EnoTaka

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドのEnoTakaのレビュー・感想・評価

4.1
やっと観れた。ポスターがすごい欲しかったのに、前売券買ったら付いてくることを知らず逃し、なかなか予定が合わなくてIMAXの先着特典のポスターも逃し、非常に悔しいです笑。映画は確かに面白かった、面白かったんだけど自分は期待してたイメージではなかったかな。すごく期待してたから、圧倒的に格が違うような映画であって欲しかった。せっかくタイトルもいいし、日本にしては珍しくタイトルをいじらずそのままカタカナにしててセンスあるなと思ったのに笑。せっかくキャストもいいし、世界観も完璧なのにイマイチそれを活かしきれてない感じがした。ほとんどディカプリオとブラピしか映ってないから、60年代のハリウッドはこんな感じだったんだっていうのを映画業界、テレビ業界全体の視点として描いて欲しかった。正直ぼくはこの2人の物語よりも、「60年代のハリウッドが舞台」っていうところに魅力を感じていたから少し残念。ブラピが夜のハリウッドを車で走るシーンはその世界観が感じられてすごい良かった。あとは、前から言われていたけど、やっぱりマーゴットロビーのシーンとセリフが少ないと思う。すごく魅力的なキャラクターなのに勿体ない。ここまでの意見は、いい作品だったけど更に欲を言えばっていう話であることを分かって頂きたい笑。ラストはなんかすごく良かった。自分的には好き。でもせっかくならガッツリあの事件を関係させても良かったと思う。思ったよりあの事件については描かれてなかった。正直知らなくても大丈夫なぐらい。あと音楽はすごく良かった。