ayumi

永遠に愛してのayumiのレビュー・感想・評価

永遠に愛して(2016年製作の映画)
3.9
アルビノの少女リリの恋

女性監督によるシュールなラブストーリー(ちょっとグロめ)

オリジナリティ、世界観、展開、結末…素晴らしい

謎めいた母、庭師の設定がいい

美術、照明の色づかい、そして衣装がフランス的というか女性監督らしいというか、とにかく素敵

リリが恋するリエスの父のシャツとネクタイや母の赤い水玉のワンピース、リエスの正装、母親のアクセサリー、リリのダッフルコート、水色の靴、パジャマ、グリーンのリボン、花柄のスカート、モヘアのカーディガン、レースづかいのドレスなどなど

繰り返し見てしまった

リリのキャラクターが絶妙で、ドレスと共布のレースのマスクなんか、世界で似合うのはこの子しかいない気がする

そして余韻を残すラストシーンの表情が見事


冒頭、リリがのぞきこんでいるローライSL66にはフィルムマガジンが装着されていて、撮影したあとポラロイド、しかもピールアパートじゃないのをヒラヒラっておかしいのだけど…作品がいいから許せてしまう

Tonight You Belong to Me / Patience and Prudence ver.