万引き家族の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

miu

miuの感想・評価

4.0
「おじさん」だって、母親としての呼び名が無くったっていいじゃないか、紛れもなくそれは家族だった。

この家族の形を肯定したいけど、していいのかとエンドロール中ずっと考えていた。
虐待のニュースが後を絶たないこの国で、いびつな家族の形でもじゅりは「りん」として過ごせたことが本当に良かったと思う。
例え短期間でも、普通でない家族を通して誰もが受けるべき普通の、際限のない愛情体験を得られたのだから。
他人だとしても愛された経験は、じゅりを愛の薄い、狭い世界から少し切り離してくれると信じたい。
最後のじゅりが身を少し乗り上げたように見えたシーンは、「元の家族」が迎えに来てくれることへの期待感とそんな筈はないという少しの諦めが垣間見れたような気がして、微かな希望と現実の切なさに胸が締め付けられた。
正しいことがどうすることかなんて、あの家族はみんな重々承知で、それでも生きることに希望を抱きたいからこそ、ああいう家族形態になったんじゃないだろうか。
松岡茉優ちゃんの役も一応含め、子どもたちは「万引き」されて少なくとも救われた時間が絶対にあった。それは揺るがないと信じたい。

じゅりの今後がひたすら案じられるなあ、こんな世の中だからじゅりみたいな子はたくさんいる。本当の両親から心も身体も傷つけられる前に、命を奪われる前にどうか逃げて、逃げれないならば救いたいと本気で思う。
だからこそ、いびつでも万引き家族を肯定したい。夫婦が過去に殺人を犯したことは変わらないけど、それでも希望を持ったって、愛を信じたって、家族を築いたっていいじゃないか。
虐待されて子どもが殺されるニュースより誘拐で済むなら、死体遺棄で済むなら随分良いじゃないか。だって、その罪は本人たちがきっとそうされることを望んだんだから。虐待に比べれば、随分愛に包まれた事件だと思う。


個人的には4番さん演じる池松くんと、茉優ちゃんのシーンがぐっと来すぎてしまい、形容しようのない感情になった。
個人的願望だけれどもっと2人のバックボーンと出会いとこれからを見たかった、、
そして、安藤サクラさんは、何て素敵な女優さんなんだろうと今回改めて思った。
本人と役が同化していく様子を映画の中で見ていくようだった。土砂降りの雨の中でのリリーさんとのシーンは本当に艶かしくて女性の身体って芸術だな、と。
松岡茉優ちゃんのスタイルの良さにも感服。。
城桧吏くんの一挙手一投足は、全てを辿れば辿るほど胸が締め付けられた。
樹木希林さんは、ただただ女優の化け物で、どうかずっと是枝作品で見続けたいと思った。
言葉にしたいけど、言語化できない部分こそが全てみたいな映画だった。
すずな

すずなの感想・評価

4.1
面白かった
けどメッセージが重いので、いろんな人の考察読んで自分なりに消化したい
月見

月見の感想・評価

3.7
家族全員演技が自然で引き込まれた
所々あったアドリブっぽいとこなんてほんと見事。1192つくろうは笑ったなー

どんな繋がりであろうと本人が家族と思えば家族なんだろうけど、本能的にそう思いきれない、いや、思っちゃいけないと子供達も感じていて、大人達もどこかで罪の意識は感じているのだろう。やってることはブッ飛んでるけど、人間の本音と社会の正しいとされる姿との歪みを描いているようで深い映画だった。
匂いのする映画だなと思った。そしてとにかく安藤サクラさんが凄い。
面白かった…とは決して言えないけれど、見てから5日経っても引きずってます。
考えてみれば、是枝さんの三度目の殺人もそうだった。
全てを語らないので、家族の生い立ちやその後の物語を想像してはあれこれ、ぐるぐる考えてしまう。
Asuka

Asukaの感想・評価

4.5
すごいよかった。

キャストが絶妙すぎる。

色んな世界と人と人とを考えさせられる。
樹木希林神かよ。
人物とほどよい距離感キープするフレーミングのおかげで割と他人事で観てられたのに、終盤、バストど正面の安藤サクラの対面に座すことを強いられたことで、急にけっこうきた。
たいき

たいきの感想・評価

3.5
きっとリリーフランキーでこそなところはあるんだけど、違う人で観たかった
meyeey

meyeeyの感想・評価

3.5
家族設定が、なんでも盛り込み過ぎで違和感を感じてしまったけど、面白かった

生きる為に犯罪を犯すのだが、
心は完全に腐っているわけではない

安藤サクラの名演技で泣けました
Kaho

Kahoの感想・評価

4.1
渋い。訥々と描く感じ…カンヌっぽい。このなにも起こらない感じは「誰も知らない」に近いんじゃないかなと思う。
安藤サクラの瞳が強すぎて涙出る。唯一嫌悪したのは池脇千鶴演じる役の語り過ぎな台詞。だけど、正義を振りかざしモラルに反することは徹底して批難する排他的思考の一方で、人の心をえぐる言葉を平気で吐く様は今の世論とされているものやマスメディアのようで、この女はのぶ代たちの愛と自己犠牲に満ちた心の美しさを際立たせるための演出だったのだと思う。
家に帰ってから、彼と素麺を食べました。
mm

mmの感想・評価

4.0
全てが自然。服も家も空気も、海辺のとうもころしも。
最後にそれぞれが一人になっていく場面が本当に切なすぎた。でも人ってそうですもんね。。