万引き家族の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

Stayc

Staycの感想・評価

4.0
なんであんなリアルな映画が撮れるんだろう、監督も役者も恐ろしいなと思いながら(本当に凄い)、でもこれが本当のリアルなのか知らない自分を顧みる。何も解決しないまま、「物語」の外で日々は続いていく。たぶん、「本物」もそう。


……見るまではもたれそうだなーと腰が重かったけど、実際はそうでもなく、でも投げかけられたものは間違いなくずっと自分の中に残るんだろうな。見てよかった。
カエル

カエルの感想・評価

3.8
予告編をみてた段階だと
万引きを生業にする家族をちょっと面白く描いたのかなって思ってました。

全然違った。

見終わった後無言になった。
ぐるぐる色々考えた。

社会的にみると落ちこぼれな人々
一応仕事はしているけれど決して高給ではない。
家も狭くてモノに溢れてて清潔感もない。

でも
なんだかんだとお互いを思いやる心がみえる
そのあったかさが本物か、方法が正しいのか、それは、一般的には正しくないことなのかもしれない。

万引き家族は
祖母、父、母、娘(妹)、息子、娘の6人家族
どういう経緯で集まった6人なのか
映画の中でわかることとわからないことがある。
わかることは、彼らがお互いを支えあっていること。

経済的に余裕がある家庭と経済的な余裕がない家庭。

経済的に余裕がある家庭でも幸せを感じられない人もいることをちゃんと描いてある。

でも彼女はおばあちゃんのことどう思っていくのだろうか。

この映画。
初めていく映画館でみた。
ミッドタウン日比谷の映画館。

ここで『万引き家族』をみてる人々は
私の前の人、隣の人、後ろの人、劇場にいる人々は
こういう家族とはリアルには縁がない人の方が多いんだろうなぁって
映画をみながらぼーっと思ってました。

わたし自身、いまの生活は、経済的に余裕がある部類。

ただ、あんまり裕福ではない親戚や知り合いはいるし
家がこの万引き家族みたいな状態の同級生の記憶もある。
おそらく裕福な知り合いや親戚もいる。

地方出身だからかな。
もともとあんまり裕福な地域じゃない出身だからかな。
貧困層とそれ以外、お金持ちと貧乏人がぐちゃっとしてたからかな。
映画をみてて、こういう感じの家に住んでた同級生いたなぁって既視感を覚えた。
遊びに行ったことあるなぁって思い出してた。


万引きは犯罪。
もちろん悪いこと。
でも、映画みながら、生きるためにそうなってしまった人の立場でみてる自分がいた。

今、わたしは正社員で毎月定期収入がある。
でもずっと続くかどうかの保証はない。
自分もいつそっち側にいくかわからない。

終盤、警察署でのシーンは
正論つきつけられて
そうじゃない...そうじゃないんだ。
この人たちはそんなに悪いことしようと思ってしてるわけじゃない。
悪くないんだ。
いや、悪いことなのか。
でも、でも、違うんだよ。
いやそうなのかもしれない...

辛かった。

わたしはこの映画
辛くなった。

心がぎゅっとなった。

ちょっと前にみた『ヤクザと憲法』を見終わったあとと同じ気分になった。

それから『秘密と嘘』っていう映画も思い出した。
あ、『秘密と嘘』もカンヌでパルムドール賞とってたみたい。
今問題になっている
ネグレクト、DV、年金問題
それから万引き、連れ去り
それらが詰まった作品
安藤サクラの圧倒的な演技に
魅了された
海水浴のシーンはどうみても
仲の良い家族にしか見えない
だけどそれぞれ色んなことを
抱えてた。繋がってたはず
だった。
子どもは親を選べない。
安藤サクラの
私は連れ去ったんじゃなくて
捨てられたものを拾ったのよ
が、とても印象的な言葉だった
いやあ〜いい作品だった

松岡茉優と安藤サクラの
体も最高だった…
最初は 誰も知らない の焼き直しかなーと思って見てたけど、それ以外にも過去作のいろんなエッセンスがうまく昇華されてたような。これぞ是枝決定版って感じ?この先どうなるんやろ。
yukke

yukkeの感想・評価

3.9
あなたはどう思いますか?
あなたはこんな偏見もってないですか?
あなたは子供にこんなこと教えてますか?


観るものに様々なことを語りかけ、訴えかけていると感じた。残る余韻がすさまじく大きい。

古き良き日本の家族像、縁側や歯のシーン、みんなでご飯を食べるシーンの温かい描写と、万引きをしたり、誰かに傷つけられる苦しいシーンの描写がいりまじり、心が右往左往する。


ラストの池脇千鶴が尋問していく場面はカメラワークも迫力も秀逸。
あなた達は日頃ニュース見て、こんな風に他人を責め立ててるんじゃないの?何も知らないくせに。と自分に直接訴えかけられているようで、悔しくて苦しくて胸が締め付けられた。


恐らく私はこの映画に秘められたメッセージを全部受け取れていないと思う。もう一度観て、また違う色を感じたい。

このレビューはネタバレを含みます

劇場にて。

家族とは、血が繋がることとはなにか。
正義とは。
複雑で重苦しい題材を取り上げているが、終始どこか微笑ましく、確かに幸せがあった家族の話。

最後警察に、
実際に子供を産まないと母親にはなれない、とド正論をたたきつけられた信代は
確かに2人の(特にりんちゃんの)母だったはず、でも母とは呼ばれてないし、何も言えない、言いようがない。なんだろうね、と。
実際前半の微笑ましい家族の光景を見ていた僕でさえ、この人はお母さんなんだ!とは言いきれないのは何故なのか。金なのか、地位なのか、血縁なのか。どれも答えであり答えではない、気がした。

相対して、
祥太にとって父でありたいと思う治、
を最後まで父だとは言えなかった、振り返らなかった祥太の成長と葛藤。
信代は
「私たちじゃ親はつとまらない」と祥太に言うが、ラストシーンからはりんちゃんにとって信代は確かに母なのだと思った。
治も口では「おじさんに戻る」と言いつつも、どこかまだ父を諦めきれないでバスを追っている。

男女の親としての意識の差、ともとれるかなと思った。

ばあちゃん、父さん、母さん、妹、息子、娘
血が繋がらない各人間の関係性も上手く描いていて、考えることがとまりません、
誰か語ろう。

是枝監督、の作品は苦手な方
とはいえ、すごくいい作品でした。

俳優さんの演技が素晴らしい。
勝手に震えてろ、からの松岡茉優のファンになった。笑
a.

a.の感想・評価

-
いい映画を観た。
観に行けて良かった。

役者さんたちの素晴らしさ。特に樹木希林さんと安藤サクラさんが素晴らしい!

あの海の日々がずっと続けば良かったのに。でもこの日々は続かないのが分かってしまい、すごく切ないシーンだった。

エンドロールでJポップが流れないのも世界観が壊れなくて良かった。
kaho

kahoの感想・評価

-
鑑賞してから1ヶ月ほどたちました。後からじわじわきつつ、考えつつも今となっちゃあ何も残っていないのが本当のところ。。。薄っぺらい人間なので。。。
絶賛されてるのも分からないことないけど、普段映画見ない人に無理にすすめたくない系。
でも忘れた頃にもう一回見るかな。
そういえば高良健吾くんと池脇千鶴が忘れた頃にどかどか登場してきてあわあわしました。
NONFIXの何も解決しない薄ら悲しさを劇場で堪能させてもらいました。
安藤サクラのヤサくれっぷりに3点、茉優ちゃんの病み具合に2点、リリーの尻に-1点
etsumine

etsumineの感想・評価

4.1
観てから数ヶ月後の今レビュー書くけど、かいりくんがイケメンすぎてそれだけで観に行ってよかった、、という感想のみ残っている