万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(3館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

knjmytn

knjmytnの感想・評価

4.7
英語はわからないし、国語はなおさらわからない。言葉でうまく伝えることができないから、父親として行動で示していく。
でも自分の中で誇れることは唯一盗みしかない。
父親として何かを教えたい愛情。間違いなくそこに温かな愛情はあるのに、その唯一与えられるものが反社会的な行為で、露見したときに社会からは冷ややかな反応しか向けられない。
その歪みがどうしようもなく悲しい。

自分が経験した同じ苦しみから救いたい。
その切実さが愛情で、絆が生まれ、家族になるのかな。
“血が繋がっていない分、余計な期待がない”って言うのがすごい印象に残ってる。
期待はないとしても、向けられているまなざしに愛情を感じたことは間違いないけど。

6人それぞれがそれぞれの愛情の飢餓があって、それを一気に解決できる家族という存在のすごさ。一方でその家族が壊れてるときに抱える、いつまでも愛情が満たされない難しさ。

毎回是枝作品を観終わったときに抱えるこの答えのないモヤモヤ。
社会の中で無意識に目を伏せて無視して、正しいとしてるものを問い直してくる。
愛情というシンプルなもので解決できる。でもそのシンプルなことがこの上なく難しい。社会のせいなのか、自分のせいなのか。しばらくモヤモヤを抱える。
とても短い出演なのに池松壮亮と柄本明の余韻の残し方もすごかったな。素晴らしい映画でした。

誰も知らない、の監督だなぁという感じ。

あの後味思い出しました。


女警察官に不快感しか湧かないね
fumao06

fumao06の感想・評価

3.8
樹木希林が演じる役柄なの奇天烈な存在感。家族の異常感。ずっと、気持ち悪い。家族が人に何をもたらすのか。子の芽を摘む親の害毒さ。映画から伝わる温度感が日本のコワさを伝えてくる。
システムはシステムだし海は海だった…
武瑠

武瑠の感想・評価

4.7
盗んだ釣り竿を売り飛ばそうとする「父親」と、知識を身につけ魚を釣る「息子」。

家族を守るため、自分の力で生き延びるため、その思いに大きな違いはなく、選んだ手段が異なるだけ。

「万引き家族」への違和感から行動を起こし、社会的に「正しい」道を歩むことを決めた祥太。
それは彼にとって「成長」であり、「目覚め」であると言えるだろう。

しかし、その選択によって「家族」はバラバラになり、ゆりは虐待の被害者へと逆戻りした。
外廊下で遠くを見つめるゆりの瞳に「家族」が映ることはもうないのだろう。

「真っ当な」手段で「幸せ」を実現できるのであれば、それに越したことはない。
しかし、あらゆる制約が「選択肢」を奪う。
そして、「正しく」選ぶことができても、満足できる結果になるとは限らない。
「正しさ」と「幸せ」は必ずしも両立し得ない。

では、「正しくない」道も肯定するべきなのか。おそらく監督はそんなことを伝えたいわけではない。「万引き」の上に成り立っていた「幸せ」は、いずれにせよ期限付きのものであったと思われる。

あらゆる制約、規範によって縛り付けられていても、やはり我々は何かを「選ぶ」しかない。
選べない中でも選び続けること。
その先にしか「生」はあり得ないのだから。
ゆん

ゆんの感想・評価

3.8
んー…
色々考える映画だな…
血の繋がりがなくても家族は家族なんだと思いたい。
あと警察官の池脇千鶴が子どもには母親が必要って言ってたが、そんな考えの人がいるから虐待で亡くなる子どもが出てくるのだと思う。
警察官の考えが正しいみたいな表現だけは嫌な気持ちになった。
かず

かずの感想・評価

3.8
警官役の池脇千鶴が安藤サクラを諭すのだけど、本当のことなんて誰もわからないのに自分の中の常識だけで物事を判断することがいかに暴力になるのかいかに無意味なのか自己満足であるかってことをひしひし感じた。
yui

yuiの感想・評価

3.5
記録
“家族に正しさはいらない”
どこまでもふまじめにずぶとく生きよう
ym

ymの感想・評価

3.5
役者がみんな凄かった。
>|