万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(21館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

4

4の感想・評価

-
何も縛るものがない繋がりのほうが強いのかもしれないな。
役者の演技が最大限に引き出され、役者によって映画が成り立っているのだと強く感じる。
スクリーンに映る全ての言動の積み重なりが登場人物を生み、そのようにして生まれた登場人物が生きた物語を紡ぐ。
過去を想像させるようなちょっとした言葉や表情が絶妙。それによって映っている画だけでは出せない深みが出る。
無駄が少なくて、見せたいところ以外はスパッと切るような印象を受けた。
通帳の暗証番号を声に出す樹木希林と松岡茉優のやり取りが好き。
治と祥太とゆりが川沿いを歩くシーンもいい。横から撮っていて途中で祥太が走って画面から消える。横から撮ることでワンカットで収めている。
安藤サクラの演技に泣かされる。
2度目の鑑賞だったから、前よりも細かいところを観れた。
coC0

coC0の感想・評価

4.3
是枝監督の作品が好きなのは、
全部のキャラクターを魅力的に描いてくれていて、だから毎回どのキャラも好きになる。

安藤サクラと樹木希林。
子供達の今後もまた別の作品で見てみたい2人。
朱音

朱音の感想・評価

3.0

罰することよりも
救いの手を伸ばすことのほうが
ずっと 難しい


わたし達 部外者は 騒ぐことしかできない
法律がダメだといっても
ほんとうは正しい選択 してたよね
mimo

mimoの感想・評価

4.9
安藤サクラの演技でやられる
きょん

きょんの感想・評価

4.0
내가 일본 영화에 익숙해진 건지.
이건 짠해도 너무 짠하고, 깊어도 너무 깊어서
여태 안보고 뭐했어! 하고
머리를 콕 쥐어 박힌 듯한 느낌.
piyohiko37

piyohiko37の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった
前半は自然なストーリーの中にいつかこの生活が終わるかもしれないという緊張感がいいアクセントになっていた
後半からストーリーが動いて人間関係が明確になる楽しさもあった
俳優としてのリリー・フランキーは苦手だったけどこの映画で評価が覆ったほんとうに役にハマってた

リリー・フランキーが将太に泊まってけよというシーンで泣いてしまった
犯罪の裏側にある動機を知ることって本当に大切だと思う。表面だけみて決めつけることの悲しさがよく分かる。
n

nの感想・評価

3.0
現代社会の闇てきな
Chiaki

Chiakiの感想・評価

-
5-6歳の間だけ育ててくれた私の叔母のことを今でもお母さんと呼び間違える時がある
RYOTAFUKAI

RYOTAFUKAIの感想・評価

4.9
ゆりがご飯をたべれてよかった、ゆりがしょうたを心配するなんて、りんの方がいい、わざと捕まったんだ、、
緊張感はあるが重苦しさは思ったほどない。大体のホームドラマは、悲しい部分を悲しく描き過ぎなんだと思う。この映画は、幸せなシーンからふっと過去の悲しみが浮かび上がって来て、なんとも沁みてくる。
クライマックス若干混乱したけど、しょうたが疑問を感じ始めたことを含めて最後に食べたコロッケそばがまた泣ける。何度も見たい。
>|