万引き家族の作品情報・感想・評価 - 845ページ目

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

nakatsugi

nakatsugiの感想・評価

3.9
家族は終わっても虐待は終わらない。
それにしても安藤サクラ、持たせるねえ。
mikan

mikanの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

血の繋がり、他人同士の繋がり...。東京物語のあの感じを思い出す。
ターニングポイントで走る電車が良い。
SHiNOBU

SHiNOBUの感想・評価

4.2
是枝裕和作品の
要素を全て入れたと言っていいほど
集大成のような作品。
n

nの感想・評価

4.1
1つ1つのシーンが愛おしく切なく記憶に残る。役者さんたちの繊細な演技が隅々まで行き渡った作品。あるシーンの樹木さんの表情が素晴らしすぎて今思い出しただけで涙でるし、柄本さんのワンポイントでしっかりキメてくるあたりも流石だなあと。何より安藤サクラさんとリリーさんに拍手。
ryoko

ryokoの感想・評価

4.2
最近児童虐待死事件があったばかりだったから前半堪らない思いで見ていたけど基本是枝作品では泣かないんだよね。
色々気付かされたりグッとくる事はあるけど泣かせにこない淡々とした空気が好き。

祥太役の子のあの憂いを帯びた目と長い睫毛は誰も知らないの時の柳楽くんの面影あるね。

安藤サクラとリリーフランキーは下手したら親子役出来るくらい年齢差あるんだけどそれを感じさせない夫婦みたいな空気良かったなぁ。
安藤サクラ改めて凄いと感じた(語彙力)
S

Sの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最後にお父さんって言ってたな。

8歳くらいの子が親と一緒にこれ観に来てて、その子がどういう感情でこの映画を観ているのだろうと気が気でなかった。

やまとやの爺ちゃんが亡くなったのがすげえ悲しいわ。
akari

akariの感想・評価

5.0
安藤サクラの「なんだろうね」には
涙なしではいれなかったなぁ。

こんな人生を送ったことがないけど、
節々心に刺さってきては、
自分の親との関係を考えてしまいました。
社会のエアポケットのような場所で生活し、毎日を生きている。

あのエアポケットは、社会がつくったものともいえる。

エアポケットという言い方も、「こちら側」と「あちら側」を隔てるような言い方であるとも思う。

誰も本当は見てみぬフリをしてはいけなくて、だけど、あの場所でなければ生きていけない人たちも確かに存在していて…

子供は親を選べない、とはいうけれど、本当にそうだろうか。
子供が生きて行くための養育者は、選べる世の中でもよくないだろうか。

彼らの犯罪行為は、誰かにとっての救済であった。
救済するなら正しく救済すべき、と一見思うだろうけれど、じゃあ、正しい側に居る人たちは、あのSOSをみつけられるのだろうか。

考えても、考えても、「じゃあどうすればよかったのか」なんて浮かばない
ゆ

ゆの感想・評価

4.5
りんにとっては夢のような時間だったんだろうな。りんだけじゃなくてあの家に住んでいた全員、幸せだったに違いないんだろうけど。
くろ

くろの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

お手本になるような生き方ではないことが多い家族だけれど、貧しくても幸せに生きていけるのは、確かな絆がこのボロ平家の中に詰まっていたから。自分の中でとても大切な映画となった。

役者の演技が素晴らしく、とくに信代とりんちゃんのお風呂のシーンは、なぜか分からないが美しくて涙が止まらなかった。

「子供たちはあなたのことをなんて呼んでたんですか?」という問いかけに胸が詰まる。なんなんでしょうね、という言葉で、本当に大切なことへの問いかけや虚しさなど、全てを表現しきってしまった安藤サクラさんの演技には鳥肌がたった。
「呼び方なんてどうだっていいじゃないですか」と反論しなかったのは、「世間が認める家族」にとって呼び方は重要なんだと気付いているからこその、あの一言。とても切ない。

ラスト、塀の中から外を見つめるりんちゃんが、「コロッケ食べる?」と話しかけられたことから始まった宝物のような日々を一生忘れないことは確かだと思う。そう信じたい。

嘘ばっかりで、ツギハギだらけの家族だったけれど、何よりも強い絆があのボロ家にあった。なにも感じようとせずに観てしまうと、おそらく通り過ぎて終わってしまうと思う。それほどに繊細で美しい映画でした。