万引き家族の作品情報・感想・評価・動画配信

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

saki

sakiの感想・評価

-
きろく
もり

もりの感想・評価

-

金がないならば知恵を働かせる
困っているやつは助ける
自分たちの仲間は自分たちで弔う


人って、もしかしたら原初はこんな風に生きてたんじゃなかろうか というような光景がひろがる
きちんと人間やってる感

でも
それだけでは済まされない
わがまま、弱さや卑怯さ、かっこ悪さがヒリヒリしてて
それがこの作品の魅力だと思った


スイミー、再読しよう。
凄く胸が締め付けられた…
悪いことしてるんだけど、悪いことしてるんじゃないような
言葉にするのがすごく難しい
家族ってなんだろう…て思ってしまった

受け入れられないよなぁ、そりゃ…

キャストも好きな人がいっぱい出ててすごく良かったです。面白かった!

このレビューはネタバレを含みます

お世辞にもハッピーエンドとは言えない結末を迎えたが、生まれ持った環境には抗えない、という不条理さを描ききるにはこの救いのない締め方で良かったように思う。

待ち受ける現実に救いがないからこそ輝く、ある種の桃源郷的な位置付けにしたんだろうなぁと。

色々と考えさせられる良い作品でした。
久しぶりに、邦画で良き映画に出会えたかなー!

子の幸せの形なんて、親が決めるというのはある種間違いだと言うことに気付かされた😶

そら、子供らは両親が大好きなら何よりやと思う。 そうでない場合、子供は苦痛でしかないし現にそんな子供らは沢山存在するだろう。 大概思春期で親のことを嫌いになるが、そして大抵は大人になるとありがたみが分かってくる! そして、年老いた両親にもっと長生きしてもらいたいと思うし、孝行しなきゃって思うようになる( ˘⊖˘)

そのような考えになる人は多いよね🙂

でも、今回の映画は見知らぬ大人に育てられ、ましてや違った教育でもそれでも自分の両親よりマシと感じたり、愛されてないと気づいたら、前者の方が幸せだと思うやろう。

皮肉な形ではあるがね、深いよね、、、。

ほんでほんで、CAST最高に良かったぁ!

演者皆さんが自然でいい演技をしていたし、アドリブみたいな演技が際立っていて良かった。 安藤サクラさんが捕まって
涙するシーンはあらゆる感情が交錯したような複雑な涙で心が痛かった(´•ω•̥`)

普通の幸せも良い、人間と人間との温もりという深い何かに気がついた気がする😌
いくら映画(演技)だとしても、平気で万引きして一家生活してるのが、とても虫唾が走って、途中で降りた🙈
株式会社むりんご〜でしたぁ🖖
は

はの感想・評価

-
はー安藤サクラさん好き
ぽっけ

ぽっけの感想・評価

3.9
犯罪なのに、万引きって言葉にすると軽く見えてあんまり好きな言葉じゃないので見ずにいた。思う所は沢山あるし、家族の在り方も考えさせられた。幸せって何だろうか…
>|