万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

よきよきフランキー
無名

無名の感想・評価

4.5
過激で犯罪を犯す家族を美化して描いているが、決して犯罪美化ではない。

自分の生きてるちっぽけな世界じゃ想像もつかない。でも俳優人の自然な演技があるから、勝手にリアルだなって思えた。

暖かさもあるけど、歪で壊れた家族の姿に、固定概念があった愛の形をぶち壊された。

価値観を変えられる衝撃的な作品でした。
Risa

Risaの感想・評価

4.5
観れてなかったけど、ようやく。パルムドールとった作品だし、俳優さんたちも素晴らしくて、映画館で観直したいと強く思った。

法や一般論や世間体では、人間の心の底は語り切れない、そんな人間の複雑さを描きだしてる。

「家族」ってなんだろう?
「親」ってなんだろう。

産んでいなきゃ母親にはなれないのか?
産んだらみんな母親になれるのか?

臨月控えた今、この作品を観ることができてよかった。
コユキ

コユキの感想・評価

4.0
言葉にできないけど よかった
不思議な感覚
めぞん

めぞんの感想・評価

4.3
さすがの演技力で受賞作なだけはあるなと思った。この作品に対して海外の人間がとのような印象を受けたのかが気になる。
UT

UTの感想・評価

4.2
家族とは何だろう。
血縁関係なのか、絆なのか、信頼なのか、世間の目なのか。 法的な記述はもちろんあるが、当事者たちしか分かり得ない、感じ得ない家族像が確かにそこにある気がした。
「血縁関係が無いから、期待しない」や「こどもには母親が必要、て思いたいのは母親」など名言も多数あり、非常に考えさせられた。その他家族間の会話も、自然すぎて、台本が本当にあるのか!と疑問に思うほど。
こういった曖昧なテーゼに切り込む是枝監督はさすがの一言。 次回作にも期待したい。
ran

ranの感想・評価

2.5
曖昧。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.5
「家族」の映画。
家族の括りってなんなんだろう、と考えてしまう。映画の「家族」も、立派な家族のひとつだと自分は思ってしまった。社会がそれを許すかは別として。

セリフっていう感じではなく、完全に日常生活をのぞいている感じがよかった。自然体な演技、凄いなぁ。。
石井碧

石井碧の感想・評価

3.7
陰鬱としてて好みじゃないけど良い映画でした💙
>|