ジャングルの掟の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ジャングルの掟2016年製作の映画)

La Loi de la Jungle/Struggle for Life

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:99分

3.9

あらすじ

「ジャングルの掟」に投稿された感想・評価

はろぅ

はろぅの感想・評価

2.0
柔らかバージョン地獄の黙示録。
1853Perry

1853Perryの感想・評価

4.2
結構なB級映画。芋虫ダメな人にはアレだけど、わたしには夜のジャズはとてもロマンチックだった。マケーニュ本当好き。性的な意味で好き。セクシー。あの胸毛の横で目覚めたい。マチューが出てくるだけでワクワクする。
さや

さやの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

森は2つのものしか与えぬ 死と忘却だ


『La loi de la jungle』
ジャングルの掟。
監督は『7月14日の娘』のアントナン・ペレジャトコ。
キャストは『女っ気なし』のヴァンサン・マケーニュ。
『アイム・オール・ユアーズ』のヴィマラ・ポンス。
『007 慰めの報酬』のマチュー・アマルリック。


【あらすじ】
㌢㌧㌢㌧


私はこの映画に言いたい。
ふざけるのも大概にしろとなァ!!!(この発言に何故か罪悪感を抱いてしまう今日この頃)
もう全編通して品がないです。下品コメディです。
えっ?まさか舞台がジャングルなのも下ネタなの?
壮大なジャングルの中じゃいくら生えてても大したことないんだぜ的なメッセージが込められてたんでしょうか(浅読み)
全く下衆な映画だぜっ!!!

どんな映画かと言いますと、健康状態から2分で瀕死になり、その2分後にセックス、更に2分後にはセックスもしていなければ瀕死ですらないという状態で何を言っているのかわからねーと思うが、私も何を見ていたのかわからなかったんだよ(迫真)
7分だけのつもりが、かれこれ90分コースさ。恐ろしいもの(遅漏)の片鱗を味わったぜ…

ふざけ通してる一作。
それなりには面白いのですが、思いついたギャグを片っ端から詰めこんでるだけの低品質な作品ですので、監督が大きな一発でも当てない限り、埋もれるのが末路でしょうね。前後の流れを無視し、唐突に挟み込むものが殆どなので、次第に飽きること間違いなし∠(゚Д゚)/
『ジャングル・ブック』と称して子どもに見せるのもなしよりのありだと思います。
しゃ、社会勉強ですよ(建前)
結論: ㌏㌧㌰
(同作品が2つ登録されてるのでこちらにも記録)

マケーニュさんギアナ珍道中。マチューはおかしな役で登場するし、ヒロインの身体能力高いわで、マケーニュさんのあたふた小動物ぽさ際立つ。なんかかわいいんだよこのマケーニュさん。小ネタもいちいち楽しくて声だして笑っちゃった。こーゆーかっ飛ばしてるフレンチコメディ楽しい
なすび

なすびの感想・評価

5.0
これけっこうぶっ飛んだ話で好きだったんだけど最後まで見れなかったんだよなぁ

マチューアマルリックのヤバさがヤバイ

主人公のダサさもいいしヒロインの健康的なセクシーさもたまらん
めちゃ面白かった!!!
ちょっとこの監督さん追って行くことにする!『ヒャッハー!』に比べたら爆笑レベルは劣るものの、まさに映画が持つ本来の喜劇というものを見せてもらったら感じ。単純に雰囲気コメディのところあるし、ちゃんと風刺で笑いも取れてる。結構真剣にdvd欲しい。
wkn

wknの感想・評価

4.4
面白かったこれー!説明できないけど感覚的に好き。ドタバタ劇には苦手なものも多いけど、リズムが珍しく自分と合った感じ!耳に残る大胆なテーマソングや編集の思い切りの良さのおかげでダラつかずサクサク進んで心地良い◎今さらヴァンサン・マケーニュにハマりそう。マチューも思ったより出てて嬉しかった!やっぱり大好き。全体的に俳優の声がハイトーンになってるのは意図的?このver.で入ってきたのかオリジナルなのか。。(myFFFで鑑賞)
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2018.3.18 青山シアター

ジャングルの狂気によって笑いのタイトさが弛緩してしまうスクリューボールコメディ的な後半の失速はやや微妙だが、ナンセンスギャグとスラップスティックコメディの異様な塩梅によってあらゆるものを破壊しまくる斬れ味鋭い前半部のテンションは本当に面白い。冒頭のフェリーニオマージュも最高に謎だし、ジャングルでの動物を使ったギャグはハワード・ホークスにも負けてない。
yuko

yukoの感想・評価

2.5
2018.2.26 青山シアター
myFFF2018