万引き家族の作品情報・感想・評価・動画配信

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

鯨

鯨の感想・評価

4.2
安藤サクラがとりあえずすごかった 
邦画はあまり観ないですが惹かれて観てみたらとてもおもしろかった。
今更感ありまくりだけど

想像してたよりも全然重かった
もう少し家族愛的な良い話だと思ったら
なかなかエグい重さがありました。

家族ってなんだろう
しあわせってなんだろうって

こないだ見た映画が
「存在のない子どもたち」だったから
余計に色んな感情が溢れましたね
子を作るのは親だけど
子は親を選べないし
生まれてきたくて産まれてるわけではない
共通して言えるのは子どもに罪はない

無能な親は子どもにあたる

虐待する親と誘拐した親
難しいね

最後のシーンが辛かった
彼女は何を見てたんだろう
彼は何を思ったんだろう
そう考えると個人的には辛いことしか思いつかなくて胸が苦しかった
D

Dの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

スッキリするラストではないかな。ストーリーとしてもお話としてはまあ普通。起伏も少ないし淡々と進む感じ。家族の形が〜とか絆が〜って感想が多いけど、なんだろ、うんそうだよねって感じ。理解できるし言ってる意味も分かるけど、作品が悪いわけじゃ無く自分の中には何も残らなかった。

日本映画にありがちな演技臭さが無くて、みなさんすごく自然でそれはすごいなって思った。日常感がすごい。安藤サクラさん素敵ですね。
ララン

ラランの感想・評価

3.3
血が繋がってるから家族なのか?
じゃあ家族ってなんだ?

血がつながる安心感。
戸籍でつながる安心感。

目に見えないから不安になる。

大事なのは形よりお互いの心のつながり。
そう言い聞かせても不安になるのは、疑ってしまうのは、どこかで自分も相手も信じ切れないのかもしれない。

家族ごっこで作り上げた絆は確かにあった。
その時確かに幸せが存在していた。

けどみんなが何処かで、これは刹那的な作り物の家族なんだと思ってた。
少しの揺さぶりで、脆く家族は崩れていく。

お母さんと呼ばれなかったことを指摘され、気丈に振る舞った安藤サクラは涙を流す。
心で繋がっていると信じても、やっぱり人は形に見えるものでしか関係は確かめられない。

だから私は愛する人たちに、態度で言葉で気持ちを伝える努力をしないといけない。そう思えた。
キコ

キコの感想・評価

-
わっかんねーわ〜
yu

yuの感想・評価

4.0
安藤さくらと樹木希林の演技がすごい。安藤さくらは泣きの演技や気怠そうな雰囲気を纏う演技が素敵だし、樹木希林は何か一つ上のステージにいるような、そんな空気感を持ってる。
子供たちの演技も、素のような感じで良かった。
>|