天才作家の妻 -40年目の真実-の作品情報・感想・評価・動画配信

「天才作家の妻 -40年目の真実-」に投稿された感想・評価

めめ

めめの感想・評価

4.5
ハラハラドキドキではないけど、しみじみ観れる作品

パートナーと長くいると共感できる台詞が沢山

また10年後に見たら、感じ方が変わってそうだなと思う
よしの

よしのの感想・評価

3.0
劇場鑑賞
ト影

ト影の感想・評価

3.7
ジョーは0を1にするのが得意な人。
ジョーンは1を100にするのが得意な人。
お互いがお互いの苦手な部分を補う関係だったはずなのに、お互いに不満を持っている。
でも壊す訳にはいかなかったし、お互いを必要としていた。
依存していたという言い方の方が正しいか?

それにしても、グレンの奥底でフツフツと何かを抱いている様な演技、ギリギリの精神を保っているような演技が素晴らしかった。
Eri

Eriの感想・評価

3.8

グレンクローズの演技に最後まで引き込まれました🥺

夫のゴーストライターとして生きてきた妻。
受賞しても表舞台に立てない妻と自分の才能がないことを痛感しながらも表舞台に立つ夫。40年もの年月、お互いに愛がなければこんな関係は成り立たない。結局はお似合いの2人だったのかなぁと思ってしまいました🤔

夫の名誉を守ろうとしたラストまで素敵でした✨
moon

moonの感想・評価

3.0
観る前から、多分そういう事だよね?と推測がいく話なのだが、グレン・クローズの表情で語る演技に引き込まれて行く。発端はノーベル文学賞受賞。夫婦で望み、協力して来たはずなのに、それが叶う辺りから2人の気持ちに綻びがで始める。影として生きてきた妻の気持ちは容易に理解できる。結果論だが時代に立ち向かえ無かった弱さの後悔がある気もする。光を浴びている夫には夫の屈折した心理もあるが、40年間そうやってきた夫婦だから、あちこちに複雑な憎しみと愛情が散らばっているけれど、一時的な怒りや感情では解決出来ない情もある。これどう収集する?と思っていたら、、。この結末でなかったら妻はこれからの人生、生き辛くなってたかも。機内で心の重荷が取れたような表情をしたような気がしたのは、気のせいだろうか?
Shun

Shunの感想・評価

3.3
グレンクロースの表情の演技
eriiko

eriikoの感想・評価

3.5
浮気癖があり妻が書いた小説で脚光を浴びてきた夫。才能がありながらも女性が書いた本が読まれない時代に夫の代わりに書き続けた妻。

一見夫を責めたくなるが、夫も自分の才能のなさを突きつけられながらも男らしくいなければいけないプレッシャーと闘ってきた。妻が怒りを爆発させるシーンは胸が痛いが、愛する子や孫も生まれて長く過ごしてきた"情"がどうしても捨てきれない様子がリアルだった。

ラストは世の中にわざわざ公表する必要はない、これは家族の話さえ分かってくれれば良いという気がした。
西ム

西ムの感想・評価

-
なんとなく納得いかない話。
だけど最後に結局そうなるか。
という、感じ。

話はそこそこだけど、やはりグレンクローズの演技は上手い!つい引き込まれる。
>|