ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価・動画配信

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

前半、ドラマ的起伏のないシーンが続くのだけど、69年のハリウッドと3人それぞれが十分に魅力的。

それまでドラマ的起伏がなかったことと、マンソンがなにをやったかを知っているが故にクリフが牧場に来たシーンがすごくスリリング且つスカッとする。

近年の、歴史上の弱者を助けて悪者を映画の中でボコボコにするももちろん。
おもしろかった~

序盤はレオ様が「嘘でしょう」ってくらい可愛くておもしろいし
ブラピは本当にかっこいいし
後半はレオ様が「嘘でしょう」ってくらいダサくておもしろいし
ブラピは本当にかっこいいし

あと、小ネタはたぶん半分も解らなかったので、色々観てから、また観たいな!
主役の座を奪われつつある西部劇スターとスタントマン、映画産業。そんな予め「終わっている」存在が、69年という時代の終わりを象徴する「点」へ向かう。スランプを脱したはずのリック・ダルトン、スクリーンで輝こうとするシャロン・テート、偽りの家族を信じるマンソン・ファミリー。ハリウッドで明日も続くはずだった彼らの夢は、未来の77年で歌われる“ホテル・カリフォルニア”によって終わりを予言されるのだ。
マッチョな時代の汗臭さ、アル・パチーノとディカプリオが同じ画面にいる暑苦しさ、タランティーノの映画愛…始まりはこってり脂ぎって胃もたれしそう。ところが、本編は意外にも淡白。脚フェチは相変わらずだけど、得意のダイアローグよりも余白が多く、場面や実在の登場人物が入れ替わり立ち代わり、サラッとしたスケッチが続いていく。スターは享楽に溺れるでもなく地味、ディカプリオの熱演さえ劇中演技内演技という枠に落とし込む。恐らく、すべてはこれから起きる事件の前フリ、嵐の前の静けさ…。
けれども最後まで軽いタッチで、結局「それ」は起きず誰も何も終わらない。いや、タランティーノが用意した「改変」は予想通りだったのだが、そこをとっておきのクライマックスとして盛り上げるカタルシスすらなかった。センチメンタルな終焉でもなく、甘い幻想というほどでもなく。ただ映画看板に描かれたままの、もう一つの虚構が存在するだけだ。邪魔者は追い出され、この門を潜れるのは選ばれし星だけ。かくして楽園は守られた。
ブラピ演じるスタントマンのクリフは、名声や夢でなく自らの身体を信じるアウトサイダーだ。車はダルトン所有だし、去るのも救急車。そんな彼は身代わりの身体でもって門の内と外を行き来できる。言わばドリームランドの鍵を持ち、この虚構世界を司るのがクリフだった。そして所詮芝居であるダルトンと違って、彼はリアル西部劇を生きている。自分こそが全能の夢なので、演じたり夢見たりする必要がない男。夢の中で生きたいダルトンが離れられるはずもない。
ある意味、ハリウッド映画もカルト・コミューンも「全能」である。そこでなら何でも思い通りになる。タランティーノがやってみせたように。
とはいえやっぱり、現実を知ってる上だと複雑な気分…。あと、自分にはどうしてもディカプリオが西部劇スターに見えなかった。それよりもスティーブ・マックイーン。よくあんなに似せたもんだ!
noy

noyの感想・評価

-
面白かった………
前半2時間10分はこれといって笑うところもなく、レビューは「面白くなかった」と「全然面白くなかった」どっちがいいかな…と考えながらのラスト30分、いや面白かった……また観てしまうと思う
いやしかし本当に序盤長かったな…
ブルースリーの描写は全然許せない
とも

ともの感想・評価

3.8
ディカプリオとブラピの共演が魅力の1つとして推された映画やけど、見てるとまじでこの2人最高さを感じる笑笑

もうとりあえずディカプリオが可愛い
頑張ってるのにできない自分に怒りながら泣いちゃう姿に応援してしまうし、
落ち込んでるディカプリオをブラピがすごい包容力で支えていくのがもう夫婦
まじでずっと見てられる

と思ったらラストにタランティーノ節炸裂してて一気に持っていかれた笑笑
実話ベースやから予習していったけど、あの展開は、、、
ばんび

ばんびの感想・評価

3.2
最後は笑っちゃうほどタランティーノっぽかったが、それまでが冗長でこれらのエピソードはどういう意味があるんだろう?と考えずにいられなかった。
ディカプリオとブラピでなかったら退屈に感じてしまったかも。

あとでシャロン・テート事件が基になっていると知って見方が変わった。
歴史を改変して描くことで、現実を克服するという狙いを知ると色々合点が行く。
物語の中くらいは救いがあってもいいはずだ。
レオナルド・デカプリオとブラッド・ピットが並んでるだけで画の力が物凄く、とても興奮した。この二人による夢の共演がなかったら、160分の長尺かつスローテンポで、しかも終盤まで事件が起こらない本作は途中で飽きてしまう人もいるかもしれない。二人の絶妙な掛け合いはずっと観ていられる。

映画を鑑賞した後に知ったことだけど、本作は実際の事件をモチーフにしているらしい。これはアメリカでは非常に有名な事件だということが分かると、本作の構成も腑に落ちる。日本人の僕からすると妙に間延びしたように感じられた時間感覚は、凄惨な事件を終着点にして逆算された時間で、いわば「焦らし」のようなものだろう。つまり、アメリカ人にとっては極限的なサスペンスが最初から担保されていたわけだ。

ただし、実際の事件とは結末が異なる。本作の結末は、いわばクエンティン・タランティーノによるマンソン・ファミリーへのリベンジである。終盤まで珍しく監督の代名詞であるバイオレンスが息を潜めていたが、要はリベンジのために温存していたのだ。

ところで、本作にはもう一つのリベンジが存在する。それは、落ち目の俳優リックと、スタントマンのクリフによる映画人としてのリベンジである。二人は終盤で「悪党」であるヒッピー集団と対峙し、奴らを「ヒーロー」として成敗する。落ち目だった彼らはさながら第一線のハリウッドスターのように活躍するのだ。そこには、「映画やテレビで殺人を教えた業界人が悪だ」と吐き捨てるように言ったヒッピーに対して、「これがエンターテイメントなんだよ文句あるか」という監督の反論がうかがえる。そして何より、ハリウッドはまだまだこれからだという宣言のようにも思える。

以上のように、本作はハリウッドによる二つのリベンジの物語だ。なぜ超大物俳優による共演が実現したかと問えば、それはおそらくハリウッドのリベンジは、ハリウッドを代表する者によって成されなければならないからだと思う。結果的にすごい映画を観ることができて満足。
mada

madaの感想・評価

4.4
8歳の子が好きすぎる

レオ様とブラピ最高だしスッキリした
MiA

MiAの感想・評価

4.6
最後笑いすぎて死ぬかと思ってしまった。最高すぎてたので全部OK(爆笑)
レオ様がヒッピーたちに車のエンジン?音でキレる所本当に息吸えんくらい笑ってしまった。本当にそこがお気に入り。1番好き。
私にはまだ勉強が足りていないので、本当の意味で楽しめた訳ではないと思うけれど、20代前半の私が見てもゲラゲラ笑ってしまった。ただただタランティーノ監督の映画への愛を感じた。色んな場所に沢山の意味がある。堪らん。
また勉強を進めて、もっともっとこの映画を理解して楽しみたいなと思う。シャロンテート事件のことを知らない方は恐らくマストで予め調べた方が良いかなと思う。私はちなみにめちゃくちゃ検索して調べて覚えて脳にその事件をぶち込んでから見ました。(勉強足りなすぎる)そのシャロンテート事件が起きるまでの話だから、どう主人公の2人がその事件に絡んでいくかっていうお話だと(大筋は)思っていて、実際には物凄く悲しい事件。最後は
最後はもうタランティーノ節効きまくっててもうそれ楽しみにしてるみたいなところは大分ある(爆笑)でもそれが愛なんだよなあ。

このレビューはネタバレを含みます

健忘録



うっわーーーーーーー!!!
おもしろーーーーーーー!!!
って、エンドロール終わった瞬間叫びました。
なんなら帰り道、何度も何度も思い出し笑い。
.
.
どんだけかっこいいの、ブラピとディカプリオ。
いや、イケピとイケプリオ!!
.
.
打たれ弱いハリウッドスターのリックと、
喧嘩っ早いスタントマンのクリフ。
芝居の世界に生きる2人がどうなっていくのか…
.
.
って、
ハリウッド夢あるな〜〜〜!
.
人気商売の現実も、
丁寧に描かれるキャラクターたちの人物像も、
その時代の社会的な背景も、
すべてはクライマックスに向けられた材料に過ぎない…
.
.
いやー、何を言っても説明不足。
とにかく観てください!
ハリウッド、夢あるな〜〜〜!!
.
.
#onceuponatimeinhollywood #QuentinTarantino #LeonardoDiCaprio #BradPitt #ワンスアポンアタイムインハリウッド #タランティーノ監督 #クエンティンタランティーノ #タラちゃん #レオナルドディカプリオ #ディカプリオ #イケプリオ #ブラッドピット #ブラピ #イケピ
#シネ活 #映画館が好き #映画観賞 #映画メモ #film #cinema #movie #shopyfilmlog
>|