ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(284館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

前半、ドラマ的起伏のないシーンが続くのだけど、69年のハリウッドと3人それぞれが十分に魅力的。

それまでドラマ的起伏がなかったことと、マンソンがなにをやったかを知っているが故にクリフが牧場に来たシーンがすごくスリリング且つスカッとする。

近年の、歴史上の弱者を助けて悪者を映画の中でボコボコにするももちろん。
Junpei

Junpeiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

この作品の凄いなという点は自分は3つ挙げたい。
まずディカプリオが「役者」を演じるという点である。役者本人の演技もあり、役者として他の役を演じるという二重の演技もあり、彼の演技力が垣間見れた。次に細部にまで渡るフェテシズムのレベルまでのこだわりである。特に物語で言及される訳でもないのだが、徹底的なこだわりがこの作品の醍醐味である。例えば夜になり、ハリウッドにある店々のネオンの光出す音であったり、子役の女の子が実は二人(おそらく双子)だったりと何度も何度も観直さないと気付けない点が多い。そして1969年のハリウッドという「事実」にリックらの「虚構」を如何にねじ込むかという点である。リックとクリフは架空の人物だが、その埋め込み方がとても良かった(『大脱走』のシーンはとても笑った)。最後のシャロンテート殺害事件を事実を捻じ曲げての逆襲は、タランティーノにしか描けないし、彼なりの意思表示なのかもしれない。
がく

がくの感想・評価

3.8
古き良きアメリカの、ハリウッド黄金時代をとても忠実かつ鮮やかに彩っていた。もちろん私はその時代を経験したわけでもないしそれ以前に日本人なわけだが、60's独特の空気感、音楽、看板、ファッション、そしてヒッピーカルチャー、何もかもが魅力的で、ぐっと映画に引き込まれた。
もちろん主演2大スターの芝居にも圧巻の一言。かっこ良すぎる。特にブラピのアンテナ修理シーンは永久保存レベルなのではないか。男の私から観ても、あのシーンだけで2時間見入ってしまうほどのカッコ良さであった。
リリカ

リリカの感想・評価

3.7
190916
平成生まれの私にはついていけない部分もあったけれど、面白かった!
レオナルドディカプリオのたばこの吹き方好きだな〜🚬
kirii

kiriiの感想・評価

3.5
ピットブルになってブラピに飼われたい、、、、
1番好きな俳優
レオナルドディカプリオ主演
前作レヴェナントから3年半ぶり。
ものすごく楽しみにしていた
今作品を自分の誕生日に
そしてはじめてのIMAX
池袋のグランドシネマの
大スクリーンで観れたこと。

ブラピも素敵だったなぁ。ポツリ
Ryoji

Ryojiの感想・評価

3.6
久々のタランティーノ! 彼の作品は何か懐かしさを感じさせる。歳が近いせいかな。
各々の作品の下敷きにある往年の名作や時代背景が透けて見える。

話にはまったく関係無いが、チラっと写ったアルミ製の製氷皿に感激してしまった!笑笑
>|