ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(10館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

api

apiの感想・評価

4.8
ジャパンプレミアにて鑑賞‼️

最初から最後まで最高でタランティーノ監督の愛がたくさん詰まってました…
彼の映画を観ると、自分の中に眠っていた感性を覚ましてくれるような感じがします!
この時代の音楽、映画、背景は本当に素晴らしいんだと疑似体験させてもらいました!彼が作り出す映画は私の性癖をもろビンゴしてくるので彼は私にとって大好きな監督となりました!この時代に行ってみたい…

ストーリーはまんまと騙されました!ラスト13分という見出しは気に食わなかったですが、最初から最後までほんと大好きでした!王道の会話のシーンも面白かったです!でも、やっぱりレオ様✖︎ブラピのコンビは最高でした!しかも、真反対の性格がなんとも痺れました!なんといっても、ブラピの役がたまらなくかっこいい!これはブラピに惚れる映画間違いなし!あと、犬ね笑笑
名演技すぎた笑笑
他にも、マンソンファミリーの人達の演技の上手さ笑笑
黒髪の女性の怪演が素晴らしかった…
のんきな映画
momotaro

momotaroの感想・評価

3.8
・約160分、飽きることなく完走。
・お伽話の結末は...そう来たか〜!
ロッゴ

ロッゴの感想・評価

5.0
クリフ・ブースとかいうクソ魅力的なサイコパス

強い・優しい・かっこいい・仕事できる・リックの言うこと何でもきいてくれる・喧嘩はブルースリーより強い・話がめっちゃ合う・服がおしゃれ・容赦なく人を殴る

終始こんなチート奴がずっと視聴者(≒リック)のそばに居て味方でいてくれるの、頼もしすぎて最高じゃないですか…ブラピ全く興味なかったのに好きになってしまった

リック・ダルトンはダメな奴になりかけてるけど根はすごく真面目でいい奴で こんな(ボコボコに折られかけてはいるものの)真っ直ぐでキュートな人が主人公ってのもタランティーノ作品では珍しい気がしました リックの会心の演技にもらい泣きしてしまった 大好き…
二人、ずっと友達で居てくれたらいいな


あと、毎度のことながら誰かさんのタマが犠牲になったり、グリーンホーネットの話が出てきたり(ミスターKato...)、色々とご褒美が多くて嬉しかった
ガロン

ガロンの感想・評価

4.0
事前情報は入れておいた方がより楽しめる。事前情報なくても往年のハリウッドの雰囲気が楽しめる。観客を不安にさせる演出からブラックユーモアで落とすところがすごい。タランティーノの他の作品も観なくては。と思わせる作品。
moto

motoの感想・評価

5.0
フィルムの見切れた先からも漂う映画臭。
もうわんさかな映画らしさ。

どの時代にもいる達者な子役、落ち目の悪役、駆け出しのテート。
映画館やスタジオでの満足気な顔。というか映画に携わる三者三様の喜び。
特にテートの映画館シーン好きだな。
悲劇の象徴じゃなく、ささやかな映画人、その喜びを感じる1人として描くところがなんとも。
ゴーゴー夕張の名前聞いた時にも思ったけどタランティーノの粋で熱い図らいが好きだしこれからもニヤニヤしていたい。劇場映画としての監督引退…反対。

トレーラーハウスでの雑な食事支度。
アルパチーノよりもツメ跡ならぬキバ跡を残す犬。
ギルバートグレープの号泣から26年。
熟成された泣きっ面のレオ。
アメ車にブラピ。
行儀の悪い女の乗り上げた両足。
酒とタバコの映し方よ。

妄信的に事件を起こした集団やその史実に対して映画愛でボコる最高のおとぎ話。

もしくは、だったかもしれないよな、人生は。
これが初のタランティーノ作品。
(ど、どこを味わったらいいのかわからない…!)

一番印象的なのは女の子の脇毛。

ブラピが動くたびにハラハラする。事件が起こりそうな気配がする。

火炎放射器はフィクションの中だけにしてくれ。
コブラも観たし、事前にシャロンテート事件も調べたし、タランティーノ作品(1部だけど)鑑賞しました。

しかし残念ながらIQ3の私は「すごーい!オモチローイ✨あ!あの子可愛いーー!アクションシーンサイコー🤪🤪!!」としか思えませんでした😇
yuya

yuyaの感想・評価

1.0
わけわからん
映画の夢を体現した作品
シャロンテート事件について詳しく知っている方が楽しめるから事件のウィキペディア見ておこう
ただし絶対にこの映画のネタバレは見ないように

ハリウッドで落ち目の俳優とスタントマンの友情物としても面白いし、カメラワークが最高すぎる。長回しかつ退屈そうな景色シーンもこのカメラワークで常に惹きつけられる
長い上映時間があっという間に終わる

本作はタランティーノに騙されたと思いながら実はいつものタランティーノ作品と変わらないのもビックリ
正に集大成とも言える映画
>|