ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(4館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

k2

k2の感想・評価

3.8
【タランティーノの鎮魂歌】

彼はこの9作品目に。。。彼に影響を与えた様々な人物への「敬愛」の念と「感謝」の気持ちを込めて、世に送り出したね。

ーーー凄絶な歩みを辿ったポランスキー監督と妻シャロン・テートに対しては、この作品の中で「永遠の存在」を与え。。。

ーーースティーブ・マックイーンにはディカプリオを絡ませた。

ーーーブルース・リーの登場は、あの「死亡遊戯」の黄色の戦闘服。。。「キル・ビル」の映像を思い出す。

クリフの。。。ブラピのカッコよさは、
クリント・イーストウッドの投影かな?
でも、まだ御存命ですね。m(__)m


【二人のバディ感は羨ましい】

クリフが飼っている猛犬への「お待ち」
の如く、オープニングから自分も「おあずけ」状態。
やっとGOサインが出たと思ったら。。。猛犬が好ダッシューーー(笑)

ーーーブラピの舌鼓はカッコ良すぎる。

ディカプリオがチキンを食いちぎりながらのヒールの演技。。。そして涙。

ーーー抜群でしょ。



さて、タランティーノ監督の哀愁の「レクイエム」に付き合わせていただきます。
まず。。。ポランスキー監督の「戦場のピアニスト」でも。。。m(__)m
タランティーノの信じる宗教に基づいて作られたおとぎ話のような映画でした 「この世界の片隅に」
余粒

余粒の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最後どうなるかハラハラしたけど超絶スッキリ。
ピットブルがかっこよい。
ぶらぴもかっこよい。
hyuGa

hyuGaの感想・評価

4.5
【3人の運命が揺れ動く、はるか昔のハリウッドの夜は長い】

安定のファッキンシット連発。
タランティーノ作品特有の会話は、土台変わらず進化し続ける楽しさは勿論の事だし、売り文句であったラストも想像を超えて素晴らしく、とんでもない映像なのに大爆笑してた。
俳優陣やカメオ出演も文句なし。あと200回は見る。
acott

acottの感想・評価

4.4
何度もフラグを立てては外していくのがクセになる痛快映画だった!シャロン・テート事件については簡単にでもググってから観た方が楽しめると思う。
タランティーノにしては暴力シーン少ないので敬遠してる人にも観てもらいたい映画。サントラも最高で、ホセ・フェリシアーノのカバー版カリフォルニア・ドリーミングが切ない。

このレビューはネタバレを含みます

シャロンがどうなるのかヒヤヒヤしながら観た。ブラピがとにかくかっこいい。最後ブランディの心配ばっかりしてた。
badday

baddayの感想・評価

3.8
とにかくブラピがかっこいい!!
タバコが吸いたくなりました。
シャロン・テート殺害事件を知らずに観たので、後から調べて納得。これから観る方は元となってる事件を調べてから観た方がいいかも。
タランティーノにしては落ち着いた作品だと思っていたが、最後にしっかりぶっ込んできた笑
映画館ではそのシーンで1人声に出して笑ってる男性が笑
それもまた面白かったです。
791

791の感想・評価

3.6
あれ?節は?と思ったら来た笑
VWOWOWOV

VWOWOWOVの感想・評価

4.9
ブラピとディカプリオのブロマンスはズルい。ますますレッドフォードに似てきた気がするブラピの無駄な脱ぎシーンとか、すべてをひっくり返して、パラレルな輝く世界へ飛ばすいつものやり口とか、タランティーノの好きなモノへの愛が溢れでるすべてのシーンがエモーショナル。音楽のチョイスも絶対外さないし、外連味溢れる描写とかどこをとっても大好き。

2019.15
>|