万引き家族の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

koyamax

koyamaxの感想・評価

3.0
2018年 劇場で観た

万引きしてる家族の毎日がサバイバルな日常かと思ってたら、、

中盤から今まで見てきた家族が、何か不穏な違和感を出し始めてから、徐々にそれぞれの素性が明らかになってく展開はサスペンス的でよかったです。
「捨てたんじゃない、拾ったんです」
家族、人とのつながりってなんだろうと考えさせられる…最後、外を見つめる少女の顔が印象に残る。
oka

okaの感想・評価

-
地元の映画館で随分長く上映してくれていたのになかなか行けず、やっと行けたんですが、やっぱり行って良かったです。

樹木希林さんは、「日日是好日」も観たのですが、そんなに時期変わらないだろうに、全然違う顔されててびっくりでした。
fumixparis

fumixparisの感想・評価

4.0
本当の家族じゃないほうが幸せな事もある。

他人同士だけど、それでも家族だった。
血は繋がってないけれど、お互いを思いやっていた部分と、自分のエゴのために利用していた部分と。
それぞれが抱える二つの感情の描写が、リアルだった。

本当の家族からはもらえなかった愛情と幸せを求めて、でも万引きをするように、全てが偽りの生活では上手くいかないと、心のどこかで感じていく彼らが、とても切ない。

安藤サクラさんが涙するシーンは、怒り、迷い、悲しみ、色んな感情が表現されていて、特に印象に残った。

一番好きなのは、家族みんなで花火を見上げるシーン。

見えないものに憧れて、見えないものを見てきたんだな。
ずっと観たかった映画。
全員演技が上手くて、撮り方の生々しさもよかった。
サクラさんは色々な役ができるんだなあ。
mikamucho

mikamuchoの感想・評価

4.1
樹木希林さんが圧巻。もちろん安藤サクラさんのあの取り調べシーン。
家族という呪縛を別のアプローチで描かかれていて血や戸籍で
縛られる「家族」。日々の生活や絆で結ばれる「家族」。
後者は、とてももろくはかない。とても正しいのになあ、、。
家族のスクラップ&ビルドものジャンルというものがあるとすれば
これはとても上質な作品。見えない花火を見上げるシーンが忘れられない
AkiraMurai

AkiraMuraiの感想・評価

3.3
血が繋がらなくても家族になれると思った。もはや、そこら辺の家庭よりも温かいかもしれない☺️
元旦にパリの映画館でみた

泊めてくれた家の人が映画好きで僕らの後に観に行っていた。彼女はこの映画をvery beautifulだと言っていた。
NY

NYの感想・評価

4.0
鑑賞後にこのポスター見ると、胸が苦しくって仕方ない。

大好きな俳優達ばかりで紡がれ大好きな方の音楽で彩られる大好きな監督の作品。

世間から忘れ去られた人達の、片隅に隠れなきゃならなかった人達の、束の間の休息のような日々。

彼ら彼女達を非難する人々も酷い人ではなく、あぁ世間の目ってこうだな、て、思えてしまう。
切なく、哀しい。

彼らの背景が殆ど語られないまま描かれる生活、でも表情で会話で、十二分に伝わってくる。

今沢山のシーンが、彼らの笑顔が、胸に浮かんでくるよ。

サクラちゃん希林さん大好き。
安藤サクラさんの演技で特に泣いた
愛情があるから家族なのか血の繋がりがあるから家族なのか

教えられることが他にないんです。台詞が切なかった