万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

ころぴ

ころぴの感想・評価

4.0
ふう( ´Д`)
…重いというのか…

治と祥太のNiceな連携万引き
からぐんぐん引き込まれて
この家族を見入ってしまった

とても狭くて雑然とした平屋に
家族は住んでいて
皆、他人なのに凄く仲良しで
それぞれが心に傷を持ち
でも
明るく優しくて

心の辛さがわかるから
優しくできるのか

海辺でハシャいだ
6人で本当の家族のような姿は
とっても楽しそう
でも
ツンと突つくと
崩れ落ちそうな
薄い硝子のような儚さが
切なく伝わってくる

初枝は「ありがとう」って
言ったんだよね

「お父さん」
「お母さん」って
呼んで欲しかったなぁ

呼ばないところが
現実なんだね

最後も

実の親元に帰れたリンが
一番不幸せなのかもしれない
これも現実

施設に入った祥太が文字を覚え
知識が増えていく姿も現実

治は笑って

信代の涙が忘れられない…

何が正しいとか間違っているとか
答えを出してはいけないような
ただただ、家族全員
心に響く素晴らしい演技でした!

上手く表現できないけれど
とても良い映画でしたd(*´ェ`*)
山山

山山の感想・評価

5.0
登場人物が全員生きている。汚い面と、美しい面を持っている。バカだけど心優しい治、安藤サクラ演じる「強い女」信代、あと強かなおばあちゃんたの初枝。あーすごい。映画ってすごいなぁ
Takato

Takatoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

楽しい映画ではない。
万引きせずに生活できるように育ててくれた親に感謝したくなる。教育って大事だな、とか。

あとは警察ちゃんと仕事しろと思う。明らかに虐待されてるであろう子をなんでその両親の家に返すの?と思う反面、こんな感じで保護機能がまともに動いてないという現実もあるしいたたまれない。

「西成」というドキュメンタリー本を読んだことがあったので、その辺とも被って見えた
初めて見た終わり方だった
ちょっともう1回見なきゃダメなやつです笑
悪くはないけど、そんなにいいかなぁ?という感じ。
芸達者揃いで、ときに過剰な演出があってもやすやすと演じ切ってしまうので、ちょっとした違和感を随所に覚えた。

少年はふと見せる表情がかつての柳楽ゆうやを彷彿とさせる。

日本語で見ていても状況を飲み込むのに時間がかかる。海外ではきっと優秀な字幕がついているんでしょうね。
LeBois

LeBoisの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます


何が善で何が悪か…
エンディング曲ですんと収まる感じ。
不協和音。
終わり方があまり気持ち良くなかったけどそれ以外はgood!
vivian12

vivian12の感想・評価

3.2
全てがリアルな描写。
血が繋がっていなくとも家族であり、幸せの形はそれぞれ。
妹がただただその後幸せになって欲しいと願うラストシーン。
おばあちゃんが砂浜にいてみんなを静かに見守るシーンは印象的だった。
広告賞もそうだけど、賞とは狙ってとるか、気づいたら取れてたか。つまり恣意性の有無が話題に上がりやすい。そこに各人の美意識の違いが生まれやすい。

ありそうでない設定、キャッチーな愛の表現、すげぇ演者。つまり。

...でも恣意性を排除した作品こそ美、とは思わない。
ベタものが好きな性格もあって、感性だけで観た時、これはものすごく好き。

いい映画をありがとうございました
>|