ラジオ・コバニの作品情報・感想・評価

ラジオ・コバニ2016年製作の映画)

Radio Kobanî

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:69分

3.8

あらすじ

「ラジオ・コバニ」に投稿された感想・評価

脳裏に焼き付いて離れない画がいくつもある
ISとYPGの戦闘の映像は恐ろしくてとても観ていられなかった
69分の観る価値のある映像でした
のり

のりの感想・評価

5.0
コバニは、IS に占拠され、壊されたシリアの町。一部解放後、町に戻り瓦礫の中、20歳の女性が、手作りのラジオ局を立ち上げる。町の復興の様子、人民防衛隊の女性戦士の話、音楽での癒しなど
彼女の目線だから、理解しやすい、
「戦争に勝者はいません、どちらも敗者です」
「何故来たのか?何が欲しかったの
か?」
彼女の親友は、女性戦士として戦い、斬首された。
私の感情は死にました、、、
生き残った人は、何故自分は生かされたのか?その役割は?と、問い続けるのだろう
彼女は、結婚し、子供を作り、生きることを諦めず、前に進んで行く、やはり女性は強く、たくましい。信じることを諦めない。
しかし、彼女は今何を信じるのか?
神、人、未来、愛、?

冒頭、IS の死体をショベルカーで、掘り起こす、バラバラになった死体をスコップで持ちあげる、、
スマホの画面で観ただけなのに、今でも目に浮かぶ、その中で、キレイな白く長い足、女性かも?生きていれば、お洒落して、人生楽しめたのでは?

子供を自爆要因として、洗脳するIS
やっぱり、この事実は知っておかないといけないと思った。
それも、貧しさからだと思うと辛い。
Yui

Yuiの感想・評価

3.1
想像よりもドキュメンタリーの要素が強く、シリアの様子がよくわかる映画。
それでも前に進んでいる、大学生の女の子の姿が見れて、ちょっと元気になった。
「戦争に勝者はいない。どちらも敗者です。」

「ラッカは〜」に続き、シリア情勢を題材にしたドキュメント映画を視聴。

ISとの戦闘により廃墟と化した都市コバニに住む大学生のディロバンは友人と共に手作りのラジオ局を立ち上げ「おはようコバニ」のDJを務める。これは彼女の視点からコバニの復興を描いたドキュメンタリー。

確かにYPGなどにより、ISは一層された。しかし占領、そして奪還の為に生じた犠牲は尋常ならない。

瓦礫の下から出てくる頭部を失くした遺体。ISに捕らえられ切断された若者達の遺体だ。その遺体を瓦礫と共に処理する生き延びた者達。その横で子供達が平然と遊んでいる。想像し難い。

この光景やラジオ解説の経緯を見て、東北の地震が脳裏をよぎる。


今日もコバニの人達は明日の「おはよう」を言う為に日々を頑張って生きている。
ドキュメント、大学でみた。日本ではありえない光景だった。
peasuke

peasukeの感想・評価

-
衝撃的な内容でした。

子どもの隣に当たり前のように転がる死体。

瓦礫の下から見つかった頭部をポイと投げ捨てるおじさん。

女性も国を守るために銃を持ちます。

戦争の様子を撮影しているのですが、とても生々しいです。敵を殺して喜んでいる姿にゾッとしました。

やらなきゃやられる。
いつ爆弾が落ちてくるか分からない。
心の体力もどんどん奪われていくことでしょう。

何も知らなかった自分が恥ずかしくなりました。もっと世界に目を向けて学んでいかないと。他人ごととしてすませてはいけない。

訴求力のある映画です。
残酷で目を背けたくなるけれど、多くの人に見てもらいたいな。

点数はつけられないので、このままで。

2018.09.09
ISとの戦闘で瓦礫と化したシリアの街、コバニが復興に向け立ち上がる。肉感的な女子大生、ディバロンが手作りのラジオ局を立ち上げ、人々に復興の息吹を届ける。本作は、兵士として戦死したディバロンの姉に捧げられたものだ。

ディバロンが未来の我が子に向けて戦争の悲惨さを語り出す。実際の街の様子や戦闘シーン、死体フェチが喜ぶシーンなど、迫真的な映像が迫ってくる。ツクリモノではない。映画ではなく本物のドキュメンタリーだ。

残念なことに、ラジオ放送を通じて、コバニの人々に希望や連帯感を与えた感が全く感じられなかった。淡々としすぎている。ドキュメンタリーであるが故だろうか。
1日1日を大切に過ごす
なんて綺麗事では表せない気持ちになる。
何も知らなくて、恥ずかしい。

戦争に勝者はいません。
どちらも敗者です。
微かな希望
悲惨だ冒頭写る遺体の片付けは目を覆うばかり悲惨だ。
それでも生きる、人間の逞しさ希望、あの日私の心は死んだと呟いた彼女の顔に少しづつ笑顔が戻って行くのが嬉しかった!
メディアでは全く報道されない現実がそこにあった。
>|