すず

劇場版 幼女戦記のすずのレビュー・感想・評価

劇場版 幼女戦記(2018年製作の映画)
4.0
幼女戦記と言えば音響

🔫👧🔫👧🔫👧🔫👧🔫👧🔫👧🔫👧🔫👧🔫👧
アニメを一気見し、鑑賞
幼女だからと敬遠する必要はない。戦争娯楽作品として結構面白いアニメです。

存在Xにより幼女の姿に転生させられたサラリーマン男性。神への信仰心のなさを改めさせるため、戦争という死に近い場所で、神に祈りを捧げずにはいられない状況へ追いやられる。サラリーマンは運命に翻弄されながらも安全に生きる道を模索する。存在Xがもたらす運命に抗う見た目は幼女、中身は切れ者会社員の話。

映画はアニメの続編で幼女にお父さんを殺された娘との対決が見所。

アニメの時に好きだったテーマ曲が何度も使用される大盤振る舞い♪爆撃の音はやはり最高⤴アニメで音響が良かったので映画でもそれは期待通り。また、対決シーンは画が動きまくりで高揚しました。
コミカルなシーンはアニメ同様入れつつ、ただ少しだれるのと盛り上がりに欠けるかな。でも次がありそうなので、待ってます♪アニメかな~映画かな~次作も楽しみ🎶

余談1
登場人物がロシアの人名っぽいし、原作者カルロ・ゼンっていうからてっきり外国人作者で小説輸入かと思ったら、日本人って知り、拍子抜け(笑)


余談2
実はこれ観るの2度目。
2019年2月27日
TOHOシネマズ海老名
電気トラブルにより上映途中で中止

このスクリーンだけでなく館内全て電気トラブルにより復旧見通したたず。トラブルから40分後払い戻し。もう1回観に行かなきゃいけないじゃないか😫でやっと鑑賞できました😊

2019.5.5追記
驚音上映にて再鑑賞。
驚音上映待ってました\(^o^)/
kikiでしか体感できないこの音にすっかりハマってしまった。爆音に飛行、銃撃音。体に振動と微かに風(音圧)を感じられ、かなり没入して観ることが出来た。だれることなくずっと最高!驚音上映のおかげでスコア3→4へ上方修正。
2019年5月5日
あつぎのえいがかんkiki 驚音上映