彼が愛したケーキ職人の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

「彼が愛したケーキ職人」に投稿された感想・評価

【人生のレシピの話】

おいしそうな香りに誘われて映画館へ。

『彼が愛したケーキ職人』観ました。

「恋人」を不慮の事故で失ったケーキ職人の主人公トーマスと、「夫」を亡くし女手ひとつで息子を育てるアナト。ベルリンの彼とエルサレムの彼女。「同じ男性」を愛したふたりを結びつけたのは、ケーキだった。

トーマスのケーキにはひみつがある。

彼は生地にそっと悲しみを閉じ込める。オーブンで焼き上がる頃にはきっと柔らかい儚さへ形を変えるから。それは、甘い味よりも先に優しい香りを、本当に必要な人へ届けてくれるから。

カフェを営むアナトのコーヒーにはひみつがある。

彼女は悲しみを苦味で誤魔化す。その香りで痛みを紛らわす。そっとミルクを入れたら、消えない傷も柔らかくなるから。同じように喪失感を抱えた人に、寄り添うことができるから。

愛してしまったケーキ。
忘れられないクッキー。
気まぐれに見せかけたエスプレッソ。

人生という名の“お菓子作り”に必要なのは、甘いエッセンスではなく、隠し味の涙なのかもしれない。

鑑賞後、残る後味はケーキのような甘さか、クッキーのような香ばしさか、あるいは、カプチーノのようなほろ苦さか。

ささやかな喜びと涙で、自分にしかできないブレンドを生み出したい。

そんな小さな希望をプレゼントしてもらえる、静かで温かい映画だった。
みさ

みさの感想・評価

3.6
静かで淡々と進むストーリーに少し狂気を感じてゾワゾワしながら観てました。
たぶん私が登場人物たちの気持ちに共感しにくくて、理解できないということへのこわさを感じてたんだろうけど、たぶんこの作品に共感はいらないんだよな。

この作品のその後が全く想像つかない。
some

someの感想・評価

4.0
作中に出てくるケーキやクッキーがとても美味しそう
少ししか出てこないけどパプリカの詰め物焼きもとても魅力的に見えた
トーマスの奥に潜む感情にグッときた
とても綺麗な作品
Rebel

Rebelの感想・評価

3.4
今までに味わったことのない切なさを感じる映画だった。とてもビターな愛の話とは対照的な甘いお菓子の描写が胸をギュッと締め付ける。

映画終盤、トーマス役の俳優さんの泣きの演技が素晴らしかった…。
ケーキ職人のトーマスは口数が少ないけれど、表情の奥に様々な感情を抱えているようで、見終わってからも切なさの名残が消えないような映画でした。
イタイのために作ったクッキーを食べてもらえなかった時の悲しみと悔しみに満ちたあの顔はとても可哀想で見ていられなかったけど、彼の焼き菓子を目当てに客が増え店が繁盛していくのは嬉しかった。
黒い森のケーキのように、可愛らしいケーキやクッキーが彼の大きな手から次々と生まれてくるのを見て、モノを作る人は素敵だと思った。あと、彼の痩せているわけではなくむきむきに絞っているわけでもなく、適度に筋肉が付いていて、少し脂肪が付いている身体つきにはとても好感を持てた。なぜなら彼はケーキ職人なんだから。
takaG

takaGの感想・評価

5.0
追憶と、踊りながらとはまた一味違う素晴らしい映画に出会えた。

愛が深い
rainman

rainmanの感想・評価

5.0
ケーキ、クッキーが美味しそう

主演の2人の演技が素晴らしかった

トーマスには幸せになってほしい
スナ

スナの感想・評価

3.5
2019/6/15 LGBTと信仰の話がかなり深い。同性愛を禁じるユダヤの旦那さんが本当はゲイだったというのがわかることで、彼を愛した非ユダヤの彼と、妻の彼女がショックを受け止めるところから、最後は救いが見えた(96)
funamushi

funamushiの感想・評価

3.9
愛が深い
>|