しいとか間違っているとか
答えを出してはいけないような
ただただ、家族全員
心に響く素晴らしい演技でした!

上手く表現できないけれど
とても良い映画でしたd(*´ェ`*)
成田→サンフランシスコのANA便の機内で。
家族とは何かを考えさせられる映画。
家族より家族らしく、虐待から救っているなど一見は正しさもたるようにみえるだか、常に手段が間違っている感じ。最後、正しい形に戻るのだが、それがなければさらにエスカレートしていた可能性もあると考えると、これで良かったのかもしれないと思える。
松岡茉優が出てるの知らなかったけど、なかなか良かった。
>|