万引き家族の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

by

byの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

細野晴臣の音楽が良すぎた。音だけでも伝わるような。邦画は一番前で見たほうがいいって誰かが言ってたけどその通りかも。ショウタの成長の過程がリアル。
リサコ

リサコの感想・評価

3.8
万引きがメインだと思って観ていたが、それ以外にも数々の問題が描かれていた。出演時間が長くても短くてもそれぞれの役者さんの存在感がとても大きかった。
印象に残るシーンを1つに絞るのは難しいけど、2人以上で食べ物を食べるシーンが多く、そのどれにも意味がある感じがした。
アリサ

アリサの感想・評価

4.0
キャストの演技がとにかく素晴らしかった。本当に良かった。映像もとても好きだった。観た後に、何と言葉を発したらいいか分からなかった。帰省先の映画館でこの作品を観た。家族のことを心から好きになれない自分にとって、家族の繋がりとは、家族って何だろう、そんなきもちにさせられた。
是枝監督のパルムドール受賞作品!愛情とはいかにして生まれ、表現されるのか考えさせられました。

是枝作品はゆっくりと侵食されていくような余韻がたまらないのですが、今作はその余韻が更に深く残りました。観てから数週間経っても最後の余韻が離れられない。

あとは役者陣の演技合戦がたまりません。是枝監督は本当に役者に良い演技させるなぁ。
ケイトも絶賛の安藤サクラのシーン、本当凄まじいものを見せられました…。劇場全体がピンっと糸が張ったような緊張感が急に生まれました…。

ただ、あの家族は思ったよりみんなクズ!笑
正しくない大人たちばっかりですが、かと言ってあの愛情が嘘かと言われたらそうじゃなくて。
愛し方を教えてもらえなかった人は、ずっとその方法が分からず生きていくのかな。でも正しい愛し方なんて本当にあるんだろうかとモヤモヤ。

私が見に行ったのは、受賞直後だったことや、メディアでの放送からか老若男女問わず入ってました。しかし、その分マナーも悪い人が多いなという印象でした。
あと、予告編が本当に最悪なつくりです。
感動作!みたいなアホな打ち出し方のせいか、大半数が「思ってたのと違う…」ってなってしまったのでは…。とはいえ、こういった人達にも何かしら考えるきっかけとなれば嬉しいですね。
yuppi333

yuppi333の感想・評価

3.6
家族ってなんだろうって考えてしまった。
血が繋がっていれば家族なのか?
自分で選んだ家族だから、絆は強くなるのか?
sasataro

sasataroの感想・評価

3.0
一つ一つのシーンはおもしろかった。全体を通して何を言ってるかわからなかった。
良かった。とても良かった。

多様性が取り沙汰される時代、家族とは。血縁とは。心とは。

その核たるところに柔らかく、でも鋭く切り込んだ作品でした。名作。
是枝監督のリアリズムの演出、近藤龍人カメマンの湿度高いアジア的なルックの中、役者陣か素晴らしい演技を披露する。
チャンイーモウの幸せ三部作、文革三部作にも共通する貧しき者たちの哀歌。中国の観客の琴線に触れることは容易に想像でき、中国本土での大ヒットも頷ける。
特に疑似家族を見つめる日常のスケッチの中、全員でカップラーメンを啜る夕食や隅田川の花火で縁側に顔を出すシーンなどが胸に刺さった。
ただ全体的に散漫な印象。それが是枝作品の特徴と言えばそれまでだが、いくつかのシーンで性急さや違和感を感じた。その原因は、年金不正受給やDVなどの社会問題、そして疑似家族の日常エピソードの盛り込み過ぎにあるのではないか。
急に思い立ってさっき映画館に見に行ってきました。映画館に足を運んだのは丸2年ぶりでした。やっぱりいいですね。

映画館は、いい

すごく泣いた。子役の子2人もよかったし、キャストがみんなほんとにすごいね。私はこんな状況になったことはないし何もかも想像でしかないけれど、たくさんのことを思ったし、いろんなことを思い出した。
あと、最後に一言だけ言わせてください。

私は命ある限り安藤サクラを支持する
A

Aの感想・評価

3.8
生々しい映画だった。

崩壊した倫理観の中でふたりの子どもが育っていく様は観ていて苦しくなったけれど、こんな大人たちもいるだろうなぁと思ったし、こんな大人たちに育てられる子どもたちもいるんだろうなぁ、としっくりきた。俳優陣の演技力も相まって、ノンフィクションのようだった。
けど、唯一「ドラマだなぁ」って感じたのが、家族の根底にあった愛、絆?
こんなん現実じゃないでしょ〜って思ったけど最後まで辛い展開だったこの映画にある唯一の救いだった