トムトム

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判のトムトムのレビュー・感想・評価

3.0
amazonでアマゾンをというダジャレの様に始まった大人向け仮面ライダーの劇場版。
配信シリーズの監督や脚本の座組みを見るに新しいチャレンジというよりは平成仮面ライダー1期で出来なかった事へのリベンジと言える。

個人的に第1シーズンが大好きで冗長と感じられる内省シーンを含めて平成ライダーを見てるな〜と感じられた。
特に正義と悪でも二つの正義でもなく正義そのものの根幹への問いかけは正に平成ライダー。
譲れないものを持った2人のアマゾンが永遠に戦い続ける様なラストは本当に大好き。

それ故に第1シーズンで完成しているとも言える作品の第2シーズンは面白いがどことなく続編と言うよりも外伝的に感じる。
露悪的なまでのグロ描写や登場人物の悲劇的な展開。
千翼とイユの2人もいいのだがやはり盛り上がるのは悠と仁やマモルと言った前作のメンバーが登場した時で「ガンダムSEED Destiny」感がある。

そして第1シーズンの答えを出さない所に魅力を感じていただけに今作は蛇足的に思えるが悠と仁の2人が好きなファンとしては彼らの結末を見たくもなる。
守るべき一線をも失い思想の対決ではなく悠と仁2人の男の対決は良かった。

しかしその対決を描くためだけに存在するストーリーはかなりお粗末。
低予算なのも隠せていないし変わりばえしない背景を含めてせっかくの劇場公開を活かせていない。
劇場版でさらにクオリティアップをというより少ない投資でファンから出来るだけ金を落として貰おうとするいつもの東映特撮春映画。
4DX上映が多いのもあからさますぎる。

今やヒーロー映画が日本や東映のお家芸で無くなってしまっている中amazon primeでの挑戦には非常に期待していて劇場版ももっとチャレンジして欲しい。