ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(19館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

かめし

かめしの感想・評価

4.7
ほほー。なるほどやっとわかった!
なんの予習もせず、ただブラピとレオ様のコラボとか見るしかないやん!とかいう勢いで見に行って、よく分からない約3時間過ごして、ク〇映画やんwwwとか思ってレビュー書こーっと思った時にこのレビューの高さ、いやこれもしかしてなにか裏があるなと思い、帰ってからこの映画について調べました。そうしたところ「シャロンテート事件」というものに遭遇。。。調べてったところ………

もう、、最高やん!!!パズルのピースかちかちっ!とハマっていって架空のキャラブラピとレオ様が完全悪者のイメージから最高のキャラへとがらっと変わったこの瞬間、、いや〜、予習していったらなあ、いや、予習せずに行ったからこうなったのかって感じで今急に余韻が来た感じです。

これぞ本当の「ワンス・アポン・ア・タイム」って感じですな。ではこれから本当の感想と気持ちさらに軽くあらすじについてお話します⤵︎ ⤵︎

(あらすじ)
むかしむかし、ハリウッドでピークが過ぎ、俳優界から取り残されつつある、リックダルトン(レオ様)とそのスタントマンとして雇われているクリフ(ブラピ)ですが、シャロンテートと婚約者のポランスキーの引越しによりチャンスを得たと思うが、近づく「あの事件」にあの二人はどう絡むのか…
というのがこの作品の1本の筋として描かれている分かと思います。

個人的な気持ち、感想としてはタランティーノ監督の作品は初めて見ましたがみんなが「タラちゃん」、「タラちゃんと」呼んでいる理由がはっきりと分かりました。約3時間にも及ぶ作品の中でもかつてのハリウッド、こんなものだったのだよと、まさにその世界に入ってしまい、少し笑えたりとか、ダラーとしてしまう画風ではありますが、面白くないと感じるどこか独特で、それでいてしっかりとカメラワーク等考えて作られている、そしてラストシーンにはこれほどまでかというまでのこの話を掃除するかのようにさらーっと全てを片付けまさにむかしむかしから始まったおとぎ話をめでたしめでたしと綺麗に片付ける。そりゃあ、レビュー高いんかあ…と納得の作品でした!!

結局最後ですかこの作品を見る人に取ってはシャロンテート事件予習すべき??という気持ちになるかと思うかと考えるんですが、自分的には見終わってから調べてみるのもありかなと、やっとこの映画の仕組みがわかった後でネットで様々な解説、感想とか見るのもこれがたまらんっ!て感じの余韻もいいと思うよ、胸がスカッーとするような作品と感じられるかと思います!
makineko

makinekoの感想・評価

3.9
公開初日に観に行ったのは、記憶にある限り初めてだったかもしれない。

元ネタ知っていようが知っていなかろうが、イケてる男達の話には違いない。

このレビューはネタバレを含みます

作品の楽しみ方として、シャロンテート事件が鑑賞前予習必須らしい…ですが、私は予備知識無しに観ることで物語に入り込めて、鑑賞後知ることで各シーンの裏話がわかり二度楽しめました!

公開初日、偶然時間が取れてIMAXで観てきました!!
マーウェン鑑賞の際宣伝を観て心待ちにしていたもの。親世代のスターですが😅

タランティーノは派手な殺しが好きだと話には聞いていましたが、これを観て納得。笑 最後ヒッピー3人が殺されるシーンはえぐく、女にも容赦無しですね…。リアルでも使ってしまう火炎放射器はツボでした😂

リックの共演者の少女演じるジュリア・バターズ(Julia Butters) @julia_butters は将来大物女優になりそう✨ 知性溢れる物言いと10歳とは思えない美貌は、エマ・ワトソンの幼少期を感じました。今後が楽しみです!

#0830公開#ワンスアポンアタイムインハリウッド#onceuponatimeinhollywood#クエンティンタランティーノ#レオナルドディカプリオ#ブラッドピッド#アルパチーノ#マーゴットロビー#ダコタファニング#マーガレットクアリー#大物揃い
タランティーノ、頑張ったね。ブラピはやっぱりかっこいい。
クエンティン・タランティーノ監督による、壮大な“けたぐり"映画。

バディムービーとしての骨格に、濃密な映像と独特の間(ま)で丁寧に肉づけをしていたと思ったら、唐突にギアを上げて容赦ない暴力表現をぶち込みつつ、なおかつ既知の歴史的事実自体が実はミスリードになっていたことが映画の最後にわかる壮大な卓袱台返しまで、まさにタランティーノにしか作れない作品。
約3時間、目まぐるしく転がり続けて最後まで加速していく

ブラピの危ういクールさが最高
あの事件を知らないで見たから最初は???だったけど、今思うとすげー映画だったんだなって思う。個人的にマーゴットロビー演じるシャロンテートが作中で最後まで幸せそうだったのすごい良かった。

この映画はシャロンテート殺害事件を元に作られた、おとぎ話だから実際の事件を予習してから見るのをオススメします

このレビューはネタバレを含みます

映画館で見ておかないと、何年か後に後悔しそうだったので行ってきました。実はこっそり見てました。笑


レオナルドディカプリオとブラッドピッドがイケメンすぎた…!!!はい、加えて大好物の男の友情。まじでごちそうさまです(言い方。)


(二人は何作か見ているけれど意識してこんなにかっこいいと思って見た作品は初めてかもそれは二人のオジ度が上がってわたしの好みの年齢になってきているからかも。でもね人類皆隠れオジニスト。カッコいいオジさん大好きでしょう?あぁ気持ち悪くてすみません)




だけどこの映画を理解するにはわたしには時が浅すぎました。
めっちゃ美味しい映画!っていうのはわかるのですが。
というかもうロマンが詰まってる感がすごいんだけども、初めて飲むビールみたいにニガイ。きっと時が来ればわたしにも良さがわかる…はず。


いやわかりたい。
Pelemon

Pelemonの感想・評価

4.4
お前ら見終わった後の顔、いい顔してんな
(とても面白かったです)
>|