ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの作品情報・感想・評価

上映館(10館)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド2019年製作の映画)

Once Upon a Time In Hollywood

上映日:2019年08月30日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に投稿された感想・評価

EnoTaka

EnoTakaの感想・評価

4.1
やっと観れた。ポスターがすごい欲しかったのに、前売券買ったら付いてくることを知らず逃し、なかなか予定が合わなくてIMAXの先着特典のポスターも逃し、非常に悔しいです笑。映画は確かに面白かった、面白かったんだけど自分は期待してたイメージではなかったかな。すごく期待してたから、圧倒的に格が違うような映画であって欲しかった。せっかくタイトルもいいし、日本にしては珍しくタイトルをいじらずそのままカタカナにしててセンスあるなと思ったのに笑。せっかくキャストもいいし、世界観も完璧なのにイマイチそれを活かしきれてない感じがした。ほとんどディカプリオとブラピしか映ってないから、60年代のハリウッドはこんな感じだったんだっていうのを映画業界、テレビ業界全体の視点として描いて欲しかった。正直ぼくはこの2人の物語よりも、「60年代のハリウッドが舞台」っていうところに魅力を感じていたから少し残念。ブラピが夜のハリウッドを車で走るシーンはその世界観が感じられてすごい良かった。あとは、前から言われていたけど、やっぱりマーゴットロビーのシーンとセリフが少ないと思う。すごく魅力的なキャラクターなのに勿体ない。ここまでの意見は、いい作品だったけど更に欲を言えばっていう話であることを分かって頂きたい笑。ラストはなんかすごく良かった。自分的には好き。でもせっかくならガッツリあの事件を関係させても良かったと思う。思ったよりあの事件については描かれてなかった。正直知らなくても大丈夫なぐらい。あと音楽はすごく良かった。

このレビューはネタバレを含みます

マンソンファミリーという予備知識がなかったので楽しみにきれなかった
まりぬ

まりぬの感想・評価

3.0
思ってたのと全然違いすぎて
ツッコミながら笑いながら観てた笑

ブラピがかっこいい。
あとこの時代のアメリカに生まれなくてよかったって思った。
さや

さやの感想・評価

2.5
もっとアメリカの歴史と過去をしらなわかるはずもない(笑)
ひたすらタバコ吸ってるシーンが格好良かったけど期待しすぎた
Sho

Shoの感想・評価

-
シャロン・テート事件の予備知識は必須。ブラピとディカプリオ魅力も満載。小ネタもあって飽きない作品
マスダ

マスダの感想・評価

4.0
歩いていたらいろんな人間とすれ違って、ちょっと休憩してまた歩けば通り魔にぶち当たる。この人知ってる……、まあ混乱してる間になんかカウンターが決まったんだけど!って感じの映画
結局あなたは何者なの?の連続だったけど、まあなんてことなかったな!という幕切れ。
転んだ後こうやって立ち上がりたい。

わんこさんは強い。

シャロンテートの事件の勉強不足が否めん、調べてもう一回みる。
字幕で鑑賞

もしシャロン・テート宅の隣にこんな強い人が住んでたら〜って感じのストーリーだから「シャロンテート事件」の予備知識があるかないかでだいぶ違う
自分自身は2000年代の人間だから当時のことはよくわかんないけど1969年の世界観が良き
というかとにかくブラピがこんなにカッコよかったっけってくらいカッコいい
レオ様が車の中でプッツンしちゃうシーンのアドリブもさすがだなって感じ
Catvery

Catveryの感想・評価

2.3
10:15〜 別館シアター10 K-4
pamphlet:A4 劇場購入
タランティーノはホントに映画が好きなんだなぁって感じた
正直笑えない。合わなかった。
>|