万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

motio

motioの感想・評価

4.7
期待以上に素晴らしい映画でした。

家で観る時は、トイレに立ったり、食べ物や飲み物を用意したりで、なんだかんだ一時停止をしてしまうのですが、この映画はだれる事なく最後まで引き込まれて、観賞後は充足感に包まれました。

色々なテーマが織り込まれていて、一つ一つに言及する文章力はないので、良かったとしか言えないのですが、ごちゃごちゃする事なく観られて、本当に良い作品でした。

ジーンとするシーンはあるものの、前面に押し出されて上滑りする事も、扇情的に心をかきみだされたりもせず、丁寧に自然に描かれているので、観ていて心地よかったです。

心情の描きかたも多面的かつ重層的で、人の持つ必然的な複雑さがリアリティーを感じさせてくれて、こちらも観ていて充足感がありました。

住んでいる国の文化には毎日触れているだけに、細かい表情やテンポ、声の調子、書き言葉と話言葉の違いなど、どうしても自然さとの差異が目につきやすくて、日本人の演技に厳しくなってしまい、邦画よりも洋画を手にする機会が多いのですが、リリー フランキーや安藤サクラの演技は特に素晴らしくて、もっと邦画も観たいと思わされました。



信代の言う「おつりがくる」生活は、社会の底の方に沈殿している澱みの中の煌めきで、その光に触れた者の心には、澄んだ気持ちを生まれさせる。はっきりと言葉にして伝えるのは、気恥ずかしいけれど。
さき

さきの感想・評価

3.0
子役が素晴らしい
安藤サクラ
RyoTamoto

RyoTamotoの感想・評価

4.0
家族愛に血の繋がりは関係ないことを描画していた。八日目の蝉のような。🤖🎃😹
 血のつながらない疑似家族が祖母の年金と万引きで生活していくお話。
 話題作でしたが、率直な感想は「まあまあ面白かった」でした。家族とは何なのかとか、血のつながりは関係ないとかメッセージ性は強かったですが、ありがちと言えばありがち。あと家族の相関図が説明不足でちょっと私にはすべては理解できませんでした。後半から終盤にかけての展開は面白かったですが、最後は少し中途半端な感じがしました。解釈をこちらに委ねるのはいいんですが。総評としては、好みのわかれる作品だなぁと思いました。貧困の演出や、子役も含め演技はすごく良かったです。
ストーリーは淡々と進み、ハラハラドキドキはなく進んでいく。でも見入ってしまいました。
ちゅー

ちゅーの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドかと勝手に思いきや…
まさかのりんちゃん切なさ残る終わり方でした…
海でのばぁちゃん…口で何かを言ってたな…すごい印象的でした…。
もう何書いていいかわかりません!!!ワラ
血は繋がってないけど…
ものすごく愛を感じました…
いい映画でした。
さいごまでお父さんお母さんって呼ばなかったね。
じゅりちゃんはどうなったのか。
日本の奇怪な事件は、島国ならではか、エネルギーが外に出ずに、家族などの小さい単位で残虐性を帯びて発生する場合が多いように思う。こうした映画は昔からあるような気がするが世界で評価されたのは世界経済の膠着が目に見えて内へのエネルギーとして現れだしているからかもしれない。

リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林相変わらずうまい。
ありがちな小細工もなく、全てがバランスよく整えられていた。
問題提起だけ、ストーリーが薄いというコメントが散見されるが、映画は現代を移す鏡でもある。即ち現代はストーリーがないのである。そうした世情を反映している作品だと理解されたい。
そして、細野晴臣の音楽がまた素晴らしい。
もも

ももの感想・評価

-
そういえば映画館でみたのをおもいだした
とても重かったのとエンディングの曲に引き込まれたの覚えてる
画面が全体的に暗くてひっそり暮らす生活の感じがよく出てる。暮らす人々の家族に対する気持ちがみんな素敵だったなあ。
>|