ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドのネタバレレビュー・内容・結末

上映館(10館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

人生で初めてタランティーノの映画を映画館で観た。その映画がこれで、本当に嬉しい。

元になった事件の前知識があったのでいつそれが起きるかとハラハラしたけどハッピーエンドだったのですね、優しくて平和な世界がそこにはあった、パラレルワールド。

自分がヒッピーが好きすぎて、ヒッピーに感情移入してしまい、作中でヒッピーがネガティヴに描かれることに悲しみを覚えた。私は何なの?

ブラピとレオ様という私の青春を捧げた王子様二人の共演、映画館のスクリーンで観られてババアは本当に嬉しいです。やっぱり死ぬ前に二人に会いたい…どうにかして、、会わせて神様…
二人は何してても格好いいし太ってもおじさんになってもお腹出た写真がパパラッチされても、それでも格好良いし好き!
前半はうとうと寝ました。
しかし、後半はどんどん面白くなっていく。
クライマックスはディカプリオの反撃にふいいぞー!っと興奮したり、笑ったり。
タランティーノ映画で初めて笑った映画。
シャロンテート事件を全く知らずに観たので、実際の事件のことを知ってびっくり。
結果的に観てよかったと思える映画。
タバコが似合いすぎる🚬かっこいかっこいかっこいい。。。

プールであれ何て言うんだろう火が出るやつで燃やすとこ面白い、
正直最後の暴力シーンはいらんと思うが、ディカプリオと少女との会話と、その後の演技は、人生曲がり角グループとしては共感。タイタニック以来、ディカプリオの映画観てないんじゃないかと思うけど、ええ俳優さんだなあと今更。
この映画の世界ではシャロンテートが生き残っている
なに見せられてたのか…。
予備情報あったんやけど予備情報が断片的だったので思ってたのと違うかった。
シャロンテート殺されると思うやんなぁ。

これ、見てる人はみんなそういうの分かってみてたのかな?知らなかったの俺だけ?

逆に何にも知らないで見てたら、なにを見てたことになるんやろ。落ちぶれかけたおっさん俳優と親友のスタントマンの友情もの?
にしてはノイズがおおいやろ。

回想シーンを分かりにくくインサートしたり、想像のシーンを入れたり、架空の映画の話をいれたり本当の映画の話をいれたり、この映画の現実のラインをゆらゆらさせることで、ここと現実の差もゆらゆらしてきそうな(しないんだけど)。

っていうかパラレルワールドものか。そだな。ディカプリオ(がやった役の人)とブラピ(がやった役の人)が、いた時間軸では、シャロンテートは死にませんでした、と。

まあなんというかけったいな映画でした。かなりマニア向けな気がするけど、いっぱい入ってたなぁ。
面白い!

です。

まず第一に1969年ごろのBGMが気持ちいい。車のシーンでは必ず音楽がかかりますが、それがどれも最高です。

悲惨な事件をテーマに描いていますが、ラストは現実とは異なる展開ですがタランティーノらしいバイオレンスはしっかりあります。

エンドロールのコマーシャルを演じるディカプリオも最高です。
最後のビルが崩壊しながら流れるピクシーズはさいこう
初のタランティーノ映画。
クライマックスの殺戮シーンとか、意味不明過ぎてダメだった。
ブラピ×ディカプリオの豪華W主演で楽しみにしていたのに、途中寝てしまった。
あまり内容も覚えていないのでディスク化されたら再見したい。
マンソンファミリーという予備知識がなかったので楽しみにきれなかった
>|