ラジオ・コバニの作品情報・感想・評価

ラジオ・コバニ2016年製作の映画)

Radio Kobanî

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:69分

3.8

あらすじ

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014 年 9 月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015 年 1 月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。 そんな中、20 歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう…

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014 年 9 月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015 年 1 月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。 そんな中、20 歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす。

「ラジオ・コバニ」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0
シリア紛争にまきこまれたクルドの人々の状況をドキュメンタリータッチで描いた作品です。

日本人と同様に文化的に暮らしていた人々が、紛争に巻き込まれ、難民にならざるを得なくなる。
IS兵士も自分の意志というよりは、戦わざるを得ない状況に追い込まれて兵士となる。

こういう作品を上映されるアップリンクさんに感謝です。
peasuke

peasukeの感想・評価

-
衝撃的な内容でした。

子どもの隣に当たり前のように転がる死体。

瓦礫の下から見つかった頭部をポイと投げ捨てるおじさん。

女性も国を守るために銃を持ちます。

戦争の様子を撮影しているのですが、とても生々しいです。敵を殺して喜んでいる姿にゾッとしました。

やらなきゃやられる。
いつ爆弾が落ちてくるか分からない。
心の体力もどんどん奪われていくことでしょう。

何も知らなかった自分が恥ずかしくなりました。もっと世界に目を向けて学んでいかないと。他人ごととしてすませてはいけない。

訴求力のある映画です。
残酷で目を背けたくなるけれど、多くの人に見てもらいたいな。

点数はつけられないので、このままで。

2018.09.09
ISとの戦闘で瓦礫と化したシリアの街、コバニが復興に向け立ち上がる。肉感的な女子大生、ディバロンが手作りのラジオ局を立ち上げ、人々に復興の息吹を届ける。本作は、兵士として戦死したディバロンの姉に捧げられたものだ。

ディバロンが未来の我が子に向けて戦争の悲惨さを語り出す。実際の街の様子や戦闘シーン、死体フェチが喜ぶシーンなど、迫真的な映像が迫ってくる。ツクリモノではない。映画ではなく本物のドキュメンタリーだ。

残念なことに、ラジオ放送を通じて、コバニの人々に希望や連帯感を与えた感が全く感じられなかった。淡々としすぎている。ドキュメンタリーであるが故だろうか。
戦争に勝者はいません。
どちらも敗者です。
微かな希望
悲惨だ冒頭写る遺体の片付けは目を覆うばかり悲惨だ。
それでも生きる、人間の逞しさ希望、あの日私の心は死んだと呟いた彼女の顔に少しづつ笑顔が戻って行くのが嬉しかった!
メディアでは全く報道されない現実がそこにあった。
miyu

miyuの感想・評価

4.2
遅ればせながら、またまた、京都シネマで見れた。。。

ISによって、破壊されたシリアのクルド人の街コバニ(トルコ国境近くの街)に友達とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組を放送する大学生(ISの侵略で大学には行けなくなる…)のディロバン…
彼女の放送は、街の人に活気を与えていた…

連合軍の空爆によって、ISから街は解放されたが、破壊された街は見るも無残…
空撮から 街並みがズームアップされたら
瓦礫の山…

また、ISの行った残虐な行為は、その爪痕が残り、見るに耐えられない…
あれは、宗教ではない…
子供や女性なども戦闘員にしたり…
斬首したり…(遺体も首が離れている…)

自分の大事な人が、殺害されたら
心がズタボロになるのは、わかる…

ISの戦闘員か???
拘束されていたあのオトコ!
うちに帰りたい…
家族に会いたい…
って…
お金の為に ISに入った…って
何ソレ???
…って 思えた

世界中のいろんなところで
繰り返される戦争や虐殺や圧政…

未来を担うこどもには
平和な世界で生きて貰いたい…

自分の知らないとこで起こっていた世の中の事…
もっと 知りたい!!

明日は、明日で終わる『ラッカは静かに虐殺されている』をギリギリ見れたら良いんやけど…行けるかな😅💦
chan

chanの感想・評価

3.6
戦争に勝者はいない。皆敗者だ。

一瞬にして頭に刻まれたこの言葉を、その意味を理解できれば武器を持って争うことなんてできるはずないのに。。
なんて平和ボケしてる私が呟いても世界は何も変わらないのは分かっているけど
こういう映画やドキュメンタリーが撮られ続けているのは、平和な側の人間に訴えかけているのかもしれない。戦渦に身を置かなければ到底知ることもできない恐ろしさの欠片でもいいから感じなければいけない。忘れても、目を背けてもいけない気がする。

そこにある日常が、いつ壊されるか分からない日常が、当たり前にあることが奇跡で素晴らしいのにそんな日常に文句ばかり言っている自分が情けない。
kamo

kamoの感想・評価

4.0
初めてアップリンククラウドなるもので観てみた。いやこれ便利。行けなくないけど、アップリンクは駅から歩くし、ちょっと遠い。
でもこの映画をチョイスして良かったかは疑問…。パソコンで観るから、自分の顔が映り込んでしまって、現実から抜け出せなかったし、映像と現実のギャップで余計に辛くなった。

遺体捜索の現場が何より衝撃的。普通の映画はモザイクかかるレベル。初めて遺体というものを見た。お葬式以外で。
周りで子供が鼻を押さえながら無表情で無言で見守っているのが何とも言えない。映像では臭いまでは伝わらないから見ていられるけれど(実際には目を逸らしつつしか見れなかったが)、臭いも感じる事が出来たら、たぶん観ていられないだろうし、その場にいられないだろう。ましてはこの映画を観るという選択もしていないかもしれない。

女性兵士がたくさんいる事にもびっくりしたし、戦闘時に笑顔を見せることも衝撃だった。

遺体捜索のシーンがあり、女性兵士の戦闘シーンがあり、それでも毎朝ラジオが流れ、公園で女子トークもする。
私達からは考えられない日常の風景。

自分の中でこれをどう受け止めればいいのか、正直まとまらなくて分からない。
子供へ語りかけるナレーションと、最後結婚式のシーンを見て、未来が平和でありますようにと願う事しか出来ない。
スルメ

スルメの感想・評価

3.5
寝ました
>|