万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(3館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

薫子

薫子の感想・評価

3.0
血の繋がりがあってもなくても
壊れるときは壊れるし
絆は見えないから
あるようでなかったり
ないようであったり
でもなんだかモヤモヤする
Shiori

Shioriの感想・評価

4.2
りんちゃんと松岡まゆのその後も描いてほしかった
ほたて

ほたての感想・評価

4.1
捨てたんじゃない、誰かが捨てたのを拾った
mel

melの感想・評価

4.1
演技がリアルすぎて、本当にある家族のワンシーンをのぞいているような不思議な感覚だった。

そして徐々に明らかになっていく関係性。血の繋がりがなくても暖かい関係が素敵だった。むしろそっちの方が良かったりするっていう安藤さくらの台詞に納得。
いろんな形がある。血縁がイコール家族ってわけではない。
って最後のりんちゃんのシーンで思わされた....
それぞれ若干わだかまりが残るようなすっきりとは言い難いラストがなんだか悲しいけど、治と信代の関係はとっても良い。

なぜか今まで見ていなかったけど、結構好きな映画だった。誰も知らないをもう一度見たくなった。
りゅ

りゅの感想・評価

-
はてな!
渚生

渚生の感想・評価

4.5
万引きという犯罪で繋がった家族やけど、それ以外にも得たものが多いからこそあのアパートで暮らしていたのかな。ほんまの正義ってなんなんやろか。深く考えさせられる作品やったなぁ。
私には難易度高め。
よござんす
安藤サクラが殺すからなって呟くシーンがいい
松岡茉優ちゃんの腹筋が綺麗
kady

kadyの感想・評価

3.3
思ったよりよかった!
公開時、映画を見に行った父に感想を聞いたら「俺万引きした事ないけ何がしたいんかよく分からん」と言っていたのでずっと見てなかった。笑

血が繋がってなくても家族にはなれるよって話。とにかくコロッケ食べたくなる。
Leo

Leoの感想・評価

4.3
受け取るものがたくさん
感じるものがたくさん
でもそれを上手く言葉にできない
こんなときは無理に言葉にしなくてもいいのかな、と。
でもやっぱり言葉にしたくなる、凄い良い映画だった。凄い良い映画だった。
感受性が、心が、剥き出しになる。
普段、心を包んでくれてるいろんなものを一枚一枚徐々に剥かれていく、そんな感じだった。
んー。剥かれていく、というよりなんか自分で自分から剥いて、受け取ろうとしていた自分がいたような気もする。

世界は、目に見えているところさえも変えられないのか。そこに変えようとする意志と、行動があったとしても。
無力さを感じさせられて、もう一度、何度も観たいと思うんだけど、もう観たくないとも思ってしまう。そんな映画でした。
>|