万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(3館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

umi

umiの感想・評価

4.5
家族の形を考えさせられた。
血が繋がってなくても家族って言いたい
是枝監督
毎回胸をえぐってくるなぁ…
ryoma

ryomaの感想・評価

-
深かった
Tomoko

Tomokoの感想・評価

3.7
樹木希林のねっとり感
chikin

chikinの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

生きるってなんだろな
ここに存在している以上、社会の仕組みに乗っ取って生きていかなきゃならない。
それがルールだけど、
そのルールを守るにはお金が必要で、
ルールを1つ破ると後ろめたい事ができる。
重なる、後に引けなくなる。そんな状況を見かねて、しょうたは捕まったんだね

みんな元々は他人だけど、縁があって繋がった、お金で繋がってたのかな、

警察官の人になぜリンを誘拐したのかの問いかけ、「産まなきゃ母親になれないでしょ?」
一番印象に残ってる、全部の問いかけに思わず首を振りながら泣いてしまった

リンが虐待受けてるかもってなんで誰も言わないんだろう、理由があるのかな、一番心配

役者が本当に良かった
その人の人生を生きてた、ほんとすごいと思う
yossy

yossyの感想・評価

3.8
家族の定義ってなんだろう?
血が繋がっていなくても家族。なんだけどやっぱり家族じゃない?
リンちゃんは家族の元に帰ったけど、家族として迎えられてない。
最後に何を見て何と言ったんだろう。

樹木希林の演技がとても自然で本当に「おばあちゃん」を演じていた。
他の俳優陣もスゴイ。
かなり引き込まれ、かなり考えさせられる映画。
みやこ

みやこの感想・評価

2.0
リリーフランキーらしい役
tunane

tunaneの感想・評価

1.7
そこまでいいのかな。万引きが題材だし、綺麗事じゃ生きていけない、そんな家族の絆?
その状況になったのは仕方ないから?抗わないの?どうなんですかね。あんまり。
ひいろ

ひいろの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

すごく好きなタイプの映画だった。
リアルな生活感の中に漂う不穏さ。
貧しさの中にある幸せ。
全てのシーン、全ての台詞がなくてはならない、そんな気がする。

終盤、バス停のシーンが堪らなく良かった。父ちゃんからおじさんに戻ったことで、少しの距離感を感じさせられた。血の繋がりのない2人だから、簡単に関係は切れてしまう。だが、そこに確かに愛はあった、そう感じた。


最初は家族構成を理解出来ずに、どのような関係なのだろうかと思いながら眺めていたが、所々に伏線が張られ、ラストでなるほど…となる。
家族とは、血の繋がりとは、、そんなことを考えさせられた。正しさだけが正解ではない気がする。
そしてこの映画、何より演者が上手い。
>|