ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(8館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

ぐわぁっ
見る前に必ず勉強が必要な映画。
世界観、演技、ストーリー構成 全てが上質だった!
umi

umiの感想・評価

4.6
やっぱりタランティーノは最高!

ブラッドピットの全く力みのない演技に、ディカプリオのリック役とリックの演じてる役柄との演じ分け。物凄く難しい事をサラリとやってのける主役たち。と脇を固める芸達者な面々。
凄いなー。本当に凄い。

ちゃんとメジャー感あって、ちゃんとエンターテイメントしてて、そりゃ王様のブランチとかでも紹介されちゃうわな。
そして、タラちゃんファンにご褒美のようなクライマックス(笑)

俳優最高、脚本最高、やっぱりタランティーノ作品は最高だね!
決定的な境界を守りつつではあるが、フィクション感が増すと同時に事実に近づくのはすごくおもしろいつくりじゃないかと思う。
相変わらずなのか無駄なところがもう全然無駄でかなり良いな。単純に時代として技術が向上してるので映像がカッコいいし楽しい。踊るのいいね
shoko

shokoの感想・評価

4.7
タランティーノ×ブラピ×ディカプリオというだけでもワクワクする作品!
実際にハリウッドで起こった悲しい事件をベースにしているものの、主演2人のコミカルさとぶっとんだセンスでエンターテイメントに昇華させ、2時間40分飽きなかった。60'の雰囲気も最高でした。
mxoxo

mxoxoの感想・評価

3.4
1969年の黄金期のハリウッドを舞台に、落ち目の俳優とその専属スタントマンが映画界で奔走する姿を描く。

久々にタランティーノさんの映画観ました。
ディカプリオさんの暴言吐くシーンも笑っちゃいましたし、
ブラッドピットさんの筋肉美には目がハートでした。
マーゴットロビー さんは可愛すぎました。

あと最後の殺しのシーンが最高でした。
殺しのシーンであんな笑ったの初めてかもしれません。
Rab

Rabの感想・評価

4.5
この映画は起承転結もストーリー性もあまり無く
見てる時に凄く不思議な気分にさせられてました。
映画を観に来てるんだけど映画じゃない様な気がするなんだろこの感覚はって感じでした。
この感覚を言葉に表すとしたらこれはリック、クリフ、シャロンの人生を見てるというのが一番近い表現だと思います。
その感情にして貰ったのもディカプリオ、ブラッドピッド、タランティーノの3人(もちろんマーゴットロビーも良かったけど)だからこそ出来た事なんだなって思いました。
シャロン・テート事件、その年代、タランティーノ作品を知るとより楽しめると思うので自分ももっと知った上でもう一度見たいと思います。
実際の作品や実在の人物、事件、作品、建築物が冒頭から最後までぎっしり詰まってておもしろかった
一度目は拾いきれなかったので解説などを見ながら思い返してみると、もう一度見たくなる作品
タイトルはラストだけで回収してるのかなと思うけど解説読むと、あーとなる。エモい
個人的にはブラピが最高にかっこよすぎてしんだ
ムン

ムンの感想・評価

3.7
映画全体の雰囲気とか音楽とか好みすぎた、、
あんまりストーリーがあるとは感じなかったけどキャラクターはみんな個性的で面白かった!
特にラストのシーンがイチオシかも。めちゃくちゃ面白かった
mimi

mimiの感想・評価

4.4
-ただの個人的な備忘録-
★1〜:とにかく残念、観なきゃ良かったor途中でやめた
★2〜:つまらなかった
★3〜:可もなく不可もなく
★4〜:良かった!(条件付きではあるが)人に勧められる
★4.5〜:めっちゃ良かった!ブラボー!観終わった後の興奮がおさまらない!

●100文字あらすじ
1969年のハリウッドを舞台に当時の映画史とクロスオーバーさせながら、映画俳優への転身に苦心する落ち目のドラマ俳優リック・ダルトンとその付き人兼スタントマンのクリフ・ブースの日常を描く。

●監督:クエンティン・タランティーノ(パルプ・フィクション,キル・ビル)/脚本:クエンティン・タランティーノ/キャスト:レオナルド・ディカプリオ(ウルフ・オブ・ウォールストリート,レヴェナント),ブラッド・ピット

●印象に残ったシーン、感想他
①ディカプリオとブラピのオーラ、世界観がカッコ良すぎた。顔がカッコイイのではなく(実際カッコいいが…)仕草、佇まい、2人の会話等がとにかくしみじみカッコ良かった。2人の俳優と専属スタントマンという友情だけでは語れない関係性設定も更に良かった。
②台詞が出てこない不甲斐なさにリックが自分の顔を引っ叩くシーン→ディカプリオの演技が最高。このシーンに限らずちょっと落ち目な役を、ダサく、でもカッコ良く
演じてる存在感はさすがだった。
③実際の時代感やハリウッドでの出来事とのクロスオーバー感と映画としてのストーリーがおしゃれ。終盤のカルト集団による殺害事件とクロスオーバーしつつ、実際とはまた違う結末で迎えるエンディングも良かった。

● エピソードetc
①当時のハリウッドの情勢や時代背景等を知っていた方がより楽しめる。
ハリウッド黄金期は1920~1940年代くらいまで。1940年代までの大手映画会社は、製作、配給、上映を一括で行っていたが、非傘下の劇場に作品を回さないなどの問題で米司法省が大手映画会社を訴えた結果1948年に大手各社は劇場との分離を強いられ、製作しかできなくなった。上映での売上がなくなり、かつ上映作品を劇場に選んでもらう立場へと一転。更にテレビの普及も重なる時代が1960年代。
>|