万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

日本アカデミー総ナメなのは納得した。
最初から最後まで面白かった。
半分観ても満足するぐらいリアルな日常が描けていて観入ってしまった。
会話の数だけ絆も深まる。
会話=優しさ、までは言い過ぎかもしれないが会話をするって事がどれだけ大事かというのが改めて思った。
安藤サクラの
「産んだら母親なんですか」ってセリフが沁みた。
育てるのが母親なのだと実感した。
バッドでもハッピーでもなくなんとも言えない気持ち。
いい映画はいい映画なんだが、というより後引く映画。
俺はこの映画が好きです。
おまめ

おまめの感想・評価

3.6
どうして、も幸せになることを祈らずにはいられない家族。でも、本当に幸せだと思える瞬間って何なんだろう。
mako

makoの感想・評価

3.9
この映画を観終わった後、この映画のポスター写真を見ると苦しくてなる。一人一人の顔を見るととても幸せそうだから。
蒼海

蒼海の感想・評価

4.5
裕福な生活が楽しくて幸せとは限らないし、血が繋がってるだけで家族と定義していいとは限らない
hoka

hokaの感想・評価

3.5
ほっこり家族シーンが続けばいいのに
やっぱり貧困って苦しい
Yukina

Yukinaの感想・評価

3.8
偽りだらけの関係性でも、
確かにそこに愛はあったんだよなあ。。
lush

lushの感想・評価

3.8
後半警察官に責められるけどあまり喋らないシーンが印象的だった
liam

liamの感想・評価

3.8

監督は「三度目の殺人」の是枝裕和。主演は「美しい星」のリリー・フランキーで、他に「百円の恋」の安藤サクラ、「勝手にふるえてろ」の松岡茉優、「セトウツミ」の池松壮亮、「日々是好日」の樹木希林などが出演。

治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。

ずっと観たかったけど機会を逃して観れていなくて、やっと観ることができた。

毎作品で家族をテーマにした作品を作る是枝監督。
今回の家族は特別特殊な家族で、滅多にいないであろう家族を描いている。

ほのぼのとした序盤から、だんだんと観ている側の心に迫ってくる展開。
BGMを全然使わない見せ方も印象的。

各役者の演技が素晴らしい。樹木希林は言わずもがなって感じだけど、全員素晴らしくて、この役者たちの演技がなかったらここまで評価されていなそう。中でも印象に残ったのは池松壮亮。全然でてこないのにインパクトがある演技だった。あと松岡茉優が可愛いだけではなく、表情や自然な演技が良かった。

貧困に陥っている人は日本には沢山いて、日本ではあまり焦点を当てられてはいないけど、深刻な社会問題の1つ。それによって子供たちが犠牲になっている現状もある。その他にも社会問題がたっぷり詰まっていて、強烈な問題提起だった。
この映画を観てやるせない気持ちになったし、考えることはいっぱいある。

この家族の大人たちがしていることは全然正しくないし、なんなら間違っているけど、子供への愛確かにあった。
血縁関係はなくても信頼や連帯感があれば家族というものは成立するのかもしれない。実際この映画の登場人物達は血縁関係にある家族とは上手くいかず、家族にはなれていなかった。
でも信頼や連帯感だけでは足りないということもこの映画では描かれている。そんな綺麗事だけでは生きてはいけないということも分からせてくるのがいい。

日本の社会問題について再考させられる映画。
>|