万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

傑作。

犯罪ってなんだろう。
家族ってなんだろう。
色々と考えさせられた作品でした。

安藤サクラの演技が本当に凄かった。心に強く残ったし、日本人の演技で初めて度肝を抜かれてしまいました。
その他のキャストも全体的に結構良かったです。
子役の演技のさせ方とかよく分かってるなって思いました。

やっぱり邦画って舞台が自分の住んでるところだから身近な感じがすごい出るんですよね。(出ない映画も結構あるんですけどね。)それによって物凄いリアリティが増します。

映画のトーンは明るすぎず暗すぎずの良いバランスだったし、セリフは違和感を感じることが無かったです。

各キャラそれぞれのストーリーは、どれも見応えがあったし見終えた後にキャラがどうなっていくんだろうって考えさせられました。

クスッと笑えたシーンもあり泣きそうになったシーンもあり、いろんな感情が入り乱れるような作品でした。

非常にオススメです。
Kinako

Kinakoの感想・評価

4.0
いい映画でした。
tamago

tamagoの感想・評価

3.5
寄せ集めの家族だけど家族愛を感じた
子役もふくめてみんなハマり役!
な

なの感想・評価

3.5
村社会、その日暮らし、嘘に嘘を重ねる、他人からtakeすることしか考えてない人たちが基本苦手で、だから貧乏なんだろと思わないこともないのだけど、こうやって観るようになったことは成長だと思う(?)

彼らには彼らなりの生活があって、彼らなりの愛がある。それならそうと認めてもいいじゃないか。
『天気の子』でもそうだったように、東京ははみ出し者に厳しい。
norisuke33

norisuke33の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

良き映画
他人だった人間が寄せ集まり、家族として暮らす居心地良い家。
互いに干渉せず期待せず、食事を共にし賑やかに団欒する。何より帰る場所がある事の安心感。
こんな家族があっていいじゃないと思う。
安藤サクラが死体遺棄で警察の取り調べを受けるシーン
「捨てたんじゃない、拾ったんです。誰かが捨てたのを拾ったんです。捨てたって人が他にいるんじゃないですか」

是枝監督の子供目線の描写にいつもハッとさせられる。母として人として。
Yuino

Yuinoの感想・評価

4.0
役者さんたちの演技が本当にうますぎる。
もうドキュメンタリーみたいな感じで惹き込まれた
Na2

Na2の感想・評価

-
2019/9/18
樹木希林さん
万引き家族というタイトルがダブルミーニングだったとは
えあ

えあの感想・評価

3.4
劇場で一人で観てよかったので、家族でも観ようとしたら途中で飽きた次男に消されたという作品がこちらです。私は好きなんだけどな~。

でもやっぱ類似する空気感で『誰も知らない』とかあるからね。リリー・フランキーと安藤サクラの●れ場は生々しくて嫌いではないぞ。
途方もなく長いけど苦痛じゃない2時間

安藤サクラって、なんて美しい女優なんだろう
松岡茉優のほうがかわいいのに、圧倒的に安藤サクラだった。

スイミー

僕が目になろう

男の子が目になって、あの家族の目になって、あの家族は見つかった。

こんなにいいなら、もっと早く襟首つかまれて「みろよ!!!!!!」ってオススメされたかった
>|