万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(3館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

今更観たのですがパルムドール受賞も納得。
血縁だけが家族なのか、という問題提起。
yossy

yossyの感想・評価

3.8
家族の定義ってなんだろう?
血が繋がっていなくても家族。なんだけどやっぱり家族じゃない?
リンちゃんは家族の元に帰ったけど、家族として迎えられてない。
最後に何を見て何と言ったんだろう。

樹木希林の演技がとても自然で本当に「おばあちゃん」を演じていた。
他の俳優陣もスゴイ。
かなり引き込まれ、かなり考えさせられる映画。
みやこ

みやこの感想・評価

2.0
リリーフランキーらしい役
tunane

tunaneの感想・評価

1.7
そこまでいいのかな。万引きが題材だし、綺麗事じゃ生きていけない、そんな家族の絆?
その状況になったのは仕方ないから?抗わないの?どうなんですかね。あんまり。
ひいろ

ひいろの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

すごく好きなタイプの映画だった。
リアルな生活感の中に漂う不穏さ。
貧しさの中にある幸せ。
全てのシーン、全ての台詞がなくてはならない、そんな気がする。

終盤、バス停のシーンが堪らなく良かった。父ちゃんからおじさんに戻ったことで、少しの距離感を感じさせられた。血の繋がりのない2人だから、簡単に関係は切れてしまう。だが、そこに確かに愛はあった、そう感じた。


最初は家族構成を理解出来ずに、どのような関係なのだろうかと思いながら眺めていたが、所々に伏線が張られ、ラストでなるほど…となる。
家族とは、血の繋がりとは、、そんなことを考えさせられた。正しさだけが正解ではない気がする。
そしてこの映画、何より演者が上手い。
みぃ

みぃの感想・評価

4.2
その辺にいそうな家族。
でも何か違和感。

物語の始めの切なさと終わりの切なさが違うんだよな。グサりと突き刺さるものがある。家族って血の繋がりも大事ってのは否定しない。でもそれだけじゃないよなとも思う。
是枝監督の作品はいつもテーマが「家族とは」。私はそう捉えてます。正直、一言では語れないし難しいです。今後の作品も楽しみにしています。

そしてこの作品の賞賛されるべきポイントはやっぱり俳優陣。名演でした!本当に皆さん凄かった!特に樹木希林演じるお婆ちゃんには脱帽。海辺のシーンは忘れられない。アドリブってのも驚き。リリーフランキーも安藤サクラも松岡茉優も素晴らしかった!ファンになりました。
一真

一真の感想・評価

3.5
人のつながりは何で繋がるのか?というテーマを大事にしてる作品なのかなと思った!

やっぱり自分は心で繋がっていたい!!

血とか、法律とかは二の次で笑
>|