万引き家族の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

トヨヨ

トヨヨの感想・評価

4.2
シミと汗による湿度感や、声のトーンで見てとれる育ちや生活環境の悪さ。

見る前は「このリアリティすごいっしょ?!」な押し売りがあるのでは、と不安もあったけど、演技派俳優陣がこれでもかというくらい世界観に没入しており、リアリティを超えたリアルな顛末に自然と引き込まれた。

人間同士の繋がりは世代によって見方も異なるだろうし、今の自分の考え方を知るきっかけにもなる作品だと思う。
10年後くらいにまた見よう。
せちお

せちおの感想・評価

4.3
強烈。なんだこのリアリティ。実際どっかの家族を覗き見してきたかのよう。日本の闇ごった煮込み。キャスト陣の演技素晴らしかった…。特に樹木希林さん。この終わり方も、実際はこんなもんだよっていうのが感じ取れた。なんだかなぁ。
AyaKanno

AyaKannoの感想・評価

4.0
それぞれがあんな環境下なのに、ちゃんと愛を持って生きている。
受けた傷の痛みを他者への優しさに変えられる事は簡単じゃない。
もちろん、悪いことを沢山しているのだけど、みんなで見たあの花火も、海も、幸せな家族の1日だったのだろうな。
何が悪くて何が正義だか、一概にはわからない。

是枝監督が描く家族は、ただほっこりでは無く、痛みやしんどさの中の幸せを感じるから、素晴らしい。

安藤サクラさん、最高でした。
リリーフランキーさん、ちゃんと輩に見える演技うまい。
樹木希林さん、圧巻。
松岡美優ちゃん、おっぱい大きい。
AK

AKの感想・評価

3.3
妙にリアル。こんな家族見たことないしフィクションなんだけど、ドキュメンタリー番組を見せられているかのような妙なリアルさが一貫していた。

血縁もなく、本名もなく。
でも彼らは家族としてそこにいたんですかね。

⚠︎万引きは犯罪です
監督作品映画館初鑑賞。

アクション、爆発無しのは苦手だが始めから終わりまで全く飽きずに鑑賞。

エンディング後のもうちょっと先まで見せて的なモヤァ〜っとした余韻は今回もあります。イイです。

役者の芝居がすごいリアル
セットや音や照明も良い

所々で華を添える(様々な谷間)も良かったです
tkim

tkimの感想・評価

4.0
味のある役者が揃っている。大人になれない大人って現実にいる、リアル。
音だけの花火のシーンが良かった。
安藤サクラの演技にボロ泣きでした。
髪を何度も何度もかきあげて「何だろうね?」と言うシーンでボロ泣き!
何だろうね?
akane

akaneの感想・評価

5.0
犯罪を犯す"悪い人"だけど、根っからの悪ではなく"フツーに良い人"な一面も持ち合わせている。
一般的にはみすぼらしい生活だけど、ある人からすればとても幸せな生活に見える。
この世は全てをはっきりと白と黒で分けられることばかりではないから、人にレッテルを貼ってカテゴライズする行為がいかに浅はかであるかを痛感させられる作品だった。
どうせ血の繋がりではなくて絆を選ぶのだろう。犯罪者でも心は優しいという人柄を描くのだろう。と中盤まで高を括っていたが、そんな安易な着地では無かった。
白と黒がはっきりしない世の中で、自分が何を選びどう生きていくのか、何を自分の喜びとするのか、自分自身で選択できる自由をありがたく思えるラストだった。

是枝監督作品の中でも、この作品は大変お気に入りになりました。
うーん。レビュー書くのに時間がかかった。

2018年40本目
SorkSawd

SorkSawdの感想・評価

3.8
とにかく、映像内の部屋がきたない。
けれどその汚さが本当にどこまでもリアル。

松岡茉優の嬢の演技、すっごくハマってて良かった。
ラスト悲しかったなあ。
そして、それぞれはまり役だった。他の誰でもダメだったと思う。
ネグレクト役の子の演技も物凄い。
だって喋ってないのに表情が嫁取れる。
凄すぎ、なにこの子って感じだった。

歳を重ねたときにもっかい見直したい。
違った見方をしたい。
家族ってなんなんだろうなあー
赤鬼

赤鬼の感想・評価

2.2
是枝監督の映画の中でも、ベストオブハマらなかった映画。撮影監督が違うだけでここまで見えるものが違うという事に気付かされた作品だったし、滝本さんの切り取る世界観で見たかった、滝本さんが切り取る世界観が好きだったんだと初めて気づかせてくれた映画でもある。何だか皮肉に感じちゃうけど。撮影は近藤龍人さん、照明は藤井勇さんというのはは割とよく見る組み合わせで、好きな映画も沢山あるし、この作品だからこそ近藤さんと藤井さんに任せたんだなと理解は出来る。樹木希林さんは言わずもがな、安藤サクラさんも良かったけど、だけど好きにはなれない映画。