万引き家族の作品情報・感想・評価・動画配信

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

4.0
これはまた、もう一度観たい映画だ。想像していたより、ずっと評価の揺れが生まれる映画だった。

タイトルを変えたほうが、という意見を見たことがあるけど、その通り。タイトルはずばり「かぞく」が良かった。家族とは何か。人と共に生きるとは何か。ああ、答えを言葉にしない映画だ。

終始流れるのは、ある種の罪悪感に似た気持ち悪さ。常に間違いがあるはずなのに、それを見過ごした生活。

でも、並行して生まれるのが楽しい思い出。何かを隠し、そのうわべの幸福を描くあたり、リアリティを強調してる。

もう一度書く。これはまた、もう一度観たい映画だ。
can

canの感想・評価

3.0
最近こういう映画多いよね
下手にジャンジャンBGM流さずにずっと静かだったから現実味があった。特にご飯食うシーンの現実感が凄かった。
しゅあ

しゅあの感想・評価

4.0
万引きシーンが毎回ドキドキしちゃう(笑)
お金もなくて本当の家族ではないのにみんなで笑って平和に生活してるのが印象的。(私はそう思った)
お金ってなくてはならないものだけどこんな家族だったらわたしはお金無くてもやってけるんだろうなって思う。
お金あっても幸せじゃない人もいるしね😢

最後にかけて明らかになることが重くて切ない、、、。

松岡茉優ちゃんの役が凄かったなあ。
樹木希林と安藤サクラを筆頭に全員演技が素晴らし過ぎた....家族ってなんなんだろうって思った。松岡茉優どうなったのか気になる....
ryok0913

ryok0913の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ようやく観た作品。

奇妙な家族の暮らしの描写には全体として不穏な空気が漂っているが、根底には確かな人間愛がある。

例えば、安藤サクラが子役の佐々木みゆを後ろから抱擁するシーンは、不幸な運命を辿る家族の物語に束の間の安堵をもたらしている。

演出やロケーション、その他ディテールの描き方は徹底として東京のゲットーに暮らす貧民のリアリズムが貫かれていると感じた。

また、日本の四季がしっかりと描かれており、その美しさがこの作品をこの先、
何十年経っても新鮮な気持ちで観る事を可能にしている。

最後に音楽に関してだが、極力楽器数を減らしたミニマムなアンサンブル。時折挟み込まれるガット・ギターの暖かい音が、たまらなく心地よい。
>|