あおい

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判のあおいのレビュー・感想・評価

3.7
お前は、生きるために生きたか?

「仮面ライダーアマゾンズ」劇場版にして、完結。はじめはAmazonプライムとのコラボライダーとしか認識してなかったけど、まさかここまでくるとは( ^ω^ )

ストーリーは、シーズン2後に残った2人のアマゾンの生き残りをかけた戦い。彼らは何のために生き、どうして人やアマゾンを守り、狩るのか、そこに終止符がうたれます。

昨日シーズン2見終わったばかりで、行ったのでまぁタイムラグなく楽しめました( ^ω^ )でも、ここまでみてるとシーズン2はどちらかというとサイドストーリー的な立ち位置でもあったような気がしました。個人的にはシーズン1の方が濃かったかな。

ただし、両シーズンとも大事なシーンや事実か明かされるので、これを観るには、ドラマは全部必見ですが( ^ω^ )

最終決戦につなげるため、多少展開は強引かつ急でしたが、アマゾンズはやることがエゲツない( ^ω^ )ここまで倫理観崩壊してるライダーはこれしかないんと違うかってくらい、サイコかつグロいです。今までもそうでしたが、もう肉食べたくなくなるくらいイヤでした( ^ω^ )

そんなアマゾンズならではのゴア描写満載かつ、ライダーアクションもいつも通り血みどろで爽快!ついに2人が禁忌を犯し、血で血を洗う戦いに身を投じます。悲しいけど胸熱でした( ^ω^ )

悠を演じた藤田富も、仁さん演じた谷口賢志もお疲れ様でしたと言いたい。仁さんって昔、「ゴーゴーファイブ」のゴーブルーしてたん知らんかった( ^ω^ )

アマゾン意外にも、七羽さんや美月ファンも、駆除班好きも4C好きも、おるか分からんけど野座間製薬会長好きも安心してみれます!

しっかり仮面ライダーシリーズということで、劇場版オリジナルライダーも出るのでお楽しみに!入場者特典は謎の厚紙ポスターです、持ち運び辛いのでお楽しみに!

最後のワイルドな歌まで、アマゾンズでした。何より終わり方がすごく「仮面ライダー」作品っぽかったのが何気に感動しました。彼らもれっきとしたライダーだったのです。

2018年劇場鑑賞26作目