ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(10館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

ちくわ

ちくわの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「デス・プルーフのタランティーノ」が帰ってきた…!月並みな言葉だけど、観てるこっちが恥ずかしくなってくるくらいに「映画愛」で満ち溢れた大傑作!!
デスプルで延々と続くストーリーに全く関係のない会話や音楽が、10年以上の歳月を経て意味のあるものに変貌を遂げていたのに感激した。当時輝いていたハリウッド俳優たちの一喜一憂や、なんならこの映画により蘇ったシャロン・テートの愛らしさなどなど、こんな至福な160分他にありますか?俳優が誰かに認められるシーンを丁寧に描いているあたり、タランティーノは本当にいい信頼関係を築きながら撮影しているんだなぁとしみじみしました。
デスプルのゾーイとカート・ラッセルがスタントマンとして出てきただけでも感涙ものなのに、登場人物がただ車で流すシーンが幼少期のタランティーノの見た景色だと思うとまた泣けてきて、なんならクライマックスのレオ様がポランスキー家に招かれる俯瞰ショットが誰の視点だったのかなと想像すると、こんな愛おしい映画をリアルタイムで観られたことが嬉し過ぎてたまらない。
こんなステキな映画体験も残りあと1本だと思うと悲しくなってくるから、タランティーノにはまだまだ映画を撮り続けてもらいたいと切に思う。

追記
タイタニック主演だったレオ様が、クライマックスで溺れている女性に火炎放射浴びせるって、よくよく考えてみたら凄まじくないですか?!
わたる

わたるの感想・評価

3.8
全く前情報無しで観に行ったのですが、内容はシャロンテート絡みなんですね。ラストシーン前で、これは群集劇なんやなー、と思ってたら、ラストシーンでたくさん笑いました笑 今年観た映画の中でもかなり良い。
カンダ

カンダの感想・評価

3.5
ディカプリオとブラピがずっと良い、映画。
リックの哀愁、悲愴、ブチ切れ、プライド、真面目さ、人間臭くて好きになってしまうキャラクター。
クリスの強くて静かで怪しげなキャラクター。どうしてそこまでリックに尽くせるのかわからないんだけど、無くても良い。
どこから作ったのか知らないけど、この2人をこの話の中で、真ん中に置いて、あの時間だけ露出させた、凄すぎる。

何でもやれる監督だ。全部じゃないけど、良いやつをたくさん。

最前線にいるクリエイターってもうそりゃエグい責任背負ってんだろうな、と。それでも曲げない、だから好き。
なるほどね〜〜
suzumaiii

suzumaiiiの感想・評価

4.5
とにかくあちこちで笑いが起こってよい雰囲気だった。ブラッド・ピットがかっこよすぎて笑える。タバコ吸うだけで、犬に合図するだけで絵になりすぎて逆にコミカルなほど!ワンちゃんがいい味出してたし、情けないレオナルド・ディカプリオも可愛い。最高に楽しかった。残酷な終わり方にしないでくれてありがとう!
saco

sacoの感想・評価

4.0
久しぶりのタランティーノなので期待値も高く楽しみにして行ったら、やっぱ期待通りだった!!
レオとブラピのコンビを見ているだけでも面白かった。ふたりとも上手に年を重ねてとても魅力的。
私はその当時のハリウッドの事情や雰囲気には疎く、ノスタルジィを感じることは出来なかっだけど、実話とフィクションが巧妙に絡めてあって、私がもっと映画オタクだったら、過去の名作やそれを取り巻くエピソードとか俳優の事とかが分かって、もっと楽しめるんだろうなぁと思う。
ブラピ扮するクリフが船上で妻を殺したという疑惑も実際のロバート・ワーグナーの妻ナタリー・ウッドの不審死を扱ったドキュメンタリーで見たことがあって、確かその時、私の好きなクリストファー・ウォーケンが船に同乗していた事で記憶にある。
シャロンテート事件は知らなかったけど、映画に行く前にある程度知っていた方が良いよと言われ、調べて行った。なので、絶対彼女がカルト集団に殺されると思って緊張感を持って観ていたが....。
タランティーノ得意の残虐なシーンは今回はあそこだけだったけど、ああいう形で徹底的に仇をとって見せるところに監督の切なさと優しさを強く感じた。
実はリピートしたが、一度目より二度目の方が細部をゆっくり確認しながら見るゆとりが出来て、さらに楽しめた。
パラレルワールドを意識して観たら、シャロンテートの幸せな日常にいろんな想いが湧いてきて胸が詰まって最後、泣きそうになった。
やっぱりタランティーノ作品は唯一無二の世界観でハズレなく面白いです。
カルトまじヤバ

プラピと同じ格好してるおじさんいたw
Masaki

Masakiの感想・評価

4.4
タランティーノのファンからするとたまらない作品。やたら長い半分意味のない会話とか、ブルースリーとか、残酷に人が死ぬのを悲壮感なく描くところとか、タランティーノ健在をうれしく噛みしめながら観れる。
のり

のりの感想・評価

4.0
なんの映画なのかわからず見てたが、最後に向けた面白さだと思う。正直シャロンテート事件は知らなかったが、見た後に調べて、つながる部分があるとわかり、よい。
ヒッピーが倒されるところはおもしろかった。
空気感が好きすぎる
>|