ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(19館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

Sakura

Sakuraの感想・評価

4.2
あぁ、これがタランティーノ作品か!!!
見終わって思いました。オチも最高!

シャロンテート殺害事件について勉強してから観たので、こうくるのか〜って面白かったです。それにしてもブラピ、歳をとってもいい体...素敵♪笑
1969年の街並み、雰囲気や文化や映画がギュッと詰まってる素敵な映画でした。

1番良かったのが、この映画で描かれているシャロンテートの幸せな日常。映画を見終わったあとに心をキューっとする。結婚をしてお腹の中の子供に会えるのも楽しみにしている母親の姿、一方で若手女優として自分の出演作を映画館で見て嬉しそうにしている姿、とても可愛かったです。この映画のように幸せになって欲しかったな。

タランティーノ作品をもっと観てからまたみたい作品です!
ニモリ

ニモリの感想・評価

3.9
やはりディカプリオの泣きの演技は惹かれる。ヘタレの演技させたら最強!なによりブラピとの共演ってだけで見る価値あり
カマ

カマの感想・評価

4.2
狂った妄想によって生まれた最悪の現実を狂った妄想が救い出す!鉄拳と犬と火炎放射器で!

引退と言わず今作からタランティーノシネマティックユニバースとして新たに始めないかしら。

ブラピさんのレッドネック振りとディカプリオさんの神がかりな演技良かったです。

マックイーン似てた。大脱走の冒頭の下りディカプリオがやってて草。ブルースリーが似てなくて草。子役の女の子のモデルはジョディ・フォスターなのでしょうか。

観てハッピーな気分になれた。最高。
ROCK

ROCKの感想・評価

3.6
いやぁ凄い勿体無いことしてる感が…!

1960年代のハリウッドのことなーんも知らないもんだから終始「ほー」みたいな感じで観てて、、、でも監督の名前とかさ、女優の名前とかさ、知ってたらもっと違うのかな〜とかも思ったりしてさ。事件のこともそーゆーのがありました!くらいにしか知らんし、、
もうホントもったいないよね!!

それでもブラピとレオ様が同じスクリーンに映ってる…!っていうレア感は目に焼き付けてきました🙌
ブラピかっこ良すぎでしょほんとに。大好きなんだぁブラピ✋
ブラピかっこいい
くたばれヒッピー野郎!!!!!


作り手の「あー俺が神ならこうしてえなー」という願望が塗り込められた作品というものがこの世にはあるけれど、ビッグバジェットの商業作品でそれをやり切れる人ってのはそれはもう限られているワケですが、タランティーノはそれをフルスイングで出来ちゃうんだ


1960年代!ハリウッド!
かつてはテレビ西部劇ドラマで大人気俳優だったリック(ディカプリオ)は相棒スタントマンのクリフ(ブラッド・ピット)と、全盛期を過ぎた落ち目の日々を過ごしていた
そんな折、お隣に引っ越してきたのは新進気鋭の映画監督コッポラとその新妻にして女優のシャロン・テートだった……

冒頭の早い段階でこれらの情報は開示され、ハリウッドの歴史に暗い影を落とす凶悪事件、所謂シャロンテート事件を観客は意識し続けざるを得ないのですが、ああそれを、こう描くのかと
タランティーノありがとう……
ありがとうタランティーノ……


ザラついたフィルムの画面
衣装から車から小物までみっちり再現された1960年代アメリカ
音楽、ラジオ音声、テレビ番組
ほとばしる当時のハリウッドへの愛、愛、愛……!!!

世代的にはその頃を全く知らない、煌めく名優達の名前も顔もよく分からない私ですが、今作ではそれを疑似体験出来ます

なにせ俳優達のカッコ良さ!

当時の観客達がスティーブ・マックイーンに痺れたごとく
ブラッド・ピットのカッコ良さに痺れてしまうのです
こんなタフガイがいるかよ!
ああ、当時の私が名前も知らない名優達にヤラれた人達はきっとこういう気持ちだったのだろうと、容易に想像できます

映画って、ハリウッドって素敵だな!!!
とまんまと思わされてしまいました……

タバコをカッコ良く吸うめちゃくちゃカッコ良いシーンがもうスクリーンから煙の匂いがしそうなほど、時代に逆行するが如く連発され続けるのですが
これもまた良いんだよな…
理屈じゃないんだよ
もう本能的にカッコ良さを脳髄に叩き込まれてしまうんだよ……


昨今としてはかなり長尺の映画ですが冗長的なシーンは全然なく、登場人物同士の長話すら聞き続けたいくらい、文学的な雰囲気すら漂うかと思いきや、火炎放射器が飛び出すバカさ加減

何が面白かったと眉間に皺を寄せて語るのは難しいですが、個人的にはタランティーノ作品ではかなり上位に好きなやつになりました


しかしヒッピーってなんでこんなに嫌われてるの???
ma0127

ma0127の感想・評価

4.0
あのタランティーノがまたやった!!
60年代後半のハリウッドを生きる男2人の人生と忌まわしきシャロン・テート事件を混ぜ煮込む!
Kaz

Kazの感想・評価

-
期待はずれ
自責

自責の感想・評価

3.5
タランティーノ作品の魅了は大きく2つある。

1つは冗長な、意味のない会話劇。
今作品でもディカプリオと子役、プラッドピットと牧場主など多くみられて概ね満足。
歳をとっても、ほんとにかっこいい2人。

もう1つはあえて入れる外しの要素。
マフィアのボスの奥さんとデートでやらかすかと思いきやヤクでどんちゃん騒ぎであったり、犯人が誰かと見てたら中盤でばらしたり。
この拍子抜けの要素で映画に釘付けになってしまうのだ。

今作はどちらもふんだんに使われていてとても面白い。
どう考えても監督の趣味の羅列の冒頭部分からはじまり、
ヒッピーの住処にいくシーンからは一気に雰囲気が変わり、目が離せない。

ただ今までの映画より合わない人はとことん合わない、退屈に感じる映画だと思う。
ただ一つ言えるのは、「1969年8月2日、シャロン・テート事件でシャロン・テートは殺される」
>|