ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(8館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

私得キャスト、タランティーノ監督作品は初めての鑑賞、ずっと楽しみにしてたやつー!

案の定主演2人のイケオジぶりに眼球が幸せでしかなかった😭2時間以上の長丁場でしたが特に飽きることなく観てた!

ストーリーは予習必須、ヒッピー文化とシャロンテート殺人事件は必ず一回検索かけましょう...!!中盤これどうやって着地するんだと思いきや後半楽しすぎた。これがタランティーノの洗礼ですか?なんかすっごく映画見た満足感があって非常にコスパの良い映画鑑賞だったー!!
見終わって思うことは、やっぱりタランティーノやなぁ
とにかくタランティーノの新作が劇場で観れるだけで幸せ!映像、音楽、最高!
yuko

yukoの感想・評価

5.0
10作目で映画監督引退宣言をしている、敬愛するタランティーノの9作目、ということで複雑な想いが込み上げてくる今作品。

オープニングクレジットからタランティーノ節炸裂で小気味好いテンポで圧倒させるいつもの感じは身を潜め、クライマックスに向けて時間をかけて丁寧に映画を噛みしめれば噛みしめるほど味わい深くなる、映画愛溢れる大人向けの作品になっている。

映画オタクのタランティーノらしく、彼の愛する作品のオマージュや、当時のハリウッドへのノスタルジーや音楽の格好良さや、西部劇愛、映画愛が存分に込められていて嬉しくて膝を打つ場面がたくさんあった。どうしようもなく魅力的なリックとクリフの圧倒的な存在感と、クライマックスこそタランティーノ節が炸裂する爽快感。あの夜こうだったら。。という彼なりのパラレルワールドは愛に満ちていて、最高のお伽話だった。

全盛期を過ぎて自分を模索したり落ち込んだりしているリックに、9作目というこのタイミングのタランティーノ自身の想いを投影してるのかなとか。(個人的には作中のリックの演技にもタランティーノにも落ち目なんて全く思わないし、死ぬまで映画を撮っていて欲しいけど)映画業界にも俳優にも監督にも逆らえない時代の流れや盛者必衰があって、「映画監督は若い人の仕事だ、もっと観たいと惜しまれつつ辞めるのが理想だね」と言っている監督としての想いは、常にしのぎを削りながら最高値を目指すスポーツ選手にも通じるストイックな精神とも似ていて、でもファンとしてはとてつもなく寂しい。

で考えたのだが、この映画って映画ファンに向けた映画ではなく、タランティーノが映画の作り手達に向けて撮った映画じゃないのかなってこと。映画のプロである映画人達へ捧げた、作り手側の映画愛を込めた映画だったんじゃないかと。そんなプロ達の熱量を観させてもらったのではないか。

10作で撮るのを辞めると宣言してる、このタイミングにこの映画を撮ったということは、題材選びにも相当な覚悟や意味が込められているのだろうし、本当にタランティーノ作品があと一作しか観れないのであれば寂しくて切ないけど、何故だか色々込み上げてきて心が暖かくもなって、なんとも言い難い気持ちになった。

こんなに映画に対する愛を込めた映画を、臆することなく素直に作ってしまうタランティーノが大好き。流行れば廃れ、人は皆平等に老いていき、新しいものが次々に生まれ、古いものは引退していくけれど、やっぱり映画って本当に良いものだなぁと、そんなことを思って涙目になった。

そして彼のような映画人もまた、ワンスアポンアタイムインハリウッド。。。と語り継がれる日が来るのかもしれない。
KZ

KZの感想・評価

4.6
シャロンテートの事件やその時代のハリウッドを予習していったからこそ楽しめる内容だと思う
タランティーノ節炸裂。
実際の事件を調べてみるとより面白かった
古きよきアメリカ映画の中のお話。
nana

nanaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

スクリーン2 B-15席。
前から二列目の端だが、それほど観にくくはなかった。

前情報一切なしに映画を観た。
実話か⁉︎と思うほど、特に大きな盛り上がりはなく淡々と進むストーリー。
だが、淡々とした日常の中で主人公のリックとクリフの人柄が丁寧に描かれていた。

レオ様演じるリックは、落ちぶれかけた往年のスター。酒浸りで、やや神経質。落ちぶれた自分を蔑み、悲しみ涙する場面も。
プラピ演じるクリフはそんなリックのスタントマン。仕事はないが、気にせず自由に生きる男。呑気で気ままな生き方をしている。
対照的な2人だが、確かな絆があるのが見ていてとても微笑ましい。

映画の中で2人の他にクローズアップされているのは主に2つのグループ。
ひとつはお隣さんの映画監督と女優の夫妻。
もうひとつは映画牧場に住み着いたヒッピーたち。
前者は実在していた人物をモデルにしていて、奥さんの女優はカルト集団(それをモデルにしているのが後者のヒッピーたち)に殺されたらしい。
この映画では、女優の代わりに主人公のリックとクリフがヒッピーたちに襲われ、そして撃退する。

タランティーノは映画の中で史実を変えたかったのか。それとも単に女優を殺害したカルト集団ないしはヒッピーを毛嫌いしていたのか。
映画の背景については想像でしか語れないが、リックとクリフを襲ったヒッピーたちは無残な描写で主人公たちに殺害または瀕死にされているので、監督の個人的な感情を感じざるを得ない。
それまで淡々と物語が進んでいたので、いきなりの殺し合いに受けたショックは大きかった笑

個人的に気になる点は、なぜ最後、リックの家にブランディの餌があったのか。クリフはリックの家に住むことになったのか。

答え知っている人がいたら教えて欲しいです。
「タランティーノ、やりたいことやっとんなー!」

観終わったあとの感想、第一声。

"ラスト13分この2人が奇跡を起こす"

それまでの148分長ない!?
ラスト13分のあの怒濤のシーンやりたいためのフリやったんか!?
この2人(ブラピとディカプリオ)じゃないと間が持たんで!!

伏線ないんかと思ってセリフも集中して読んでたけど、あんまり大事じゃないセリフも多かった!
何気ない会話(セリフ)も楽しめということか、とかみた直後は思った。

帰路で(僕はドライバーじゃなかったので)映画について調べてたら実話をもとに作られてたんや!!
しかもチャールズマンソンの事件か!!
ってなった。

というのも、最近マリリン・マンソンにハマり出して、マリリン・マンソンの名前がチャールズマンソンが由来だと知ったばっかりだったからだ。
ほんま映画観る、2~3日くらい前。

あの農場での不穏な緊張感あるシーン、ブラピを心配したのは、そういうことやったんかと。、

映画のまとめサイト的なので、
事前に事件を知ってたら、
忠実に再現してるところは、それはそれで楽しめるし、タランティーノ流のところもあると観てからわかったり。

だから、事前に事件のこと知っておくといいよー的なこと書いてた。

けど、知らんかっても楽しめる!!
知ってた方が楽したんかな?
その方がハラハラしたもかな。
いや、けど知らんかってもハラハラしたよ。
ほんで、知ってからもう1回観たいなと思ったし、何年か1回に観たくなるような作品。
バルプフィクションのような。

ブラピとディカプリオの初共演。
派手さのない化学反応起きてたと思う。
若い頃の2人の姿も観てたから年とったなーって単純に思うけど、
いつでも2人はカッコいい。
MiYu

MiYuの感想・評価

3.2
タランティーノ監督ならではの長い映画。
でも展開がなくだらっとした感じが
私は割と好みなので長く感じなかった!
音楽の使い方や小ネタをちょいちょい挟んでくる感じも好き!
何より2人の共演を観れるだけで観てよかったと思う。
他の作品に比べると血まみれシーンは少なめ(笑)
なんとなく作品の意図が掴めずレビューを見て消化、、
>|