万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

3.0
愛の足りない者たちがら寄り添って紡いだ一つのかたち。
散々話題になったのにタイミングを逃していたのをやっと鑑賞。
今だけを見て、今のために生きる刹那的な物語は、命の鮮明な輝きが美しいけれど、ここには夢も浪漫もない。
どこまでいっても救われないし、切ないなぁ。
海外で評価されたのはもしかしたら日本よりも海外の方が格差社会やままならない現実に馴染みがあってリアリティを感じたからだったりするのかなぁ。
日本にはスラムと呼ばれるエリアはなくて、貧富の差が見えにくいけれど、どこかにあるだろうしなぁ。
実際のところ、あんなに万引してたらバレるんじゃないかな…。
大事なところはみんな胸にしまったまま、言葉にできないまま、解決できないまま、なんだなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

万引きでつながっていたと思っていた家族は、万引きをきっかけにバラバラに。しかし夫婦を繋げていたのは共犯の歴史。そしてバラバラになった家族達は幸か不幸か?これは、自分の身近にないリアル。
maeshu

maeshuの感想・評価

4.1
家族とは何だろうか。と考えさせられる映画
ハル

ハルの感想・評価

3.8
繋がり方って色々あるのね
感想を書くには言葉にしがたいなあ
kojikoji

kojikojiの感想・評価

4.7
是枝監督の、日常を切るうまさは、さらに磨きがきり、ストーリーの面白さが加わって、やっぱりさらにグレードアップしてんるだと思ってしまう。
賞をもらって、騒がれて、なんだかすぐには観たく無くて、その余韻が消えた後にみようと思って、今日になった。
映画を見る時は、理屈は考えないで、ストーリーに自然と溶け込んで酔いたいと思っているが、どうしても、是枝監督の作品は、家族とは?とか、人生って?とか考えてしまう。今回はさらに強烈に。
それにしても、何でこんなに、役者さんがみんな自然なんだろう。
池松壮亮がめちゃくちゃ良かった
HIRO

HIROの感想・評価

4.5
特殊な形ではあれ、社会の構成要素の一つである「家族」の物語を通して、社会の複雑さを考えさせられる映画、だったと思います。
飛行機で映画を見て、そしてスマホを手に感想を考えレビューをのうのうと打ち込む…そんな余裕のある生活ができる自分にとって、人間が創り出してきた倫理観や公的権力は当然のことで、それらが社会構成員に求める役割を、おそらく正常に果たす家族のうちの1人にとっては、「万引き家族」はとても印象的でした。
登場人物たちの詳しい経歴は映画であまり語られなかったけれど、各々何らかの理由で、人間の歴史的結果が社会に要求する姿から彼らは逸脱し、一般的な倫理観や公的権力と対立している…。
「そんな家族が自分が属する日本社会にいるかもしれない、国際まで視野を広げればいるかもしれない」そう考えると、社会の多様性を痛感するとともに、平等にしようと政策提言することが、方法次第で必ずしも万人にとってプラスにはならない、と感じました。
72

72の感想・評価

4.0
深く考えさせられる作品で
余韻がすごくあった。
>|