ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(285館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

面白かった!
タランティーノらしい作品ですが良く出来てます。
2時間40分の長さを感じさせない面白さです。ドキドキ感もすごい。
ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターをうまい具合に融合して、当時の実際起こったシャロン・テイト殺人事件と絡ませて描いたところが斬新。
シャロン・テイト事件をザックリ予習してこの映画を観たほうがより楽しめると思います。
私の中ではシャロン・テイトという人はよく知らない女優さんでポランスキーの元奥さんで妊娠中に殺害された、ということくらいでしたが、Margot Robbie演じるシャロンという人は、ほんとに優しくて美しくとても素敵な人でこんな人があんな悲惨な目にあったのか!と映画を観て驚きました。
タランティーノのインタビューでも、シャロンの当時の資料を調べても天使のような人だったという記録しか出てこなかったそうです。

それはともかく、ディカプリオはやっぱりうまいんだなー!
ひたすらうまいなと唸ってしまった。
ちょっと落ち目の俳優を演じてますが、実にチャーミング。そのスタントマンで友人役がピット。スタントマンという役柄か身体も鍛えていて、サービスショットなのか何なのか上半身裸のシーンもあります。
タランティーノ映画だけに若干クドいシーンもありましたがエンディングも秀逸です。
途中結構グロいですが後半のほう。しかしタランティーノ全開!で良いと思います。ここ数年のタランティーノ作品の中では一番好きです。
シュウ

シュウの感想・評価

3.5
意味があるようで意味ない会話。
意味なさげなシーンの連続。
これらが、この映画を長くしてるのは間違いない。

でも、やはり一々スタイリッシュでカッコいい。

バイオレンス要素はやや低め。
YunaTomoe

YunaTomoeの感想・評価

3.9
そーいう展開!斬新だった〜
misaRY

misaRYの感想・評価

5.0
あ〜もうタランティーノ監督〜!!ラブ!!
ってもう監督への愛が止まらなくなるくらい
本当に最高の映画でした!!
これこそ映画!!これこそエンターテイメント!!って感じで
全く飽きない2時間40分でした!!
.
この作品を見る前に、
シャロンテート殺人事件についてきちんと予習しておくことを
心の底からオススメします!!
もちろん予習しなくても楽しめると思うますが、
きちんと知っておいた方がより作品を楽しめると思います。
私はめちゃめちゃ予習をしていた結果、
とても楽しむことができました!!
最後の20分くらいひたすら笑いが止まりませんでした!
映画史どころか歴史まで変えてしまったタランティーノ監督、
本当に最高です。
.
グロいの苦手な私でも今回はけっこう平気でした!!
むしろ清々しかったです!!
タランティーノ監督の描いたハリウッドの昔話、
本当に最高。
.
にしてもディカプリオちゃん(44歳)がすごくかわいかった。
喜怒哀楽がすっごい豊かで映画が終わる頃には彼のこと
大好きになってた。
長尺の割には登場人物が少なくてその分
1人1人のキャラクターに愛着がわいた。
ディカプリオちゃんとブラピの友情も
映画ファンからしたら激アツだよな〜
2人が同じ画面にいること自体激アツなんだよな〜わかる。
ano

anoの感想・評価

3.6
ブラピの献身的な支えぶりがカッコいい!
皆さんのレビューにあるように映画好きにはきっと堪らない要素の詰まった映画なんだろうなの思いつつの鑑賞でしたが、あまり詳しくない私には一昔前のアメリカの雰囲気を楽しめる映画っ!という感想ですっ。
ブラックユーモアなど楽しかったですが♪

にしても最初ブラピとディカプリオが同じ顔に見えたから不思議(笑)
憚り

憚りの感想・評価

4.0
タランティーノ映画で最も好きなシーンは何かと問われれば、『パルプ・フィクション』のオープニングを挙げる。ティム・ロスとアマンダ・プラマーのキス→咆哮→”ミザルー”の流れではない。その前だ。強盗の計画を語るロスが拳銃を取り出す際の、過剰に強調されたピストルとテーブルの接触音。実態からかけ離れた質量感。今まさにシゴトを為そうとする二人の緊張と高揚を見事に表現したこの演出には、タランティーノの映画的誇張に対する信頼とリアリティから逸脱することへの躊躇のなさが透けて見える。

久しぶりにジャンル映画への執着から解放された本作にも、作り物めいた表現が散りばめられている。例えばディカプリオが鏡に向かって怒鳴り散らすシーンで、虚像の目線が観客と正対するのは到底現実的ではない。ただ、これが映画である以上、圧倒的に正しい表現であるのもまた間違いない。
演出面においてもフィクション>リアルの構図を崩さないからこそ、妄想で現実を塗り変えるという余りにも幼稚な脚本に感動する。タランティーノが。犯罪の素人であるマンソンファミリーの犯行は間抜けでなければならないし、ディカプリオとピットの反撃は鮮やかでなければならない。たとえスリラーとしての魅力を損なうとしても。

(追記)
終盤のナレーションが物語の圧縮に寄与していないという意見もあるようだけど、単に実録犯罪映画のオマージュな気もした。カタストロフへの前振り。
タランティーノ監督でブラピとディカプリオがW主演の時点で、俺がこの映画を嫌いになる理由などなかった。最高にイカした映画。

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞メモ


長い〜けど…ショートなストーリーが次から次へと展開されるから飽きさせない。
なかなか見応えありの楽しい映画!
でも もっとカットできるとこあったんちゃう?タラ監督〜
当時のハリウッドや音楽を知ってるともっと楽しめるんやろね
デカプリオもプラピも名優!
全く違う2人 いっきに好きになったわ
デカちゃん 半年後のシーンではマジで太ってた。すごい役作り!
シャロンテート事件 予習しといたけど…まさかの展開!そうくるか〜
ラストでシャロンテートの声や姿で泣けたんやけど…事実がこうだったらよかったのにね。
ブルース・リーを若干バカにしてない?
西部劇の子役 いい芝居するなぁ。実在する女優さん?その後活躍したんかなぁ?
エンドロールにイカす演出。めっちゃわろた!
エンドロールがあっという間に終わっちゃったって感じ
実話とフィクション うまく交差してたね。
シャロンテート役や ヒッピーのプッシーキャット 可愛い女優さんやん
>|