万引き家族の作品情報・感想・評価 - 336ページ目

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.5
何を書こうかが中々出てこない作品だった。
評価以前の話でこの作品は映画ではなくひとつのものとしてそのリアルを見てしまったような。
出てる人達が演技をしてないと思えるほど自然でとある家族の話をのぞき見たような感覚になった。
面白かったとかではなくこの作品を見たときに何を考えどう思ったのか。
そんな相手に投げかけてるくるような作品だった。
必ずもう一回見て曖昧な感想ではなく自分の思ったことをしっかり言えるようになりたいと思った。
Papaya

Papayaの感想・評価

4.2
とても良かった。人の現実は、一つレイヤーが違うだけでガラッと大きく見方が変わる。この家族のフィクショナルな存在感は、実はレイヤー一つ隔てて私達のすぐ隣に存在することが感じられる。法と愛、一般人とアウトロー、持つ者と持たざる者、そのレイヤーを確認しながら生きているこちら側に、様々なものを叩きつけてくる作品だった。
井本

井本の感想・評価

4.2
口ぱくぱく…
何言ってたのかな。

ショータは、なぜ誘拐されたんだろ。助けてあげたのかな。
くずキャラやらしたらこの人にはかなわないんじゃないかというリリー・フランキー

スクリーンで観たのは追憶以来だったが、今回の役にピッタリハマった安藤サクラ

勝手にふるえてろ以来、大好きな松岡茉優

そして大御所の樹木希林

私の中ではかなりの実力派豪華メンバーだったが、その中にいても子役の2人の存在感は光っていた。

万引き家族を演じていたこの6人の演技によってこの映画は際立つ存在になったのだろう。

それにしても家族っていったい何なのだろうって考えさせられた話でした。

血の繋がったいない家族が幸せそうで、血の繋がっていない家族が崩壊してたりする。もはや血の繋がりなんて錯覚とか幻想でしかないのだろうか・・・

そんな気がしました。
いずみ

いずみの感想・評価

4.3
静かに淡々と進んで行くが、
言葉一つ一つが、実に重かった。
安藤サクラさんが取り調べを受けている時に、静かでもなく派手でもなく泣くシーンが忘れられない、

それぞれが優しく愛に満ちているのだが、それが手のひらからこぼれてしまう
陳腐な言葉だが血が大事か絆か大事かラストのみゆちゃんの瞳がすべてを語ってくれている。

こんな現実ってあるのか、虐待する人にもなんらかの愛があると思いたい。

安倍晋三さん麻生さんこの映画観て欲しい私でした。
Atsu

Atsuの感想・評価

4.0
花火を音で見るシーンを上から撮って段々みんな集まって来る感じが家族って感じで印象的だった。
終わり方は釈然としなかったけど笑
全然関係ないけど松岡茉優意外とおっぱいでかい
おはぎ

おはぎの感想・評価

4.0
どしんっとくる、言葉が出てこない、
正解ってなんだろうな。
良き映画でした。
sss

sssの感想・評価

3.0
厳しいスコアにしてしまいました。

特筆すべきは出演者の演技。
本当にとても良かったです。
素人の意見ですが、最高でした。
とくに安藤サクラさんの終盤の演技には震えるものがたくさんありました。

それと

一つ一つのシーンは本当にどれも良くて記憶に残るシーンがたくさんありすぎます。それほど素晴らしいと思いました。


点数を控えめにしてしまった理由は一つ。

映画を見終わった後のなんとも言えない自分の気持ちが低かったからです。

友達に最高だったと素直に言えない。

そんな映画でした。



※この映画を最高だった!感動した!と言えるようになるにはこの映画が写す深い問題に自分なりに答えを持てた時だと思う。

考えさせられただけでは100点はつけれない。
色んな見方がありますってだけでも、演技や映像が凄いだけでも100点はつけれない。
これは僕個人が求める映画の基準としてあるのだけれど、やっぱり監督としての、映画としての答えはどこかに欲しいと願ってしまう。
もしくは見終わった後に自分なりの答えが出せるような。問題が素晴らしいって事で終わって欲しくない映画だと思う。

それでも星3にした理由は

それだけ凄い映像、演技だったからです。

素直に受け止めれない自分が情けない。
りゅう

りゅうの感想・評価

4.0
大好きな暗い映画
終盤の安藤サクラすごいな〜
松岡茉優のおっぱい
DOBBY06

DOBBY06の感想・評価

4.0
凄く家族のカタチについて考えさせられる作品。
観る人によって受け取り方が変わる作品やと思うけどうちにはグサグサ刺さった。
把握出来なかった部分があったからもう1回観たい!
安藤サクラと樹木希林の演技凄い。