ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(19館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

はち

はちの感想・評価

4.5
最高。。。
タランティーノ監督にありがとうってゆう気持ちと見終わった後のタイトルの意味にハッとして感動。


有名な映画監督の奥さんが妊娠中に殺害されたとても惨殺的な事件が元ネタ。

もちろんそれを深く知っている前提で
話がどんどん進んで行くため、
そこの知識がなければ見ていてもただの映画で終わってしまう。

ブラピとディカプリオの笑えるシーンがとても多い中で、
牧場での不可思議な空気。
ピリッとした緊張感と、
事件当日までのカウントダウンにどんなまとまり方をするのだろうとなんだか笑いつつも終始ハラハラ。

想像してたより、ずっとポップで笑えて

そして感謝で泣けた。



昔々、ハリウッドのおとぎ話。
うん。わたし的、今期一番だった。
sut0

sut0の感想・評価

-
記録用
内山

内山の感想・評価

4.3
情緒的で小説のような映画。とても面白いと思った。
YS

YSの感想・評価

3.9
2019/8/30
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

好き放題だな、タランティーノ。
でもタランティーノ、だからこそのタランティーノ。

シャロン・テート事件をネタにしようと思ったのは何故なんだろう。
タランティーノなりの、ロマン・ポランスキーへの賛辞か?

色んなモノをオマージュして、
二代大物俳優、
年代物をあれだけ派手に用意して、
なんと豪華な製作なのに、このテーマはやっぱりタランティーノの魅力ですね。


ただ、、、
長いよ。
mera

meraの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

タランティーノが作ってくれたお伽話。とてもおもしろかった!

ブラピかっこ良すぎる。
アド・アストラとぜんぜん違う。
最後はやりすぎだけど! 
まだまだこちらの路線でお願いします。

ディカプリオがブラピの息子か?と言われる日が来るなんて。

まわりに観ている人が多いのですが、1/3くらいの人がシャロンテート事件を知らないまま観ていて、おどろく。

タランティーノの愛があふれている、素敵な映画でした。

(´-`).。oO (世界の猟奇殺人とか、シリアルキラーとか、みんなチェックしているわけじゃないのね…)
bb17

bb17の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

めためたにおもしろい。私は好きだ。特にラストの火炎放射器とクリフの無双シーンは何度見ても飽きない。また見たい。タランティーノの新作が出たら絶対観に行く。
昔々のハリウッドの優しいおはなし。

とにかく優しい世界だった。時折感じたスリラー映画の雰囲気は怖かった。
あの世界で本当にヤバい人間はクリフ。戦争に行ったことで凶暴性が抑制出来なくなってしまったのか、元々の凶暴性が爆発したのかは語られないが、上司であるリックの不在時は野放しにしてはならない。ラストシーンとか9割はクリフがなんとかしていたし、所々の描写のヤベー奴感はなんと思いえない雰囲気を漂わせてくる。ああ行ったキャラクター大好きなんですが、ブラピが演じるとなお素晴らしく不気味。
タランティーノ感
金を持ったナードには勝てない
>|